世田谷文学館で開催している石井桃子展へ行ってきました。
石井桃子さんは、「クマのプーさん」「ちいさなうさこちゃん」シリーズなど数多くの海外児童文学の翻訳を行う一方で、「おそばのくきはなぜあかい」など多数の著作を行った、日本の児童文学のパイオニアお一人です。
子どもの頃、読んだ本の中で、この方のお名前を目にした方は多いのではないかと思います。

私は、子どもの頃、石井さんの“ももこ”という名前が、とてもかわいらしく感じられ、”ももこ”という名前にかなりあこがれていました。この人の名前を見つける度、きっと素敵なおねえさんなんだろうなぁと、勝手に想像していたことを、懐かしく思い出します。
・・・とはいうものの、これまできちんと石井さんの業績を拝見する機会もなく過ごしていたので、この展覧会で、知った石井さんの軌跡は、驚くことばかりでした。
石井さんの関わった本の数に勿論圧倒されたのはもちろんですが、それ以上に、この展覧会で紹介されていた石井さんの様々なエピソードの密度の濃いこと!(一番の驚きは、クマのプーさんの原書との初めての出会いが、犬養毅邸だったことだったかもしれません。。。)
また、岩波少年文庫の立ち上げにも、関わっていたことも、この展覧会で初めて知りました。

石井さんの言葉を引用したパネルも読み応えがありました。
パネルの情報量では、とてもじゃないけど、満足出来ない高密度な世界だったので、これから、石井さんの著作をいろいろ読んでみなくては!と思っています。

あと、思わぬ掘り出し物がありました!
なんと、「ちいさいおうち」や、「せいめいのれきし」を執筆したバージニア・リー・バートンのデッサンが数点展示してあったんです!
確かに、石井さんが翻訳した著書ではありますが、まさかこんなレアなものが展示してあるとは、思ってもみなかったので、びっくりしました。
とくに、恐竜のデッサンは、一気に描かれた迫力ある描線の力強さが、すばらしくかっこよかったです!
個人的には、これをみることができただけでも、大満足です(笑)

春休み期間にふさわしい落ち着いた風合いの展覧会だったと思います。


クマのプーさん (岩波少年文庫 (008))クマのプーさん (岩波少年文庫 (008))
(2000/06)
A.A.ミルン

商品詳細を見る



ちいさいおうち (大型絵本 (3))ちいさいおうち (大型絵本 (3))
(1965/12)
ばーじにあ・りー・ばーとん

商品詳細を見る



せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)
(1964/12)
バージニア・リー・バートン

商品詳細を見る


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
すーびょーるーみゅーすーびょーるーみゅー
(2007/07/01)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る


俵万智さんが朝日新聞に連載していた児童書の書評をまとめた「かーかん、はあい 子どもと本と私 2」を、最近読んだのですが、そこで、紹介されていたのがこの不思議なタイトルの本です。
なんだか妙に気になったので、早速入手することにしました。が、前回、この本で紹介されていた本を、いくつも買ったものの、残念ながら、空振りに終わった本が多かったこともあり、今回は、慎重を期して、図書館で借りて読んでみました。
ところが、この本に関しては、この心配は全くの杞憂となってしまいました。

娘はひとめみるなり「なんだこれ?」と言って、本に釘付け。
最初の頁に独特の飾り文字で「かぽ」とだけ書いてあるのを見て、大爆笑。
あっという間に、本に引き込まれてしまいました。

この本の絵に登場する六角形の枠の中には、不思議な文様が施されています。
その文様は、ある規則性に基づいて描かれているので、それに気がついた娘は大喜びで、何度も、表紙を確認していました。

この文様、おそらく、仏教の5大(「地」「水」「火」「風」「空」)とか、西洋の5大元素的な概念をあらわしているようで、文様の中から、様々な元素のモチーフが登場します。
一つ一つの元素が登場する前の頁に二文字の文字が記され、次の頁でその要素が登場し、それとともに、不思議な詞も登場するという構成になっています。

うちで読む際には、この本の構成にあわせて、ちょうど平仮名が読めるようになりはじめている娘が、二文字の頁だけ自分で読み、次の頁は、私が読むというスタイルが定着しています。

繰り返しになりますが、とにかくこの本は、なんとも不思議な本です。
タイトルでもわかるとおり、ここに登場する言葉は、何の意味もありません。
それなのに、読んでいくとお経のようになってしまう不思議さ。
そんな不可思議な文章を書いたのは、谷川俊太郎さん。
めちゃめちゃだけど、破綻していない詞を書けるのは、この人だけだと思います。
読んでいるお母さんが、首をひねっているのを、こっそり笑っている気がします。

そして挿絵は、な、なんと明和電気の土佐信道さんでした。
明和電気が絵本!?
俵さんの書評では、全く触れられていなかっただけに、その驚きは大きかったです。
この本の古典的な装飾を施された挿絵と活字が、普段の明和電気のイメージとおよそむすびつかなかっただけに、奥付をなんども確認してしまいました(笑)

かなり独特な世界観の絵本ですし、好き嫌いが分かれる本だとは思うのですが、平仮名をちょうど覚え始めた娘にとっては、この本の装飾性の高い文字列が、ものすごく面白く感じられたようです。
これ以上、早くても、遅くても、これほど喜んでもらえたとは思えません。
そういう意味では、出会うタイミングがよかった本だったようです。

それにしても、谷川俊太郎さんの感性の凄さには、驚かされます。
谷川さんの本に対する娘の反応の良さといったら!
今のところ、ほぼ100%近い確率で、谷川さんの著書は、お気に入りの本となっています。
本当に子どもの感覚がわかる人なんだなぁと子どもを持って、あらためて再認識させられました。

(2010年10月7日:追記)
今月頭に4歳になった娘。
とうとう絵本を自分で読むようになりました!
最初私がいつものように読んでいたところ、途中から本を私から奪って、自分で読み始めました。
クライマックスの文字がいっぱいある頁を読み終えた時には、達成感でいっぱいの顔をしていました(笑)
昨日、今日と二日連続、自分で音読しています。
なにかステップアップした感じ。
絵本の新しい楽しみが始まった気がします。

あと、表紙にも登場しているこの本のメインイメージの文様をみて「かおみたい」と言い出しました。
文章に登場する文字の一部をぬきだして、「どどこんくん」と名前をつけて喜んでいます。

かーかん、はあい 子どもと本と私 2かーかん、はあい 子どもと本と私 2
(2010/01/08)
俵 万智

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
209033.jpg


こどものとも年少版2月号として刊行された高野文子さんの新刊がこの「しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん」
高野文子さんといえば、漫画家として大変著名な方です。
コロボックルファンサイトをしている身としては、「棒がいっぽん」という本に収録されている「東京コロボックル」を、必読!という位におすすめしてしまうのですが、最近は絵本も手がけていらっしゃるようです。
以前刊行した「火打ち箱 (こんなアンデルセン知ってた?)」という絵本では、ペーパークラフトで作った斬新なデザインの世界を見せてくれました。
こんどはどんな趣向を見せてくれるかと、新刊告知をみたときから、わくわくして待っていました。
期待に違わず、今回の本では、高野さんらしい、円熟した絵画世界をみせてくださっていました。

お話は、男の子が眠りにつく前にするお願いのお話、、、なのですが、書いていてもなんか違う気が、、、
うーん。説明するのが難しい。
なんというか、、、言葉も絵も、ぎりぎりまで、簡潔に研ぎ澄まされている、無駄のない世界観の絵本でした。
こういう無駄なものを極限までそぎ落とす美しさって日本人特有の感覚ではないでしょうか?
とにかく、引き算の美学に満ちた作品だったと思います。
それだけに、本に登場する以外の言葉で、この本を説明するのは、難しいのです。
だから、読んでみてください。としか言えません。
是非、読んでみてください。

この本は、福音館の2~4才のこどもを対象とした雑誌として刊行されています。
対象年齢ドンピシャのうちの娘にも、この若さでリアルタイムに高野さんの作品を読めるなんて何という幸運かわかっているのか!?と内心思いつつ、さっそく読んであげました。
娘は、(当たり前ですが)親の熱い思いとは、全く別の次元で、単純に楽しんでいたようです。

特に(ネタバレになってしまいますが)おしっこがでないように、しきぶとんさんが、男の子のおしりを、さすっている場面がお気に入りなようで、この場面にくると嬉しそうにへへっと笑っていました。

実は、うちの子は、まだオムツがとれていない上に、パンツをはく事を断固拒否しています。
そのため、つい、「みーちゃんもパンツで寝る?」と聞いてしまったのですが、嫌!と断られてしまいました。
残念ながら、オムツをとるきっかけには、ならなかったようです(苦笑)

あとは、やっぱり、しきぶとんさん、かけぶとんさん、まくらさんの顔が楽しいようです。

最後に、声に出して読んでいて気がついたこととして、独特のリズムのある文体なので、テンポよく読める本だったことを強調しておきたいと思います。
読んでいて言葉につまることがないんですよね。
これは、読む側としては、とてもありがたいことでした。
そういうところにも、高野さんの凄さを感じた一冊でした。
寝かせつけにもびったりの絵本だと思います。

あとは、一日も早く一般書籍としても販売してほしいものです。

ふくいんかんさま ふくいんかんさま ふくいんかんさま ひとつ おたのみします(笑)


棒がいっぽん (Mag comics)棒がいっぽん (Mag comics)
(1995/07)
高野 文子

商品詳細を見る


火打ち箱 (こんなアンデルセン知ってた?)火打ち箱 (こんなアンデルセン知ってた?)
(2006/09)
赤木 かん子H.C.アンデルセン

商品詳細を見る



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
かいじゅうたちのいるところかいじゅうたちのいるところ
(1975/01)
モーリス・センダック

商品詳細を見る


普段、人並み外れた大声で、保育園を駆け回っている我が娘ですが、結構、恐がりなところもあるようで、お化け、鬼、怪獣、と言ったキーワードには、かなり敏感に反応します。

例えば「ねないこだれだ」というお化けが出てくる絵本。
夜は絶対に読もうとしません。

また、「三びきのやぎのがらがらどん」という絵本には、やぎのがらがらどんを食べようとするトロルが登場しますが、これも、怖くて仕方ないようです。

でも、3才にもなると、どうやら”怖いもの見たさ”という感性も育ってくるようで、最近は、怖いものがでてくる絵本をおそるおそる読むようになりました。
そんな娘が、最近お気に入りの絵本が、この「かいじゅうたちのいるところ」です。

この本は、いたずらをしてお母さんに寝室に閉じこめられたマックスという男の子が、船にのってかいじゅう達の住む島へゆき、かいじゅうの王様になると言うお話です。

残念ながら私自身は、子どもの頃には、この本を手にすることはありませんでした。
この本との初めての出会いは、大人になってから。
しかも、大学の西洋美術史の授業の中でした。
その授業の中で、この絵本は、キリスト教の黙示録のイメージがモチーフとして使われている本としてとりあげられていました。
絵本を美術史の中に位置づけるという着眼点のおもしろさに、あっという間に授業に引き込まれてしまったことを、この本を手にする度に思い出します。

ただ、そういう特殊な出会い方をしたせいか、この本を読むのに適切な年齢の判断がつかず、娘に見せるタイミングを計りかねていたのも事実です。
幸い、最近映画化されたおかげで、映画の広告をみた娘の方から、これはなあに?と聞いてきました。
そこで、ためしに読んでみたところ、タイミングがばっちりあったようで、12月中は、毎晩のようにこの本を読む羽目になってしまいました。

娘は、登場するかいじゅうも、おおかみの着ぐるみを着た主人公のマックスもかなり怖いようなのですが、とにかく、かいじゅうが気になって目が離せないようです。
毛むくじゃらなのに、足だけが人間と同じといった異形の部分に気がつくと、「なんか変~」といってみたり、爪がのびていたり、目が黄色なところを発見する度に、指をさして、キャー、キャー言っています。
「かいじゅうって、こわいけど、かっこいい~」んだそうです。

また、マックスが、かいじゅうたちの制止をふりきって舟に乗って島を出て行く場面にくると、両手を挙げて、かいじゅうたちの声のようなひくーい声で「かいじゅうたちは、『ばいばーい』といいました~」と言葉を足してきます。
それが面白くて、ついつい、こちらも熱演するようになってしまいました(笑)

お父さんに読んで貰うときには、ふたりで、かいじゅうおどりの歌を作って遊んだりもしているようです。

あまりにノリノリで楽しそうにしているので「みーちゃんも、かいじゅうの島にいく?」と聞いてみたところ、真顔で「やだ!」と断られてしまいました。
マックスになるのも嫌なんだそうです。

あと、夕ご飯抜きで寝室にいく、という罰もよくわからないようで、「どうして、ご飯たべないの?」と聞かれたときには、答えにつまってしまいました。
逆に、「みーちゃんもご飯食べないでベットに行く?」と聞いたら、これもやはり「やだ!」との答えが返ってきました。

さらに最近は、どんなことにも「どうして?」を連発するお年頃なだけに、「どうして、お部屋のなかに、木がはえてくるの?」と場面転換の根本的な部分に関して問いかけられ、さすがにどうしてなのかなぁ?としか答えられなかったです。

なぜ、ここまで好評だったのか、正直、よくわからないのですが、やはり、いたずらの延長にある冒険という、設定が、子ども心をくすぐるのかなぁと思っています。
いたずらって、バレたら怒られるスリルと背中合わせな分、ちょっと後ろ暗くて、怖いものですし。
しかも、そこで仲良くなる生き物がかいじゅうという設定は、完璧としかいいようがありません。

また、センダックさんの緻密な描写と場面転換の巧みなことと言ったら!
とくに、かいじゅうおどりの場面の楽しそうなこと。
質の高い絵本には、クライマックスに言葉はいらないんだなぁと、思わずにはいられませんでした。

絵本を楽しんでいる娘をみていると、映画も連れて行ってあげたいのですが、普段落ち着きがないだけに、2時間じっと座っていられるか心許なく、残念ながら、DVDになるのを待って見せてあげようと考えています。

(2012年5月21日追記)
5歳になった娘。この絵本には見向きもしなくなってしまいました。
久しぶりに読んでみようよ。と何度も行ったのですが、頑なに嫌だと言い続けています。
なんで?と聞くと、「かいじゅうがこわいから」とのこと。
小さい頃はあんなに喜んでいたのになぁ。。。もう読んでいたことも忘れちゃったのかも。
寂しいです。
そういえば、映画も見ていないままです。こちらもどうしようかなぁ。

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)
(1969/11)
せな けいこ

商品詳細を見る



三びきのやぎのがらがらどん―ノルウェーの昔話 (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)三びきのやぎのがらがらどん―ノルウェーの昔話 (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1965/07)
不明

商品詳細を見る



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)
(1972/10)
わかやま けん

商品詳細を見る


今日とりあげた「しろくまちゃんのほっとけーき」は、先日紹介した「「こぐまちゃん たんじょうびおめでとう」とおなじくこぐまちゃんシリーズの絵本です。

この本、私も子どもの頃に読んでいて、大好きだった絵本のひとつです。
当然、娘にも読んであげるつもりでいたのですが、娘が2才になる直前、古い友人から「娘が選んだ絵本なんだけど」とプレゼントしていただきました。

「しろくまちゃんのほっとけーき」は、こぐまちゃんのおともだちのしろくまちゃんが、お母さんといっしょにホットケーキを作って、こぐまちゃんにご馳走するというお話です。
多々ある「こぐまちゃんシリーズ」のなかでも、白眉の出来の絵本だと思います。
この絵本が、子どもの心をつかんで離さないのは、なんといっても、ホットケーキを焼く場面が秀逸なことにつきると思います。
「ぽたあん」「ぷつぷつ」「ふくふく」・・・という擬音をつかったホットケーキのできあがり過程のおいしそうなこと!
娘はいつもこのページにくると、指で場面を指しながら読んでいます。

こーんな楽しくて、おいしそうな絵本はそうないと思います。
実際にうちで作るホットケーキより、おいしそうな気がするのは、多分、私だけではない筈(笑)

うちでも、多くの家庭と同様、この本に触発されて、娘と一緒にホットケーキを作ったことがあります。
ところがうちの娘は、卵を割ったり、ボールにいれた種をかき回すのことは、大喜びだったにもかかわらず、実際に食べる段になるとすっかり興味を失い、ちょっとしか食べなかったという、しょっぱいオチがついてしまいました(^^;

読むだけで、ホットケーキを食べたい!作りたい!という欲望にかられるこの絵本。
今後も読み継がれていくことは、間違いないと思います。

ただ、この年になって、大人目線でこの絵本をみると、かなり教育効果を意識した、理性的な作りの本であることに気がつきます。
例えば、こぐまちゃんとしろくまちゃんは、どの絵本でも、お着替えをしたり、お母さんのお手伝いをしたり、お片付けをしています。
単に楽しむだけでなく、しつけを促す効果がちゃーんと用意されているんです。
で、絵本の最後には、ご親切に、この本のねらい、との一文もはいっています。
まあ、お母さんの立場に立った親切なんだとは思いますが、ちょっと興ざめなのは否めません。
まさに蛇足という感じ。
こんな理屈無しで楽しめる絵本に、ねらいの解説をつけるなんて野暮の骨頂!
まさに余計なお世話だと思うのですが(笑)

で、私が個人的に何より気になるのは、こぐまちゃんシリーズといいながら、お料理するのは、しろくまちゃんという女の子であるということ。
主人公であるこぐまちゃんは、しろくまちゃんが作ったホットケーキを食べるだけなんですよね。
(まあ、皿洗いはしてますが)
1970年代は、まだ、お料理するのは、女の子って感じだったのかなぁ?
私は決してフェミニズム的な志向があるわけではないのですが、こういうのって、なーんか時代の負の部分を引き継いでいるような気がしてしまったのも事実。
こんなシンプルな作りの本の中にも、時代の価値観がにじみでてしまうものなんだなぁと思わずにはいられませんでした。
まあ、そんなに目くじら立てるようなことでもないんですが。。。ね(^^;

好きな絵本だけに、些細なことが気になって辛口になってしまいました。
すみません★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村