もう本当にブログにアップするのも恥ずかしいほど前の話なのですが、9月末に、鎌倉文学館「かこさとしの世界」展を見にいってきました。
今回は、ツイッターでお知り合いになった大人絵本会の皆さんと一緒に行ってきました。
しかも娘も同行させていただきました。
子連れにもかかわらずペースを合わせてくださった大人絵本会の皆さんには改めて感謝!です^^

鎌倉文学館には、今回はじめていったのですが、旧前田侯爵邸の鎌倉別邸を利用した施設でした。
駒場東大前にある近代文学館もたしか旧前田邸だった筈。
前田邸は、文学とご縁があるんだなぁ・・・などとつい考えてしまいました。
建物を見ているだけでも、風情があって、なかなか素敵な施設でした。

展示も、かこさとしさんの生み出した多くの作品を、万遍なくとりそろえた見ごたえのある内容でした。
昔描かれた作品の中には、「え?」これもかこさとしさんの作品だったの!?と思う作品や、子供のころ大好きだった作品がとりまぜられていて、見ているだけで郷愁をそそられました。

かこさんの本と知らずに読んでいたのはこの本

あおいめくろいめちゃいろのめ (かこさとしおはなしのほん 1)あおいめくろいめちゃいろのめ (かこさとしおはなしのほん 1)
(1972/12)
加古 里子

商品詳細を見る


子供の頃、大好きだったのは、ご存じだるまちゃんシリーズ♪

だるまちゃんとかみなりちゃん (こどものとも絵本)だるまちゃんとかみなりちゃん (こどものとも絵本)
(1968/08/01)
加古 里子

商品詳細を見る

だるまちゃんは、子ども達が絵を描いたり遊んだりするコーナーにコスプレ用の衣装も用意されていました。
また、建物に入る前の道路には、「だるまちゃんとかみなりちゃん」に登場した、かみなりちゃん型のケンケン遊び用の落書きまで描いてありました。
勿論、娘は早速遊んでいました^^

そして「とこちゃんはどこ」も子供の頃大好きな本でした^^

とこちゃんはどこ(こどものとも絵本)とこちゃんはどこ(こどものとも絵本)
(1970/07/01)
松岡 享子

商品詳細を見る

会場には、とこちゃんのイラストが張られた柱があり、そこで娘としばし「とこちゃんさがし」も楽しみました♪

その他、かかくのともシリーズの作品や、宇宙を取り扱った作品、歴史系の作品など、多数展示してあり、会場にいる間中、かこさんの手がけた作品のジャンルのあまりの幅広さに、圧倒されっぱなしでした。

個人的に、これは私自身のために是非読まなくては!と思ったのが、この2冊

ならの大仏さま (fukkan.com)ならの大仏さま (fukkan.com)
(2006/03)
加古 里子

商品詳細を見る




万里の長城 (福音館の単行本)万里の長城 (福音館の単行本)
(2011/06/10)
加古里子

商品詳細を見る

特に、「万里の長城」は、以前、福音館の編集者の松居直さんの講演会に行った際、絶賛されていたので、ぜひ読もうと思っています。

娘の反応ですが、「はははのはなし」など、娘が読んだことのある本も、展示されていたのですが、やはり作品に対しては、関心はあまり示さず、他の方が展示を見ている間は、展示室とは別につくられていた子供が遊べるコーナーで、落書きをして過ごしていました。

また、子供向けサービスとして、スタンプラリー的なポイント巡りをするためのカードが配布されていたので、これを貰って、ヒントを探して、娘と一緒に、建物やお庭を歩き回ってみました。
こういうサービスを体験したのは、はじめてだったのですが、やはり子供は楽しいようですね。
思っていた以上の盛り上がりを見せていました。


鎌倉文学館を出た後は、昼食を挟んで、午後は同じく鎌倉にある葉祥明美術館へ行ってきました。
こちらは葉祥明さんの個人美術館で、鎌倉の雰囲気にあわせたクラシカルかつロマンティックな建物が印象的な美術館でした。
ここで娘は、展示室においてあった木馬が気に入ってしまい、ずーっと木馬で遊んでいました。
また、帰りがけに、併設されたミュージアムショップで、ウサギの絵のポストカードを買って、満足そうにしていました。

鎌倉って、ゆっくり行ってみたいと思いつつ、なぜか、なかなか行けない場所なので、今回このような形で、行くことができ、嬉しかったです。
天候にも恵まれ、素敵な遠足となりました^^
スポンサーサイト
コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 (講談社文庫)コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 (講談社文庫)
(2010/11/12)
佐藤 さとる、村上 勉 他

商品詳細を見る


コロボックル物語2 豆つぶほどの小さないぬ (講談社文庫)コロボックル物語2 豆つぶほどの小さないぬ (講談社文庫)
(2011/02/15)
佐藤 さとる、村上 勉 他

商品詳細を見る


コロボックル物語3 星からおちた小さな人 (講談社文庫)コロボックル物語3 星からおちた小さな人 (講談社文庫)
(2011/05/13)
佐藤 さとる、村上 勉 他

商品詳細を見る


コロボックル物語4 ふしぎな目をした男の子 (講談社文庫)コロボックル物語4 ふしぎな目をした男の子 (講談社文庫)
(2011/08/12)
佐藤 さとる、村上 勉 他

商品詳細を見る


コロボックル物語5 小さな国のつづきの話 (講談社文庫)コロボックル物語5 小さな国のつづきの話 (講談社文庫)
(2011/11/15)
佐藤 さとる、村上 勉 他

商品詳細を見る


昨年秋から佐藤さとるさんのコロボックル物語が、講談社文庫から刊行されています。
3か月おきに一巻ずつ刊行され、一年かけてとうとう最終巻「ちいさな国のつづきの話」が刊行されました。
(この後、別巻「小さな人のむかしの話」が「コロボックルむかしむかし」という名前で刊行されるようです)
→刊行されました



一応、コロボックルファンサイトを運営している身としては、サイトの更新をするべきなのですが、諸事情あって、現在更新ができません。
そのため、全巻刊行されたのにあわせて、簡単にこちらで、文庫版コロボックル物語を紹介させていただきます。


今回の文庫版は、表紙はすべて村上勉さんの描き下ろし新作となっています。
(帯に『コロボックルを描くのもこれが最後かもしれない』と書かれているのは、反則だと思います(^^;)

佐藤さとるさんのあとがきも、これまで書かれたあとがきの他に、文庫版のために新たに書き下ろされています。
そこには、これまでふれられていなかった作品完成までのエピソードなども盛り込まれていました。

また、解説もコロボックルを読んで育った作家のみなさんによる思い入れたっぷりな内容となっています。


さらに、講談社文庫の情報誌「IN★POCKET」誌上でも、文庫化にあわせて、2回コロボックル特集が組まれました。

IN★POCKET 2011年 2月号IN★POCKET 2011年 2月号
(2011/02/15)
講談社

商品詳細を見る


IN★POCKET 2011年 8月号IN★POCKET 2011年 8月号
(2011/08/12)
講談社

商品詳細を見る


こちらもコロボックル文庫化へ向けてのエピソードなどが盛り込まれたファン必読本となっています。
また、2011年8月号で、佐藤さとるさんと対談を行った有川浩さんは、これからコロボックルの続編を執筆されることが決まったそうです。
詳細はこちらをご覧ください。

神戸新聞ニュース

有川浩さんのブログ記事

佐藤さとるのコロボックルファンとしては、このような形で続編が生まれるということに、不安を感じないわけではないのですが、佐藤さとるさんが認めたことである以上、有川さんにしか描くことのできない、新たなコロボックルが誕生することを楽しみに待ちたいと思っています。

千葉市美術館へ行った帰り、新宿駅でスズキコージさんの展覧会が開催されているのに気がつきました。
場所は、新宿コニカミノルタプラザ。去年、酒井駒子さんと山村浩二さんの展覧会を開催していたところです。

今回は、スズキコージさんのデビュー作「ゆきむすめ」と直近の作品福音館の月刊誌たくさんのふしぎから刊行された「重さと力」「エネルギー」の原画と、オブジェなどが展示されていました。

「ゆきむすめ」はデビュー作とは全く知らず見ていたのですが、スズキコージさん独特のタッチで描かれた少女像が、なんとも可憐でした。
全く古びた感もなく、見た後に、これがスズキさんのデビュー作だったと知り驚きました。
それにしても、スズキコージさんに「ゆきむすめ」を最初に依頼した編集者って凄いセンスをしていると思います。まさに慧眼!「ゆきむすめ」のような、比較的静的な世界を、エネルギッシュで動的な作風のスズキコージさんが描くというミスマッチ感が、なんとも新鮮な作品でした。

ゆきむすめ?ロシアの民話ゆきむすめ?ロシアの民話
(2005/03)
岸田 衿子

商品詳細を見る


一方、最新作のかがく絵本2冊は、コラージュがとても効果的な作品でした。
「エネルギー」はすでに読んでいた作品だったのですが、原画の方が、ものの質感がはっきりして、立体感が感じられる分、迫力がありました。
つねに新しい技法にチャレンジするパワーを感じる作品でした。

月刊 たくさんのふしぎ 2010年 04月号 [雑誌]月刊 たくさんのふしぎ 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/03/03)
不明

商品詳細を見る



月刊 たくさんのふしぎ 2011年 06月号 [雑誌]月刊 たくさんのふしぎ 2011年 06月号 [雑誌]
(2011/05/02)
不明

商品詳細を見る


さらに、ラッキーなことに、私が行ったときには、なんと、ご本人によるライブペインティングを行っている最中だったんです!
ただ、残念なことに私がいた時は、ちょうど取材中で、作品を描く現場をみることはできませんでした。
それでも、絵の具だらけのつなぎを着て、自らが描いたと思われるカラフルな椅子に座りながら、話すスズキさんを拝見することができただけでも、大満足です(ミーハーですみません☆)

ライブペインティングは、11月6日で終了してしまったようですが、作品は18日の会期終了まで展示してあるようです。
完成した作品を見に、もう一度行きたかったのですが、残念ながら無理そうです(涙)
完成した作品、見たかったなぁ。。。

あと、会場で知ったのですが、今年もギャラリーゑいじうで、12/13~12/25までスズキコージ展開催されるそうです。
タイトルは「サヨナラゲンパツ!グッバイ東京!」
こちらもぜひ行ってみたいと思っています。

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

ツイッター経由で知った「ナカダイ西麻布工場」で、開催された子供向けワークショップに参加してきました。

ナカダイ株式会社は、総合リサイクルを行う会社で、廃棄物を、社会の中で生まれた「ソーシャル・マテリアル」と捉え、大量に保管しています。この「ソーシャル・マテリアル」を用いて、「廃棄」を新しい価値の「生産」へと転換する21世紀型モノづくりの拠点として、「モノ:ファクトリー」を立ち上げたのだそうです。

今回参加したイベントもそのような趣旨に基づいて、企画されたワークショップです。

会場内には、ナカダイさんが「ソーシャル・マテリアル」と定義した廃材部品と、それを用いてアーティストの皆さんが作ったオブジェやアクセサリーなどの作品が、素敵にレイアウトされていて、西麻布らしいオシャレギャラリーを作り上げていました。

普段、そういうオシャレ空間には縁遠い私なので、最初、会場を見たときには、入るのがためらわれたのですが、所謂ギャラリーと違って、つなぎの作業着を着たスタッフの方が、あちこちにいらして、典型的な一見さんの私達を暖かく迎えてくださいました。
そのため、身構えていたのはホンの一瞬で、後は、アットホームな雰囲気の中、伸び伸びとワークショップを楽しむことが出来ました。

今回参加したワークショップは「こわす」と「つくる」の2部構成となっていました。
時間が2時間となっていたので、ちょっと子供には長いかな、と心配していたのですが、終わってみれば、短すぎるくらいでした。
娘も全く飽きることなく2時間みっちり楽しんでくれました。


まず、最初に私達が取り組んだのは、古いデスクトップ型PCの解体作業。

最初、娘は、PCの中身を興味津々で眺めた後、配線などを引っこ抜いていました。
ただ手作業で行うことが出来る解体作業には、限界があるため、しばらくすると、スタッフの方がいろいろな工具を出して来てくれました。

娘は、スタッフの方が出してくれた、沢山の道具の中から、マイナスドライバーをロックオンし、マイナスドライバーを、テコの要領で、キーボードのキーの下に押し込んで、キーを取り外す作業に熱中しはじめました。
キーが、外れる度にポンポン跳び上がってあちこちに飛んでいってしまうのが、笑いのツボに入ってしまったらしく、娘は、終始、大笑いしながら、作業を行い、結局、すべてのキーをキーボードから外してしまいました。

あまりにキーが勢いよく跳び上がるので、この作業の間中、私が、キーを押さえるのに必死だったのは内緒ですw

そのあとは、ニッパーで筐体の部品を切ろうとしていましたが、これはさすがに上手く行かず、筐体部分の分解は殆ど進まないまま、時間終了となりました。

その次に行ったのが、分解した部品を使ったオブジェ作り。

自分たちで分解した部品をグルーガンという接着剤で固定してなにか作ってみましょう。というだけのゆるいくくりで、創作活動を行いました。
何を作っても良いし、最終的には、会場内においてある「ソーシャル・マテリアル」部品も自由に使っていいことになったので、娘は、会場内においてあるおもしろそうな部品を、目に付く限りかき集めていました。
この自由さが、娘の性格には合っていた気がします^^

部品の接着に使うグルーガンは、熱でプラスティックを溶かして部品を固定する器具なので、かなり熱く、恐がりの娘は、全く触ろうとしませんでした。
そのため、接着作業は、娘の指令に基づき、すべて私が行ったのですが、とにかく構造に無理がある無茶振りが多くて参りました。
娘は、最終的に、豪快な大型作品を2点ほど仕上げて、満足そうにしていました。

できあがった作品(がらくた?)は、会場で貰った紙袋に無理矢理いれて、家に持って帰ったのですが、残念ながら、家に着いた頃には、一部壊れてしまっていました。
それでも、本人的には、満足だったようで、帰宅後、今、娘が気に入っている
Zoobles (ズーブルズ) という動物型のオモチャを、作ったオブジェに乗せて、「ここ、ズーブルズの公園なんだよ」と言いながら、一人遊びをしていました。

今回のイベントには、予備知識もなく、なんとなく参加してしまったのですが、思いの外、娘が楽しんでくれたので、参加できて、ラッキーだったと思っています。

やはり5歳になると、いろんなことへの対応が、随分スムーズになるものですね。
美術館や博物館で行うイベントで、5歳以上という区切りが多い訳がわかった気がします。
今回の娘の反応をみて、ようやくいろんなイベントに参加してゆく勇気がつきました。
今後は、もっと積極的に、子供向けワークショップ情報をチェックして、娘に喜んで貰えるイベントを探してゆきたいと思っています。

最後に、今回唯一にして最大の失敗は、私に余裕がなくて、全く写真をとれなかったことです。
・・・っていうか、カメラすら持っていかなかったのは、完全に、私のミスですね(^^;
今後、イベントに参加する際には、カメラを持参することを習慣づけなければ、思っています。


Zoobles (ズーブルズ) チェビーZoobles (ズーブルズ) チェビー
(2011/03/17)
セガトイズ

商品詳細を見る


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
国立新美術館で開催している「モダン・アート,アメリカン ―珠玉のフィリップス・コレクション―」に行ってきました。

この展覧会、アメリカ美術の個人コレクターの収集したコレクションの中から、110点の作品を集め、19世紀後半のアメリカン・モダニズムの時代を経て、ポロック、ロスコに代表される戦後のアメリカ絵画隆盛期にいたるアメリカ美術の軌跡をだどる内容となっていました。
個人のコレクターの『眼』によって選ばれた作品が集められているせいか、通史的に、具象風景画や肖像画、抽象画まで多様な作品を展示しているにもかかわらず、会場全体のトーンが均一で、統一感のある内容となっていました。
個人の眼をとおしてみたアメリカン・アート・ヒストリー展だったと思います。

当初私は、この展覧会に一人で行くつもりだったのですが、ある時、駅で娘が、この展覧会のポスターに登場するエドワード・ホッパーの「日曜日」という作品をみて、「このおじちゃん好き!」と珍しく感想を言ったので、それならば、是非、実物を見て欲しいと思い、一緒に行くことにしました。

ただ、娘は、日が経つにつれて、この作品に興味を示したことをも忘れてしまったようだったので、そうなると(これまでの経験から言っても)「行こう!」と誘っても、「嫌だ!」と拒否られてしまうと可能性が高いと思い、「ママが見たいから展覧会に付き合ってくれない?」と誘ってみたところ「いいよ!」と快諾してくれました^^v

この作戦、思いの外成功しました!
娘に、付き合ってあげているという気持ちがあるせいか、はたまた、5歳になって、ちと大人になったせいか、小一時間あまりかけて、ちゃんと作品を見てくれました。
私がちゃんと展示を見たいという下心で、かなり下手に出てみたのですが、娘に多少なりとも気配りの気持ちが生まれていることを実感して、逆に感動してしまいました(親バカ☆)

せっかくなので、娘の反応がよかった作品を、親ばか記録としてメモしておきたいと思います(すみません)

まず、一番熱心にみていたのが、アルフォンソ・オッソリオの「母と子」
この作品、アクションペインティング的な技法を取り入れた抽象画なのですが、タイトルに気がついた娘は、絵の中から、一生懸命、母と子供の姿を探そうとしていました。

また、カルダーのモビールに触ろうと跳び上がっていたのは、お約束な感じで、微笑ましかったです。

で、この展覧会に一緒にいくきっかけとなった、エドワード・ホッパーの「日曜日」という作品への娘の反応ですが、作品を見つけた瞬間、ポスターの絵だ!と気がついて、もっと高い位置でみたいと、私に抱っこをねだってきました。
ただ、ちょっとみて、絵の中のおじさんが煙草を吸っているのに気がつくと「悪い絵だったんだね。怖い」と言い出し、更に「このおじちゃん、死んじゃうの?」と心配しはじめたのには、つい笑ってしまいました。
一体どこで、ここまで徹底した煙草=毒という知識を身につけたのかは、謎です。

休憩コーナーで、大きなソファーに座って遊び始めたり、見ている途中で、しばしばだっこをせがんできたり、多々脱線もあったし、まだまだスムーズに鑑賞したとは言い難い状況ではありますが、それでも、新美術館の広い会場を、殆どまわりに迷惑をかけることなく、二人で回ることが出来ただけでも、大成功だったと自負しています^^

この調子で、これからも、娘と一緒にいろいろな展覧会に出かけられたらいいなぁと思っています。

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村