上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森美術館で開催している「六本木クロッシング」展パブリックプログラム「おやこでアート」に娘と参加してきました。
おしゃべりを始めたお子さまと、作品を見てお話しながら展示室を回るツアーです。お子さまの視点に立って、親子で一緒にお楽しみいただけます。(3歳以上 におすすめです。)』と銘打ったこの企画。
子供がいなければ、参加できない企画と思い、早速申し込んでみました。

日本の美術館は、基本的に大人を対象にした施設だと思います。
会場では、大人しくまわりに迷惑をかけないように作品を鑑賞することが求められるだけに、子連れでゆくのは気が引けます。
そのため、今まで美術館に子連れで行ったことはありませんでした。
もちろん、子供を対象とした美術展もないわけではないのですが、その多くが、対象を小学生に絞っていて、幼児を対象にした企画はなかなかありません。
そんななか、3歳児を対象としたアートプログラムは、かなり珍しいのではないかと思います。

プログラムは、親子二組に、ナビゲーターの女性が一人ついて、会場を案内するという贅沢なものでした。
時間は約一時間ほど。
挨拶をした後、子供達に、作品に触れないとか、静かにするという基本的な注意を行うところからはじまり、その後、スタッフタグをつけて、会場へと向かいます。

訳のわからない場所に連れてこられたことに、とまどい気味の娘は、興奮して若干暴走気味。
会場に入るなり、作品に手を出そうとし、ナビゲーターのお姉さんに止められていました。
それでもなんとか、お姉さんのフォローのおかげで、会場を回りきることができましたwww

ナビゲーターの女性は、作品についての具体的な解説を行うことはあまりせず、終始、子供の動きにあわせて、適宜誘導するというスタンスを取っていました。
現代アートの見方は、一義的なものではないですし、あまり解説するのも野暮というもの。
このプログラムに参加するにあたり、私の一番の不安は、子供に先入観を植え付けられることだったので、見方を強要されなかったことに、ホッとしました。

そのかわり、展示してあった現代アート作品群を、娘が理解できたとも思えないわけで、当然、楽しんでくれたかどうかも微妙な結果となってしまいました。
この結果の善し悪しはわからないのですが、私としては、現代アートを体感する経験を、早い段階で娘に与えられた事に満足しています。
そういう意味で、森美術館のこの企画には、とても感謝しています。

娘の反応がよかった作品は、映像が組み込まれた物ばかりでした。
ナビゲーターの方の話によると、最近の子供は、TV映像を見慣れているせいか、映像作品への反応がよいそうです。
娘の反応はその典型例だったようです。

特に、細長く小さいドアを開け、暗い部屋に入って映像とオブジェをみる、雨宮康介氏の「わたしたち 2010年3月19日-7月4日」という作品が、面白かったようで、部屋を出た後「もう一回行く!」と言っていました。

また、森村泰昌氏の「なにものかへのレクイエム〈独裁者はどこにいる?〉」のコーナーでは、なかなか椅子から離れようとしませんでした。
ただこれは、お昼を食べた直後だったため、眠くて動きたくなかっただけなのかもしれませんが・・・(^^;

あとは、Kato Tsubasa氏の作品も反応がよかったです。
この作品は、木製の構造物を屋外に設置し、構造物につけられたロープを大勢でひっぱって引き倒すというパフォーマンスをしている映像と一緒に、パフォーマンスに使われた巨大な箱を展示していました。
その箱をみて、「私もひっぱる~」と騒いでいたのが可笑しかったです。

私自身は、子供の面倒に手一杯で、キチンと作品をみることは出来なかったのですが、ざっとみた展覧会全体の印象を一言でいうと、閉そく感があるという感じ。

現代社会の孕む問題を問いかける、メッセージ性が強い作品が多かったのですが、現代社会が抱える不安感を、私的な行為に置き換えることで、メッセージ性を強めている作品が大半で、展示室全体が、膝をかかえてしゃがみこんでいるような気分になりました。

私の中に、今という時代が、そういう空気を孕んでいるという思いがあるから、そんな風に見えたのかもしれませんが。。。

展示されている巨大オブジェも、身近な生活の中にある物を素材とし、それをアーティスト独自の視点で、集約しくみ上げた作品が多かったです。
そのせいか、どの作品も、手作業のぬくもりは感じるものの、私的なものを見せつけられている印象が強く残りました。

Kato Tsubasa作品とか、UJINO氏のがらくたオブジェの馬鹿馬鹿しさは、単純に面白くって大好きなのですが、、、

外に向かうエネルギーがあまり感じられない分、見終わった後、ちょっと消化不良な気分になってしまいました。

ただ、そもそもちゃんと見ていないから、消化不良となった気もするので、子連れでなければ、全然違う感想をもった可能性は高いようにも思います。
こればっかりは、微妙なところですね(--;

まあ、これはこれでよい経験だったと思うので、今後も機会をみつけて、子供と一緒に展覧会へ行ってみたいと思っています。

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
土曜日の昼下がり、3才の娘をつれて、国立科学博物館で開催している「大哺乳類展-陸のなかまたち」展へ行ってきました。

哺乳類の多様な生活や体の仕組みを、博物館が所蔵する剥製や骨格標本280点をつかって紹介するという展覧会。
一度にこれだけの標本をみることができるだけでも、行く価値有りだと思います♪

娘と一緒に、大規模な展覧会へゆくのは、今回が初めて。
これまで、娘と一緒に展覧会へ行くことを、何度か考えたものの、動き回るのが仕事と言わんばかりに、どこへ行っても走り回る娘の姿を見ていると、無理矢理美術館へ連れて行けば、静かに!とか、じっとしてて!と注意をし通しになることは目に見えています。
注意するのは当然のことなのですが、そのせいで、博物館や美術館が嫌いになってしまったら嫌だなぁという不安が拭いきれず、これまで、体感型の展示をしている科学館以外は、展覧会に子連れで行ったことはありませんでした。

最近、娘は図書館でも大人しく過ごすことができるようになってきたし、今回の展覧会は、動物園の延長のような形で、子供も展示の世界に入り込みやすいのではないかと思い、思い切って、二人で出かけることにしました。

実際に行ってみたところ、会場内は、私の予想を遙かに超えた人出のため、残念ながら、子供が動物標本を思いっきり見て楽しめる雰囲気ではありませんでした。
会場内は、どこもかしこも、ずーっと人と人の間から、標本をのぞき込むという状態。
人混みにもまれること自体、娘にとって、初めての経験となってしまいました。

そんなわけで、決して鑑賞しやすい環境ではなかったのですが、会場中を埋め尽くした剥製は、圧巻の一言。
とくに骨格標本のコーナーは、迫力がありました。
今回は子連れだったため、最初から、
・人が多すぎて見ることができないコーナーはすっぱり諦める。
・解説パネルも基本読まない。
というスタンスで、会場をまわったので、内容についての理解を深めることは、残念ながら出来ませんでした。
ただ、多彩な標本群をみているだけでも、今回の展示のテーマである生き物の多様性を体感出来たように思います。

で、肝心の娘の反応ですが、やはり骨格標本がインパクト大だったようです。
帰宅後、「骨がいっぱいあったのー」とお話をしていました。
また、ハンズオンコーナーも楽しかったようで、動物の毛皮にタッチするコーナーでは、熱心にすべての動物の毛皮をさわっていました。

特別展見学後、ちょっとだけ常設展会場にも行ってみたのですが、やはりボタン操作ができる展示をみつけると、すかさず駆け寄ってボタンを押しまくっていました。
子供は、見るだけでなく、さわったり、体を動かしたり、という動作を伴う行為があるほうが、楽しいし、理解も深まるようですね。
見るという行為だけでは、物足りないのかなぁと思いながら、娘の行動を見ていました。

あと、科博本館建物の古い階段が面白かったようで、展示そっちのけで、建物探検を楽しんでいました。
所々に用いられているステンドグラスや、階段やエントランスにあった金属製の装飾部材の造形に興味を示していました。
率先して歩き回る割には、何度も「おばけでる?」と聞いてきたり、決して私のそばを離れようとしなかったところをみると、怖い物みたさという要素が強かったように見えました。
娘にとって今回の展覧会は、怖そうな物が並んでいる、不思議な建物探検いう印象だったようです。

この展覧会、GWはおそろしい人出になりそうです。
夏には「大哺乳類展ー海のなかまたち」展も開催されるそうです。
こちらも大盛況になるのではないかと思います。

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

(こどものとも0.1.2. 2008年3月号)  すすむ(こどものとも0.1.2. 2008年3月号)「すすむ」

今回も、娘が図書館で選んで楽しんでいた本についてです。
(こどものとも0.1.2. 2008年3月号)「すすむ」
一筆書きで描かれた動物たちが、それそれの生き物らしいペースですすんでゆくお話です。

一本の線で描かれた動物は、見事に意匠化されています。
また、くっきりはっきりしたカラフルな色の線で描かれていることが、よりデザイン性を高めており、子どもの目にも止まりやすいのではないかと思いました。
子供に媚びたところのないデザインが、私には好感がもてました。
こういうデザインを採用してしまうあたりが、福音館の凄さだと思います。

娘とこの本を読む時、動物を作っている線が繋がっていることに気がついてほしくて、動物の姿を作っている線を、指で辿りながら読んでみました。
娘は、その遊びがとても気に入ったようで、途中から自分の指で動物の線をたどって遊びはじめました。
自分で線をたどりきったときには、とても嬉しそうにしていました。

この遊び、楽しいことは、楽しいのですが、本が傷みそうで怖いのも事実。
さすがに図書館の本でやり続けるにはリスクが高いので、まずは返却し、近日中に、注文をかける予定です。
ただ、2008年に発行された雑誌なので、今、入手できるかは、微妙なのだけが気がかりなのですが。。。
早く、書籍化してくれることを切に願う一冊です。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村



かさぶたくん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)かさぶたくん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
(2000/01/01)
やぎゅう げんいちろう

商品詳細を見る


今回とりあげた絵本「かさぶたくん」は、福音館からきたDMを見た娘のリクエストで購入した絵本です。
福音館って、こどものともに代表される新作絵本の月刊誌だけでなく、最近は毎月、すでに書籍化している絵本の頒布もしているんですね。

 うちに届いたDMには、毎月送られてくる予定の絵本が、画像付きで紹介してあったのですが、最近、シール貼りが大好きな娘には、その画像がシールのようにみえたらしく、DMを夢中で見ていました。
そういわれてみると、DMに掲載してある本の表紙は、切手サイズのシールのようにも見えてきます(笑)
こどもの反応をみるまでは、私は、全く気がつきませんでした。

で、DMに登場するいろいろな絵本の表紙のなかで、特に娘の琴線にふれたのが、この「かさぶたくん」だったわけなんです。
まず、タイトルを読んだ瞬間、「かさぶたくんって変な名前~」と大笑いしていました。
そしてDMを見る度に「かさぶたくん」を探し出して、「かさぶたくんだー」と喜んでいました。

「かさぶたくん」の対象年齢は、3才の娘よりも高そうだったのですが、表紙を見る限り、お笑い要素が満ちていそうな雰囲気があり、私もどんな本か読んでみたくなってしまい、つい購入してしまいました。

本が届いた時、娘は本にシールがついていると思いこんでいたようで、何もついていないことに、ちょっとがっかりしていました。

その反応を見た瞬間は、このまま本には関心を示さないのでは、、、と一瞬不安になってしまったのですが、幸い、読み出すとかなり食いついてきてくれました。

本の内容は、けがをしたら出来るかさぶたの構造をかなりきちんと解説したまじめな物だったので、文字量も予想よりも遙かに多かったです。
ただ、文章の多くは、手書き風の文字でかかれており、さらにイラストも、マンガチックなラブな線だったせいか、内容の難しさと文字量の多さに、負荷を感じることはありませんでした。

娘は、登場するこどもが「いたーい」と涙を流したり、叫んだりしている場面をみては、けらけら笑っていました

かさぶたのできるしくみや、白血球とか血小板なんて言葉を、娘がどこまで理解しているのかは、かなり微妙なのですが、本の雰囲気は確実に楽しんでくれているようです。
娘の年齢を考えれば、この反応は、上出来なのではないかと思っています。

この本は、体のしくみシリースの一冊という位置づけのようです。
幸い娘も、自分の体の構造に、興味を持ち始めているようなので、これを機に、同じシリーズの絵本も読んでみようかな、と考えています。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。