上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ゆっくりくまさん」

GWもとうとう終わってしまいました。
・・・とはいっても、私は、サービス業の悲しさ(笑)GW中もほとんど出勤しておりました。
しかもGW中は保育園がお休みのため、娘と一緒に実家へ行き、私は実家から出勤、娘は母に見てもらうという生活を送っていました。

で、実家には、いまだに私が子供のころに読んでいた絵本がいくつか母セレクトで保存してあったようで、母がそのうちのいくつかを娘に見せたところ、娘が、一番気に入ったのが、今日紹介する「ゆっくりくまさん」だったそうです。
私の家においてあった「ゆっくりくまさん」は、幼稚園の定期購読で購入した「こどものとも」222号版。
なんと定価150円!
この値段で親子2代で楽しめるというのは、驚異的なコストパフォーマンスだと思います(笑)

「ゆっくりくまさん」のあらすじは、こんな感じ。
ゆっくりやまのゆっくりくまさんが、ゆっくりゆっくり食べ物を探しに、森へやってきたのですが、どこにいっても、ほかの動物に先をこされてしまいます。
最後に川のむこうにやまぶとうをみつけるのですが、川をわたることができません。
そこでゆっくりくまさんは、向こう岸にわたるためあることをはじめます。。。

娘は、お話の中にでてくる歌がお気に入りのようで、歌詞をすっかりおぼえてしまいました。
くまさんがうたう場面になると
「やぶには あまいみ すっぱいみ ~♪」
と(おそらくおばあちゃんが教えた)節を付けて歌っています。

お話自体も、前半はかなり覚えたようで、最近は、私が読まなくても、自分でお話を暗唱するようになりました。
おそるべし2歳児の記憶力!
好きなことに対する好奇心って大事なんだなぁと、改めて娘に教えられた気がします。

ただ、この絵本、私自身はそれほど好きだった覚えはないんですよね(^^;
母も、私が気に入っていたから置いていたというよりも、自分の好みでおいていたようですので、娘がこんなに気に入るとは思っていなかったようです。
好みの違いといったらそれまでなのですが、、、
娘のこの本への接し方が、これからどんな風に変化して行くのかを見守ってゆくと、より、お互いの好みの差がわかって面白いかも・・・と密かに期待している今日この頃です。

残念なことに、「ゆっくりくまさん」は、2006年に復刻されたものの、現在は絶版となっているようです。
すべての本が生き残ることができないのは、よくわかっているのですが、娘の反応を見ていると、なくなってしまうのは惜しい本だと思わずにはいられません。
再版してくれるのを気長に待ちたいと思います。
 

ゆっくりくまさん (こどものともセレクション)

森 比左志 / 福音館書店

スコア:

スポンサーサイト
そういえば、数年前にも銀座松屋でゾーヴァ展をしていたなぁ。。。
と思いつつ、「ゾーヴァ展」をみるために、久しぶりに松屋に行ってきました。
(前回とまったく同じ書き出しですな(^^;;)

私がゾーヴァ作品と初めて出会ったのは、もう十年以上前。
本屋さんで「ちいさいちいさい王様」という本を手にとって以来となります。
何の予備知識もなく、絵に惹かれて手にした本だったのですが、その内容の深さに、小さな宝石を掘り当てたような喜びを感じたことを覚えています。

でも、そんな風に思ったのは、当然私だけではなかったわけで、ゾーヴァさんは、あれよあれよという間に、すごーくメジャーになり、画集はもちろん、展覧会も頻繁に行われるようになってしまいました。
こんなふうに原画をみることができるのは、ありがたいものの、ファンの微妙な乙女心(笑)で、みんなが知ってしまうことに一抹の寂しさと、隔世の感を抱きつつ展覧会を見てきました。

この展覧会、内容は濃い!と思います。
作品数も多いし、初期から最近の作品まで、満遍なく見ることが出来ます。
ただ、作品数に対し、会場が少々手狭な印象がするのは否めません。
通路が狭すぎて、窮屈な部分もあるし。
来館者も多いので、鑑賞するならば、これから行われる巡回展のほうが、ゆったりと作品をたのしめるかもしれません。

作品の印象ですが、何度も何度も絵の具を厚く塗り重ねてゆくゾーヴァさんの作品は、とにかく細密で重厚。
画面全体にそこはかとなく漂うアイロニカルな雰囲気は、ドイツ特有の重みを感じさせます。
非常にクローズドな世界観を演出しているにもかかわらず、決して見る側を拒絶せず、実は、だれでもウェルカムな雰囲気になるようサービスが施されているので、見ているうちに、むしろ、親切な絵かもしれないという気すらしてきました。

ただ、大勢で楽しむ絵ではないと思います。
むしろ独り占めしたくなる絵。
というか、一人でこっそり見て楽しんでいるという錯覚に陥れるところがある絵だと思います。
そういうところに、ちょっと意地悪さが秘められた絵かも(笑)
で、多分、そういうところが、日本人のツボといか、人気の秘密なんだろうなぁ・・・と、人ごみのなかでぼんやりと考えていました。

挿絵用の小型タブローから、結構大きなサイズの絵まで、いろいろ出品されていたなかで、私が特に気に入ったのは、海岸にぽつんとたたずむアヒルの絵。
大きな絵だったのですが、あとで図録をみたら、アヒルが小さすぎて、絵のよさが伝わらなくなっていたのが、少々残念でした。

あと、とにかくグッズ売り場が、すごかったです。
ドイツからの直輸入品もふくめて、すごい量のグッズが販売されていました。
いやー、ここまで人気がでるなんて。。。本当にびっくりです。

私は、その熱気に圧倒されていまい、結局、図録とポストカードしか購入できなかったのですが、おもしろそうなものもいろいろあったので、もう少し頑張って、よく見ておけばよかったかも。。。と今になって少し後悔してます(苦笑)
そういえば、数年前にも大丸ミュージアムでムーミン展をしていたなぁ。。。
と思いつつ、「ムーミン展」をみるために、久しぶりに大丸ミュージアムに行ってきました。

大丸ミュージアムに行くのは、本当に久しぶり。
この美術館、確か、去年か一昨年か前に、改装したはずなのですが、改装してから、はじめて足を踏み入れました。
デパート系美術館が軒並み閉鎖されている今、美術館を存続するだけでなく、改装するというレアケース、どんな風になったかなぁと思いつつ、なかなか行くことが出来ないでいたので、そういう意味でも、いい機会になりました。

新しい展示室は、場所は以前とかわらないままですし、いつでも、美術館をやめて、売り場に変えることも出来そうな構造も、そのまま残されていました。
展示面積は、前よりもちょっと狭くなった感じ。
そのかわり、固定式の壁は廃止され、可動壁が導されたため、展示の汎用性は広がった模様。
また天井は、照明が自由に付けられる構造になっていました。
最近の美術館・博物館では、よく見かける仕立てをとりいれており、決して無理せず、出来る範囲で、手堅い改装をしたという印象を受けました。

で、肝心のムーミン展ですが、正直言って、前の展覧会の方が面白かった気がします。。。
まあ、なんでも初見のほうが新鮮で興奮するからかもしれないのですが。。。

あと、前回の展覧会は、トーベ・ヤンソンの画業をテーマにしていたのに対し、今回はムーミンシリーズに焦点をあてていたので、その分、展示作品のバラエティが抑え目になってしまったのが、そんな印象を招いた原因かもしれません。

タンペレ市立美術館・ムーミン谷博物館の紹介という要素も強く出ていた展示だった気がします。

展示を見て、改めて、ヤンソンさんの水彩の色は、凛とした涼やかさがあって、素敵だなぁと思いました。
ヤンソンさんの作品にかぎらず、誰の作品にもいえることですが、水彩の本当のすばらしさって、原画じゃないと感じられない気がします。
これをふたたび見ることができただけでも、この展覧会に来た甲斐があったと思える展覧会でした♪
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。