上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです。
5月28日に佐藤さとる公認WEB管理人の灯台守さんのミクシィコミュでの呼びかけで開催された「佐藤さとるさん追悼 オフ会 at 横須賀 2017/05」に参加してきました。

2017年2月9日に、佐藤さとるさんが亡くなりました。享年88歳。
書きたいことはすべて書いたとおっしゃって旅立って行かれたそうなので、大往生と言っていいのだと思います。
いつかはこんな日が来ることは、ある程度覚悟していたものの、それが現実と成ってしまうと、正直気持ちの整理がつかず、このブログにも何を書いていいのかわからないまま、早数ヶ月が経ってしまいました。
そんな時に、偶然オフの告知を見て、ファンの皆さんとコロボックルの故郷を歩くことが、私なりの先生へのご供養となるのではないかと思い、思い切って参加させていただきました。

実は、コロボックルの故郷かつ、佐藤さとるさんの自伝的小説「わんぱく天国」の舞台となった逸見を訪れるのは、実は二度目です。
一度目は今を去ること2003年。なんと14年も経っていました。
その当時の日記がこちらw
5月31日に感想が書いてあります。
当時は、灯台守さんと、もう一人コロボックルファンの方と三人で、逸見から按針塚にかけて探索しました。
散々歩き回って、ようやく佐藤さとるさんの生家のあった場所にたどりついた時の喜びは未だに忘れられません。
当時、私はまだ結婚もしておらず、娘も影も形もなかったわけですから、時の流れは早いものですw

14年ぶりに訪れた佐藤さとるさんの故郷は、相変わらず深い緑に囲まれた隠れ里のような場所でした。
一見全く変ってないように見えたのですが、ところどころ道が整備されていたり、昔スーパーだった場所が住宅になっていたりと随所に変化もみられました。
ただ、横須賀を見下ろす高台に位置していて、歩くのが大変なのは全く変わらず、おかげさまでいい運動になりましたw

IMG_9312_20170601010500bbf.jpg
佐藤さとるさんの生家周辺から見渡した風景

IMG_9333.jpg
もう少し高台から見た風景。
横須賀港が見えます。
佐藤さとるさんのお父さんは海軍将校だったので、港を見渡せる高台に住むことが許されていたそうです。

IMG_9313.jpg
生家のあった場所まではコンクリートで舗装された細道をひたすら登って行きます。
このあたりの道は、軍人の家族が住んでいる地域だったので、こんな細道なのにコンクリート舗装されたそうです。

IMG_9302.jpg
「手のひら島はどこにある」短編集「井戸のある谷間」に登場しそうな井戸もありました。

びっくりしたのは逸見駅の近くに三浦安針と佐藤さとるさんを紹介する案内所を兼ねた展示コーナーができていたこと。
佐藤さとるさんは、地域おこしにも一役かっているようです。
ガイドをしてくださったおじいさん達は佐藤さとるさんより、三浦安針を愛しているようでしたが(^^;どんな形であれ、多くの人が逸見に来てくれるのは嬉しい御様子で、色々お話を聞かせて下さいました。

IMG_9287.jpg
ここが案内所。
せいたかさんが作った三角平地に最初に建てた小屋をイメージして、屋根は片流れになっていました。

IMG_9309.jpg
生家へ行く道の途中に、こんなパネルと小人の人形が設置してありました。
これから観光地化されるのでしょうか・・・?(ドキドキ)

生家周辺から按針塚を回った後、昼食をとり、その後佐藤さとるさんのお墓まいりをして帰って来ました。
佐藤さとるさんの戒名は「馨文院童空暁優居士」という先生の作品を連想させる素敵なものでした。

天候にも恵まれ、色々な意味で懐かしく、かつディープで充実したひと時でした。
また折を見て、足を運んでみたいと思います。
スポンサーサイト
この秋、コロボックルファンにとって、最大のトピックスは、有川浩さんのコロボックルシリーズが本格的に始動しはじめたことではないでしょうか?(笑)
有川さんの「だれもが知ってる小さな国」刊行を受けて、元祖佐藤さとるさんのコロボックルシリーズも、村上勉さんが挿絵を新たに書き下ろした新装版が刊行されました。
2015年11月現在、3巻「星からおちた小さな人」まで刊行されています。











こちらの新装版、村上勉さんの画風の変化を楽しめる本となっています。
旧作?と見比べてみるのも一興かと思います♪
また、有川さんのコロボックルシリーズから読み始める人にとっては、より親和性が高い本に仕上がっている気がします。



あわせて、佐藤さとるさん監修の「コロボックルの世界へ」という、佐藤さとるコロボックルワールドを紹介する本も出版されました。
コロボックルの生活や物語のあらすじ紹介と合わせて、これまで佐藤さとるさんが、あとがき等でチラリとチラリと語ってきたコロボックル誕生秘話的なコラムがまとめて再録されているのが、魅力的な本です。

その他、コロボックルシリーズが講談社文庫に収録された際に、梨木香歩さんや、上橋菜穂子さん達が書き下ろした解説も収録されています。


この本とあわせて読みたいのが、2014年に刊行された佐藤さとるさんの自伝「オウリィと呼ばれたころ―終戦をはさんだ自伝物語」
佐藤さとるさんの実体験が、いかにして作品世界に取り入れられているのかを垣間みる事ができる、とても楽しい本です。
ある意味、最大のコロボックルシリーズの種明かし本だと思います。
私もとても楽しく読みました。
ちなみに表紙の小人さんは、佐藤さとるさんが16歳の頃に描いた小人のスケッチだそうです。

これからの刊行予定の本のなかで一番楽しみなのが、12月に刊行される村上勉さんの画集「コロボックルの小さな画集」です。
村上勉さんの書き下ろしコロボックルに会うのが今から楽しみでなりません♪

今年は、有川さんのおかげて、まさにコロボックルイヤーという感じです。
私のようなオールドファンにとっては、久しぶりのお祭りがやってきたような気分です。
新たにコロボックルワールドに踏み入れた人が、この世界を楽しんでくれることを心から祈っています。


9月5日、東京都美術館で開催されたファミリーイベントに参加してきました。
このイベントは、上野界隈にある9つの美術館博物館が連携して行っている「あいうえの学校」という子供たちのミュージアムスタートを応援するというプログラムの一環として開催されたもので、なかなか人気のあるイベントのようです。

今回は「キュッパのはくぶつかん」という絵本をベースに企画された「キュッパのびじゅつかん」という展覧会を見学したあと、同じく上野にある国立科学博物館へ移動して、常設展で鉱物標本のスケッチをしてきました。

「キュッパの美術館」展は、物を収集する面白さと、集めることによって一つのモノだけでは、感じられない新たなモノの価値が見えてくることを体感できるユニークな展覧会でした。
個人的には、大阪自然史博物館が所蔵する木村蒹葭堂の「貝類標本」など、全国の博物館が所蔵する個人コレクターが収集した、おかしなモノコレクションをみせるコーナーが、かなりツボでした。

展覧会のメインは、会場に配置された細々としたモノ(ガラクタ?)を自分の基準でチョイスして、分類し、標本箱を作ろうというコーナーです。
展示室には、幅12メートル、高さ8メートルのヒノキ材で作られた収蔵棚が作られています。
その前に広がる床には、1000種類以上の物が分類されないまま置かれています。
IMG_6856-2.jpg

IMG_6870-2.jpg

このコーナー、同じモノでも、それぞれの基準で独自の意味づけができるのが、コレクションの面白さなんだなぁということが、実感できる非常に面白い試みでした。
娘も大喜びで標本箱作りを楽しんでいました。

この収蔵棚、通常は上まで上がることは出来ないのですが、3時頃から人数限定で、見学することができるようです。
その時間に展覧会にいらした方は、ぜひ整理券をゲットして登ってみてください。
上の方には、このコーナーを監修した日比野克彦さんとキュッパの生みの親であるオーシル・カンスタ・ヨンセンさんの作った標本箱が展示してあります。

今回のイベントは、ざっくり言ってしまうならば、ギャラリートーク付き見学会という感じだったのですが、展示自体が参加型だったこともあり、かなりアクティブな時間を過ごすことができました。
キュッパ展だけでも、内容が盛りだくさんすぎて、科学博物館でのスケッチは親子共々少々バテ気味になってしまいましたが、なかなか楽しい1日でした♪


この展覧会は、最初にふれたとおり絵本からインスパイアされた企画です。
「キュッパのはくぶつかん」という絵本は、以前私のブログでもとりあげたことがあるのですが、物語の形式をとりつつ、博物館や美術館の成り立ちや構造への理解を深めることができる楽しい本です。
博物館、美術館との親和性も高く、この本をモチーフに展示を作るのは、素晴らしいアイディアだと思いました。
特にユニークに感じたのが、絵本とのコラボ企画にもかかわらず、絵本の原画作品は、一切展示されず、本のテーマをベースに、独自に展示作品をチョイスし、絵本とはまた別な形で、展覧会を作り上げてる点です。
絵本に関する展覧会は多々あれど、こういうアプローチの仕方は日本においては、非常に珍しいのではないでしょうか。
この展覧会の切り口は、絵本を素材とする子供向け展覧会のあり方に、新たな可能性を感じさせるものだったと思います。

子供向けの展覧会は、本当に玉石混交で、当たり外れが激しく、企画をみつけても行くべきか否かいつも悩んでしまうし、特に最近は、映像を駆使したお祭り騒ぎ的な体感型の展覧会ばかりが目について、若干辟易としていたところだったので、参加者自らが工夫し試行錯誤する余地のある、この展覧会が、よりいっそう魅力的に感じられた気がします。

この展覧会だって、正直、現代アーティストの作品の中には、今回の展覧会にいれなくてもいいんじゃね?というような作品もなかったわけではないのですが(笑)そういうチャレンジングな要素も含めて、ユニークな展覧会だったと思います。
結果、大人も子供も素敵な時間を過ごす事ができる場所が完成したように感じました。
会期は10月4日まで。オススメです♪

キュッパ公式サイトはこちら
キュッパアニメなども公開されています。

最後に展覧会関連書籍をご紹介しておきます。







久しぶりに娘と一緒に行った展覧会について。
今回は、絶対にやってはいけない子連れ展覧会の実例、完全な失敗談です。

今回、娘と行った展覧会は、東京国立博物館で開催中の特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」

鳥獣戯画は、日本の漫画・アニメの原点とも言われている有名な絵巻です。
今回の展覧会、この絵巻の修復後初のお披露目ということもあり、異常な盛り上がりを見せています。
激混みなのは、行く前からわかっていたのですが、我が家で、ずーーーっとブームが続いているTV番組「びじゅチューン!」でこの作品をとりあげた「鳥獣戯画ジム」という歌が大のお気に入りの娘が、行きたい!と言い出しまして、めったに美術館に行きたがらない娘が行きたいというならば、連れて行かねば!と思い行く事にしたんです。
娘、お気に入りの鳥獣戯画ジムの映像はこちら↓


混雑状況をしらせるツイッターアカウントを見る限り、並ぶのは必須な様子。
さすがにこんなことで、学校を休ませる訳にはいかないので、平日日中に行くのは無理。
GWも土日もお話にならない混雑状況なので、これは避けたい。
そうなると、夜間開館が一番混まないのではないだろうか?
夜間と言っても、8時まで位ならば、小学三年生ならなんとか連れて行けるだろうと考えた訳なんですよ。
更に、展覧会は会期が後になればなるほど混むことも考慮して、GW直前ではありますが、展覧会が始まって一番最初の金曜日、学校から帰ってきた娘を連れて上野に向かいました。

でも、私の読みは甘すぎました。。。
5時をすぎても、行列は全く途切れることなく続き、私たちが、建物内に入れたのは、7時すぎでした。
博物館でも対応に苦慮していたようで、開館時間の延長が正式にアナウンスが流れたのは、私たちが建物内に入る直前。本来ならば最終入館時間です。
係の人は、相当お客さんから苦情を言われていたようで、アナウンスしながら、涙ぐんでいる始末。
なんだか恐ろしい事になっていました。

もうこの時点で諦めようと何度も娘に言ったのですが、娘は、ここまで来たからには見る!の一点張り。
ところが、娘が見たがっている鳥獣戯画のなかでも最も有名な甲巻を見るためには、会場内で、それを見るための列が別途並ばなければなりません。
その列に夜の9時までに並んだ人は、全員見せますとアナウンスがあったものの、子連れでそんな時間まで、館内をうろつき回る訳にはいきません。
他の展示物はすべて諦めて、甲巻のみ見て帰ろうということで、娘を納得させました。

個人的には、一緒に展示されている鳥獣戯画の断簡の方がよっぽど見たかったのですが、、、そんな贅沢は言ってられません。とにかく早く帰ることを再優先に考えました。

でも、でも、それからがあまりにも長かった!!
甲巻を見るための列は遅々として進まず、結局作品の前にようやく私たちが立った時には、時計の針は9時近くになっていました。
さすがにそんな時間に子連れで並んでいる人は、私達の他におらず、親としていたたまれなかったです。
それでも娘は頑張りました。
最後は並びながら眠いと言っていたのに(そりゃそうです。昼寝もせずにこんな時間になっちゃっているんですから)作品を前にしたあとは、最後まで夢中で見ていました。
兎がわらってるねーとか言いつつ、細かい部分まで一生懸命見ていました。
並んだ時間に比べれば、ほんの一瞬しか見る事はできなかったのに、私に気をつかってか、楽しかったねーと言ってくれて、見込みの甘い行動をしてしまった親としては、申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいました。

さすがに建物を出たあとは、もう動けない様子だったので、最寄りの鴬谷駅まで、おんぶして連れてゆき、なんとか帰宅しました。

いやはや、まさに地獄の行軍でした。
今回ばかりは、本当に見込みが甘過ぎました。
親として、恥ずかしいかぎりです。

もうこんな無茶は二度としません。
子供にここまで無理をさせてまで見るほどのものは、何もないですから。
展覧会の感想でもなんでもないですが、今までいろいろ子供を連れ回していたなかでも、最大の失敗だったと深く反省しています。
自戒の意味を込めて、書き留めておきたいと思います。

動物と話せる少女リリアーネ〈1〉動物園は大さわぎ!動物と話せる少女リリアーネ〈1〉動物園は大さわぎ!
(2010/07)
タニヤ シュテーブナー

商品詳細を見る


お久しぶりです。
なんと半年以上も更新していなかったとは!

全く更新しない間に、娘は8歳となり、読書環境もいろいろ変化してきました。
まず、もっとも大きな変化は、一年生になってからずーっと続いていたかいけつゾロリシリーズと完全に決別したことでしょう。
一時は、ゾロリと結婚したい。でもゾロリと結婚すると生まれてくる子供は「きつねこども」になってしまうからどうしよう(この辺りは「おおかみこどもの雨と雪」の影響によるものと思われます)と、真剣に悩んでいたのが幻だったかのように、8歳になったあたりで、サクッとゾロリから卒業してしまいました。

このゾロリ卒業のきっかけとなったのが、「動物と話せる少女リリアーネ〈1〉動物園は大さわぎ!」からはじまるリリアーネシリーズでした。
この作品、挿絵が少女マンガ風だったこともあり、とっつきやすかったようです。

学研さんはこの手法に味をしめたようで、おなじような形式の女の子向けのシリーズを、いくつか出しているようですが、今のところ、娘はリリアーネを書いたタニヤ・シュテーブナーさんの作品以外には、関心を示していません。

リリアーネシリーズの全容については、特設サイト「動物と話せる少女リリアーネのお部屋」をご覧ください。
ちなみに、このサイトには読者から募集したイラストを掲載するコーナーがあり、娘はそこに投稿した作品が掲載されたおかげで、ますます、この本に夢中になってしまったようです。

もともと小動物が大好きで、つねにペットを飼いたい、飼いたいと言って、学校の図書館からも、ハムスターの飼育方法を書いた本を何度も借りて読み返している娘にとって、動物を会話できる女の子という設定はとても魅力的だったようです。

作者の方は、すでに別な物語に着手しているようなので、これからどのくらいのペースで新刊がでるのか、ちょっと心配なのですが、娘の情熱が冷めないうちに、あと何冊か出てくれるといいなあと願っています。

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。