上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)
(1982/08/31)
五味 太郎

商品詳細を見る


五味太郎「きんぎょがにげた」

2008年2月に購入。
当時、娘は1歳4ヶ月。
絵本の細部にまで目がゆくようになっている気がしたので、細かい描写の絵本を与えようと思い購入しました。
この「きんぎょがにげた」は、絵のなかからきんぎょを探す絵本。
絵の細部をみるにはぴったりな気がしたのです。

ねらいは、ほぼ当たったようで、娘はかなり気に入ってくれました。
もちろん、最初のうちは、絵の中からきんぎょを探すのが難しいようで、なかなか探し出せなかったのですが、きんぎょをみつけると嬉しそうにへへっと笑っていました。

とにかく゛探す″という行為が楽しいようで、いまでも、繰り返し読んでいます。
とくにおもちゃがいっぱい描いてあるページは、お気に入りのようで、きんぎょを探すだけでなく、なにが置いてあるかまで、指を指しながら教えてくれます。

この絵本、82年に出版されたので、電話がダイヤル式の黒電話だったり、登場するアイテムの中には、ちょっと時代を感じるものがあります。
ところが、絵の配色や構図は、21世紀の今の感覚でみても、カラフルでモダン。
文字のフォントは丸文字で、絵本に用いられているフォントとしては、かなり珍しいものです。
おそらく、80年代当時は、モダンで斬新なデザインの絵本として、驚きを持って迎えられたんじゃないかと思います。
とにかくハイセンスな絵本。
ロングセラーになるのも納得という気がします。

五味さんは、子どもの視点を失わないまま、大人になり、大人特有の高度な絵画テクニックと話術を使って、子どもの視点を具現化することができる希有な才能を持った人です。
この本を見ていると、すごい集中力で、細部まで余すことなく緻密な画面を作り上げてゆく厳しさをもった人なんだろうなあと、いつも思ってしまいます。

スポンサーサイト
くだもの (福音館の幼児絵本)くだもの (福音館の幼児絵本)
(1981/10/20)
平山 和子

商品詳細を見る


長ーく版を重ねている本を子供に与えると、たいてい面白がってもらえます。
ロングセラーに偽りなし。
このことは、子供と一緒に本を読んでいて、日々、痛感させられています。

今日、取り上げる本は、そういう発売以来コンスタントに版を重ねている、定番といわれる絵本の一つです。

お恥ずかしい話ですが、児童書のファンサイトなどを運営しているにもかかわらず、実は私、子供が生まれるまで、赤ちゃん向けのシンプルな絵本に対して、ほとんど関心を払ったことがなかったんです。

しかも、赤ちゃんの成長の早さを意識したことがなかったので、月齢によって反応できるものの差が大きいってことを全く理解していなかったし、成長が著しいからこそ、子供には、年齢に応じて、本を選んであげる必要があることにも、子供が生まれて気がつきました。(・・・児童書に●歳からという表示が出ているのも、お節介だなぁと内心思っていました★)

で、出産後、遅ればせながらも子供にどんな本を読んであげたら、楽しんでもらえるか知りたい一心で、絵本の選び方を紹介するサイトや、福音館、クレヨンハウスなどで出している絵本の選び方を紹介する冊子などを読み始めました。

多々ある子供の絵本を紹介する媒体で、よくとりあげられていた本のなかに、1981年に発行され、以来ずーっと売れ続けている「くだもの」 という本がありました。

内容は至ってシンプル。
最初のページに、果物がまるっとリアルに描かれ、描かれた果物の名前が書かれています。
次のページでは、その果物が食べられる大きさに切り分けられ、そこに一言、「さあ どうぞ」と添えてあります。
いろいろな種類の果物に対して、この繰り返しが続きます。

正直言って、最初に手にした時には、果物の描写の正確さは見事だけど、それだけの絵本でしかない、という印象しか持てませんでした。
だからなぜこの作品が、こんなに評価が高いのか、ピンとこなかったんです。
でも、これだけ評価が高いのならば、子供にしかわからない魅力があるのではないかと思い、一緒に読んでみたところ・・・

読み始めると、すぐに娘は、「さあ どうぞ」のフレーズにあわせて、果物を食べる真似をはじめるではありませんか。
今にして思うと、これが、うちの子のごっこ遊びの最初でした。

しかも、日を追うごとに、ごっこ遊びの精度は高くなり、私にむかって「はい どうぞ」(娘はなぜか「はい どうぞ」と勧めます)と果物をさしだしてみたり、これは嫌!この果物は食べる!と好き嫌いは示すわ、遠くにいるお父さんにも果物をすすめてみたり、と読み方のバリエーションもひろがってゆきました。

自分でこの本を読んでほしい!という意思表示ができるようになってきた、1歳半頃からは、頻繁に、この本を読んでーと持ってくるようにもなりました。

つい最近も、栗ご飯をはじめて娘に与えたところ、最初、娘は、栗がなんだかわからなかったようで、全く口をつけようとしませんでした。
そこで、この絵本をもってきて、栗のかかれているページを開き、「ほら、ここに出ている栗だよー。食べてごらん」といってみたところ、はじめて娘は目の前にある食べ物が、栗だということを認識し、ぱくぱくと食べてくれました(笑)

赤ちゃんって、びっくりするくらい、画力の高い絵に反応するんですよね。
赤ちゃんの正確な描写を読み取る力は、おそるべきものがあると思いました。
この本は、その高い画力と、赤ちゃんの目線に立った構成力で、赤ちゃんの心をわしづかみにしているのだと思います。
シンプルなものの面白さを、娘が教えてくれた気がします。

ごっご遊びには、最適な絵本。
おススメです。

あかちゃんがうまれてから今まで、いろんな人に、いろいろな形でお祝いをしていただきました。
何人かの方からは、本をいただきました。
今日紹介させていただく本、うさちゃんのいちにち も、とある方から、1歳のお誕生日祝いに、いただいたものです。

真ん中にゴムの指人形のうさぎがついている型抜き絵本です。
うちの子は、型抜き絵本が大好きなので、2歳になった今でも、たまに、「読んでー」とリクエストを受けることがあります。

実は、今日も寝かせ付けの際に、リクエストをうけ、本置き場からひっぱりだす羽目になりました。

内容は、本当に単純。
まんなかについているうさちゃんの、朝起きてから、寝るまでの一日の様子が描かれています。

私は大抵、人形に指を入れて動かしながら、読んでいます。

娘は最初、人形を引っこ抜こうとしたり、人形ばかりが気になっていたのですが、1歳半くらいになると、描かれているおもちゃや人形など、人形以外の細部の描写に関心を示し、これは?と聞いてきたり、物の名前を叫んだりするようになりました。

また、うさぎのフィギュア用に開いている中央の穴から、指をだしたり、のぞきっこして遊んだり、おやつの時間のページにかかれているケーキを見ては、苺を食べるごっこ遊びをするこも多いです。

今日は、うさちゃんがお風呂にはいっているページで、うさちゃんの体を洗う真似をしていました。これは、初めての遊びかたでした。
ごっこ遊びも日々進化していくようです(笑)

うさちゃんのいちにち (ラブ ア ダブダブのフィギュアえほん)うさちゃんのいちにち (ラブ ア ダブダブのフィギュアえほん)
(2006/02)
ことう ゆず

商品詳細を見る



追記:このアマゾンの画像。うさちゃんの顔がつぶれてうつっています。
怖い。。。
本物はもっと可愛いです。念のため。

ユニバーサルデザイン絵本【おでかけまるちゃん】点字付きユニバーサルデザイン絵本【おでかけまるちゃん】点字付き
()
UD絵本

商品詳細を見る


娘が1歳一ヶ月になったころ、某SNSの子育てコミュでひらかれた「おもちゃであそぼ」オフに参加した際に、講師の先生に紹介され購入したのがこのユニバーサル絵本です。

この本は、健常者と目が見えない人が共に読むことができるという趣旨で作られています。
文字は点字が併記してあり、絵の一部が盛り上がっていて、絵のパーツや登場人物ごとに、盛り上がった部分の質感が変えてあります。
さわって遊べるというのが、子供にとってはとってもおもしろいらしく、見た瞬間から娘も興味津々でした。

しかも、本の体裁がかわっています。
本全体が一枚の紙で出来ていて、ページは折ってあるだけで、綴じていません。
だから、普通の本の形式で読むだけでなく、大きく一枚の紙として、本全体を床に広げることも出来るようになっています。
子供は床に広げた本の上にのって、その手触りを楽しむことができるんです!

購入以来、娘もめちゃめちゃ気に入っているので、未だに読むことがおおいのですが、月齢に応じて、読み方や楽しみ方も変わってきています。

最初は、私の読むのを聴きながら、絵の盛り上がった部分をさわって、物語の筋を追っている感じだったのですが、4ヶ月ほどたつと、盛り上げっている部分以外の、背景の細かい描写に興味津々になってきました。
背景に描かれている建物や、乗り物を指さして、「これなあに?」と問いかけるようになりました。

また、ちゃんと立って動けるようになるにしたがって、一枚の大きな紙の形に本を広げるおもしろさに目覚めたらしく、自分でもって本を広げては喜んでいる時期もありました。

最近は、どのページにも主人公のまるちゃんが登場するのに気がついたようです。
そして、一枚の大きな紙になったときには、なんでこんなにたくさんまるちゃんがいるの??と不審そうな顔をするようになりました。
まだ異時同図法の構造を理解してもらえるわけもないので、どんな風に説明すればわかってもらえるかなぁ??とちょっと悩んでいる今日この頃です。

この絵本、いろいろな意味で申し分ないのですが、一点だけ問題点があるとすれば、子供(少なくとも1,2歳児)がさわりまくるにはチト脆弱なことが挙げられます。
私の家の本も、購入後一年たってしまいましたが、もう既にかなりぼろぼろでいつまで保つかなぁと言う感じです。
多少値が張っても、もう少し頑丈な素材で作ってくれたら、もっとよかったのではないかと思います。


(2010年4月21日追記)
久しぶりにこの本を一緒に読んでみました。
話はかなり覚えているようで、もう殆ど自分で読んでいました。

以前と違うのは、絵の凹凸部分を、あくまでも自分で辿り続けていたところと、お話に登場するまるちゃんのお友達にいろいろ名前をつけていたところ。
×型のお友達には「バツちゃん」
:の形をしたお友達は「ボタンちゃん」
・は「ひとりちゃん」
○は「オーちゃん」
◎だけはなぜか「あふりちゃん」
と呼んでいました。

あと、すっかり書くのを忘れていたのですが、この本を紹介していただいた際に、おまけでホワイトボードなどに紙をつけるのに使う丸いマグネットを2コ貰いました。

イベントで、先生に教えて貰ったマグネットの使い方はこんな感じ。
①一つのマグネットをまるちゃんに見立て、本を挟み込む形で、裏側にもう一つのマグネットをくっつける。
②お話にあわせて、裏側につけたマグネットを動かす。
③表からみると、まるでまるちゃんが動いているように見える。

昔は、私がマグネットを動かすのを見て、喜んでいるだけだったのに、今回は、自分でマグネットを動かすことに、夢中になっていました。
動かし方も堂々としたもので、なかなかいっちょまえな感じ(笑)
その姿を見ていると、嬉しい反面、どんどん手を離れて行ってしまうように感じられて、ちょっぴり切なくなってしまいました(^^;
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。