子供と読んでいた絵本のピックアップを始めたら、あ、これもあった。これも。。。と、どんどん思い出してしまったので、追加。


「ありとすいか」

ありとすいか (名作絵本復刊シリーズ)ありとすいか (名作絵本復刊シリーズ)
(2002/03)
たむら しげる

商品詳細を見る


大好きなたむらしげるさんの絵本。
たむらさんの絵本を読んだのは、1歳の頃に読んでいた「ごろんご ゆきだるま」 以来。
ありの巣のなかの様子をみるのが楽しいようです。

おなじくたむらさんの「クッキー・サーカス」という絵本もお気に入りなのですが、こちらはいつのまにか、絶版になってしまったようです。残念。
二冊とも、私がずいぶん前に購入して、ずっともっていた絵本。
自分が好きな絵本を、娘が喜んでくれると、理屈抜きで嬉しいです。


「クリーナおばさんとカミナリおばさん」

クリーナおばさんとカミナリおばさん (こどものともコレクション2009)クリーナおばさんとカミナリおばさん (こどものともコレクション2009)
(2009/02/01)
西内 ミナミ

商品詳細を見る

堀内誠一さんの絵本。
私が子供の頃、お気に入りの絵本で、4歳の頃暗唱していたそうです。
そんな話をしながら、娘に見せてたら、負けず嫌いスイッチが入ったようで、「みーちゃんは3歳だけど、好きだよ!」と言いながら、熱心に読んでくれました。
「ありとすいか」のありの巣同様、カミナリ山の中の様子が楽しい絵本。


かずのえほん いくつかな?

かずのえほん いくつかな?かずのえほん いくつかな?
(2010/06)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る

堀内誠一さんと谷川俊太郎さんの復刻絵本。
以前紹介した「ことばのえほん」シリーズの続編。
一緒についていた解説シートによると、生前、英語版の数字絵本用に堀内さんが書き下ろしていた2つの絵本の原稿に、谷川さんが新たに言葉をつけて、再発行した絵本だそうです。
堀内さんは、激務の仕事の息抜きに、この仕事をしていたとか。
仕事の息抜きに仕事っていうのが、あの時代の男の人らしいエピソードだと思います。

数に関心を持ち始めている娘にはぴったりの絵本となりました。
本を見ながら数を数えたり、数を書くときの見本に使っています。


「きりのもりのもりのおく」

きりのもりのもりのおくきりのもりのもりのおく
(2008/08)
ニック シャラット

商品詳細を見る

パラフィン紙のような後ろが透ける紙に影絵が印刷されていて、霧の中に何かの姿が浮かび上がっているように見えます。
次の頁をめくるとその影の正体がわかるしかけ絵本。
手に取った時は、幻想的な絵本かな、と思ったのですが、意外とコミカルなパロディ要素の強い本でした。

娘はクイズっぽい感じが楽しいようで、面白がっています。
ネタバレになりますが、娘は、この本を読むたびに、観覧車に乗りたがっています。
近日中に行かねば。。。と思っています。

と、まあ、このくらいでしょうか。
来月からは、一冊づつレビューできたらいいなぁと思っています。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
娘は来月、ついに4歳になります。
夏以降、娘のお気に入り絵本のレビューが滞ってしまっているので、4歳になる前に、レビューできなかったけど、娘が気に入っている絵本をまとめておきたいと思います。

まず最初は、「せんたくかあちゃん

せんたくかあちゃん(こどものとも絵本)せんたくかあちゃん(こどものとも絵本)
(1982/08/31)
さとう わきこ

商品詳細を見る

娘が生まれてすぐに、友人からプレゼントされた本。
三歳になってようやく楽しめるようになりました。
娘はこの本に登場する「あったりまえのこんこんちき!」というフレーズがお気に入りで、一時期やたらと連呼していました。


つぎは、「あめふり―ばばばあちゃんのおはなし

あめふり―ばばばあちゃんのおはなし    こどものとも傑作集あめふり―ばばばあちゃんのおはなし こどものとも傑作集
(1987/09/15)
さとう わきこ

商品詳細を見る

こちらも、別な友人から出産祝いにいただいた本。
せんたくかあちゃんと同じ絵だ!といって喜んで読んでいました。
最後の頁にせんたくかあちゃんが登場するのがツボのようです。


おへそのひみつ

おへそのひみつ (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)おへそのひみつ (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
(2000/11/10)
やぎゅう げんいちろう

商品詳細を見る

「おへそのひみつ」は、「かさぶたくん」があまりに大受けだったので、購入した本。
この2冊を一度によんで!と言われると、文字量が多いだけになかなか大変でした。



ほね

ほね (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)ほね (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
(1974/10/01)
堀内 誠一

商品詳細を見る
これも、かさぶたくんの延長で購入した本。
娘が、体の構造に興味津々だったのと、堀内誠一さんの本ということで購入。
なかなか好評でした。
笑ったのが、お絵かきをしているときに、女の子の二の腕のあたりに丸いものが書かれていたので、「これはパフスリーブなの?」と聞いたら、「ううん!筋肉!」と言ったこと。
この絵本の影響と思われます。


「あ な」
あ な(こどものとも絵本)あ な(こどものとも絵本)
(1983/03/05)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る

えほんうるふさんがツイッター上で主催している「大人絵本会」で取り上げられた本。
表表紙と裏表紙が、穴を上から見た図と下から見た図なのが面白いらしく、本を上から見たり、下からみたりして遊んでいました。



「めっきらもっきら どおんどん」

めっきらもっきら どおんどん(こどものとも絵本)めっきらもっきら どおんどん(こどものとも絵本)
(1990/03/15)
長谷川 摂子

商品詳細を見る

こちらも「大人絵本会」で取り上げられた本。
私も読んだ事のない本だったので、早速取り寄せて、娘に見せたら、表紙が怖かったようで、一目見た瞬間、いきなり放り投げられました。(汗
第一印象が悪かったので、どうなることかと思ったのですが、読みはじめると一転ノリノリに。
登場するお化けが縄跳びを135回することに衝撃を受けたようで、私もできる!と(縄無しで)その場で飛び跳ねたりしていました。
それ以後も、「しっかかもっかか」というお化けの絵を描いてみたり、おまじないの呪文を得意そうに唱えてみたりと、読んでいる私も、娘のリアクションが楽しい絵本となりました。



とまあ、今、思いつくのはこのくらいでしょうか?
おいおい、一冊ごとにレビューができたらいいのですが、どうなることやら。。。

それにしても、こうやって並べてみると、非常に女子度が低いラインナップです。
これでも大きくなったら「おはなのくにのおひめさま」になりたいと言っている女の子なのですが。。。
4歳になったら、どんな嗜好をみせてくれるか今から楽しみです♪

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

ト-ベ=ヤンソンのム-ミン絵本 それから どうなるの? (講談社の翻訳絵本―トーベ・ヤンソンのムーミン絵本)ト-ベ=ヤンソンのム-ミン絵本 それから どうなるの? (講談社の翻訳絵本―トーベ・ヤンソンのムーミン絵本)
(1991/05/10)
トーベ・ヤンソン

商品詳細を見る



気がつけば7月も終了。
最近ツイッターにはまっていたせいで、つい更新がおろそかになっていました。
なんと一ヶ月半以上、ブログを放置していました。
ますい。まずい。

今回は、遅ればせながら、6月のヘビーローテーション絵本について。
先日、夫が、ムーミンのパペットDVDを購入し、娘に見せたところ、反応がよかったので、それならこれはどう?と「ト-ベ=ヤンソンのム-ミン絵本 それから どうなるの?」というムーミン絵本を見せてみました。
とても気に入ったようで、その後は、DVDはそっちのけで(3歳児には長すぎたのが敗因だと思います)、6月中は毎晩のようにこの本を読んでいました。

娘が気に入った要因として、まず挙げたいのが、この本のデザイン性です。
お話は、ムーミン達がそれぞれの頁に登場する穴をくぐって次のページに進むという流れになっているのですが、実際に穴は開けられておらず、切り取り線の指定があるだけです。
そのため、話を進めるためには、自分で、きりとり線に沿って、穴を開けなくてはなりません。
しかけ絵本はいろいろありますが、こういう構成の本は珍しいのではないでしょうか?

今まで勿体なくて、穴を開けないままでいたのですが、娘がとてもこの本を、気に入っているようだったので、今回、思い切って穴を開けてあげることにしました。
さすがにこの作業は、3歳児が開けられるレベルの作業ではなかったので、穴は夫が開けました。

穴をあけた絵本を見た娘は、いままでとまた違う世界が広がったことに大興奮。
すごーい!と大喜びでした。
この穴を開ける前と開けた後で、違う世界が広がったことが、この本をヘビーローテーション絵本の仲間入りをさせるきっかけとなったようです。

話自体は、結構シュール。
大雑把に言うならば、ママにたのまれて牛乳を持って帰る途中のムーミンと、迷子になったチビのミィを探しているミムラねえさんの冒険譚です。

物語は、ムーミンは早朝から牛乳を持って、不安げに、森をさまよっている場面から始まります。
なんで家から遠く離れた場所まで牛乳をとりにきたのかも、牛乳の入手経路も一切不明のまま物語は進行します。
しかも、ミムラねえさんのために、ちびのミィを探すに羽目になったおかげで、ミルクをもったまま、丸一日放浪することになり、ようやく家にたどりついた時には、ミルクはすっぱく固まってしまいます。
それをみて飲み物がなくなってしまったと、ションボリしているムーミン。
本当に気の毒です。
それにもかかわらず、ママはあっさり「スグリのジュースがあるから大丈夫!」と言い切ります。
(この場面で牛乳ってそんなてきとーな位置づけだったの!?と思うのは私だけではないはず。)
そしてみんなでジュースを飲みながらくつろぐところでお話は終了します。

読み終わった後、必死で牛乳を守っていたムーミンの苦労は一体何!?という微妙な後味が残る作品です。
いや、みんなが満足しているなら別にいいのですが。。。

娘は、ちびのミィがお気に入りのようで、あちこちの頁に、こっそり登場するちびのミィを見つけて喜んでいました。
特に、掃除機に吸い込まれたムーミンとミムラをちびのミィが助け出す場面が、お気に入りのようで、この頁の読むときには、「こんなふうに読んで!」と演技指導をされることが多々ありました。

私が見る限り、娘は、この本のストーリーを楽しむというよりは、一場面、一場面の不思議な情景を楽しんでいたようです。

なにはともあれ、娘のおかげで私も久しぶりにムーミンワールドにどっぷりつかった一ヶ月となり、思いの他、楽しい時間を過ごすことができました。

あと、この本の文字のレイアウトはかなり凝っていて、ちびのミィの表記だけ、わざと小さい活字をつかったり、物語の盛り上がりに合わせて、文字が大きくなったり、動いているような形に配置しているのが目を引きました。
原書を忠実に再現しようとして、こういうレイアウトになっているようなので、原書を一度見てみたいものです。



劇場版ムーミン パペット・アニメーション ~ムーミン谷の夏まつり~ 紙芝居風ポストカード付 (3000セット限定) [DVD]

劇場版ムーミン パペット・アニメーション ~ムーミン谷の夏まつり~ 紙芝居風ポストカード付 (3000セット限定) [DVD]
(2009/12/04)
小泉今日子水田わさび

商品詳細を見る

ムーミン絵本 それからどうなるの? [DVD]ムーミン絵本 それからどうなるの? [DVD]
(2005/08/05)
トーベ・ヤンソン

商品詳細を見る



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

こどもに人気のめいさくたからばこ―手作りの人形たちが贈るドキドキとワクワクこどもに人気のめいさくたからばこ―手作りの人形たちが贈るドキドキとワクワク
(2006/04)
堀口 ミネオ古藤 ゆず

商品詳細を見る


最近、子供に、いわゆるおとぎ話というものを読んで聞かせたことがないことに気がつきました。
保育園で、いろいろ読んでもらっているのは、間違いないのですが、家の中に一冊くらいおとぎ話の本があってもいいだろうと思い、どんな本がいいかなぁと考え始めたのですが、いろいろ出版されているだけに難しい。

内容も、3歳児ということを考えると、あまり本格的で難しいものでなくてもいいような気がする。
でも、原典から離れすぎている物は許せない。
予算もスペースにも限りがある以上、あまり欲張って何冊も与えるわけにもいかない。
・・・となると、いろんなお話が入っていているアンソロジー的な本の方がいいかな、と思い選んだのがこの本です。
まだ娘は、絵本形式じゃないと、興味が持てないようなので、絵が全ページについている可愛い雰囲気の本を選んでみました。

あと、この本を選んだ理由はもう一つあって、これから厚い本を読む機会がでてくるであろうことを考え、現在我が家でローカル・ルール化している『寝る前に絵本を2冊読む』という規則を、厚い本や、幾つもお話が入っている本の場合は、2章もしくは2つのお話で終了というルールに変更するための布石だったりもします。

・・・こんな親の側のもくろみはさておき、娘の反応はおおむね上々です。
挿絵が人形劇っぽくてかわいらしいのがよかったようです。

娘が一番気に入っているお話は、「ねずみすもう」
なかなか渋い選択で、これは予想だにしていませんでした。
どーも、うちの娘の好みは、もう既に読めない感じです。

「オオカミと7匹の子ヤギ」は、登場するオオカミがどうしてもオオカミにみえないらしく、微妙に不評だったのが面白かったです。

ローカル・ルール改変については、今のところ微妙な感じ。
読み始めると、もう一個!もう一個とせがまれ、少なくとも3作、多いときは4作くらい読まされています。
また、そんな交渉をするのがいやなのか、はたまた、寝るときには絵本の方が楽しいようで、購入して約2週間を経過した現在は、寝るときに読んで~ともってくることは、殆どなくなってしまいました。

最近は、本の好みがますますはっきりしてきただけに、なかなか、娘に楽しんでもらえる本が見つけられません。
そろそろ、本は私が与えるのではなく、娘と一緒に探す時期がきているように思う、今日この頃です。



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村



おしゃべりなたまごやき (日本傑作絵本シリーズ)おしゃべりなたまごやき (日本傑作絵本シリーズ)
(1972/12/10)
寺村 輝夫

商品詳細を見る


4月は、これ!といった感じで、娘がよく読んでいた絵本はありませんでした。
唯一、気に入ったらしい本は、私の実家に帰省した時、私の母が読んでくれていた
「おしゃべりなたまごやき」でした。
この本は、私が子供の頃に読んでいた本を母がとっておいたものです。

挿絵は長新太さん。
長新太さんの作品は、これまで「キャベツくん」(初めて読んだのは、娘が2才11ヶ月頃)と、「ころころころにゃーん」(同じく1才頃)を読んだことがあるのですが、2冊とも娘の反応はイマイチで、自分から長さんの本を持ってくることは、殆どありませんでした。

ところが、「おしゃべりなたまごやき」は、気に入ったようで、実家にいる間中(といっても、3日ほどですが)何度も、読んでーと私や母のところへ本を持ってきました。
特に気に入っていた場面は、勉強がおわった王様がお城の中を探検するシーンだったようで、ちょこまか動き回る王様の足取りを、指で一生懸命辿っていました。

 私にとって、「おしゃべりなたまごやき」といえば、和歌山和子さんと和田誠さん挿絵の「王さまシリーズ」の一作というイメージ。
 そろそろ絵本だけでなく、長いお話の本の読み聞かせもしたいと思っていたところだったので、これは良い機会かも♪と思い、王さまシリーズの「おしゃべりなたまごやき」を図書館で借りて、娘に読んでみたのですが、、、残念ながら、この本への反応は薄かったです。
「絵本の方がいい」ときっぱり言われてしまいました。

やはり、まだ挿絵がないと物足りないお年頃のようです。
今回は完全に私の方が、先走り過ぎてしまいました。
反省しています☆


キャベツくん (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)キャベツくん (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
(2005/02)
長 新太

商品詳細を見る


おしゃべりなたまごやき (寺村輝夫の王さまシリーズ)おしゃべりなたまごやき (寺村輝夫の王さまシリーズ)
(1998/05)
寺村 輝夫

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村