上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君や 僕に ちょっと似ている君や 僕に ちょっと似ている
(2012/08/10)
奈良美智

商品詳細を見る


横浜美術館で9月23日まで開催していた「奈良美智:君や 僕に ちょっと似ている」(公式ホームページはこちら)に行ってきました。

今回、私が娘を連れて横浜美術館へ行ったのは、実はこの展覧会へ行くのが目的だったわけではなく、横浜美術館で定期的に開催している「親子のフリーゾーン」に参加するためでした。

ところが、この日は奈良美智展が、中学生以下の子供同伴だと大人も入場料が半額という特別な日だったそうで、「親子のフリーゾーン」は恐ろしい混雑となっており、私たちが会場についた時には、入場制限がかかり、イベントに参加することはできませんでした。

「大きな紙に絵具で落書きをしよう!」と言って、娘を連れてきたため、この時点で娘のテンションは、ダダ下がり。
そうはいっても、ここまで来て、なにもしないで美術館を後にするのも切なすぎるので、娘をなだめすかして、奈良美智展会場へと向かいました。

娘は、奈良さんの絵は「ともだちがほしかったこいぬ」という絵本でなじみがあるものの、「子犬の絵を描いた人の展覧会を見ようよ」と言っても、まったく魅かれない様子。
ともだちがほしかったこいぬともだちがほしかったこいぬ
(1999/11)
奈良 美智

商品詳細を見る

会場に入ったあとも、「早く出ようよー!」と言い続け、会場内には正味30分もいられなかったと思います。

奈良さんが横浜美術館で個展を開くのはこれが2回目。
前回の展覧会からもう10年が経っているのにも驚きますが、前回にくらべると、手作業の痕跡がはっきり残る立体作品や、透明感の漂う淡い色彩の人物像など、彼の描く少女たちが、天使のような聖性をまとい始めていることにおどろきました。

多くの作品が、さなぎから羽化がはじまる瞬間というか、あるいは、朝日をあびた花が、陽の光に向かって頭をもたげる一瞬をとらえたかのような、透明感をまとっていることに驚きました。

奈良さんの描く少女たちは、もう十年前のいたずらっ子のままではいられなくて、一歩ずつ歩み続けているんだなぁとちょっとしみじみしてしまいました。

ただ、個人的には、いろいろな欲望をむき出しにして、とぎすまされた獣のような瞳をしていた女の子たちの直接的な表現のほうが、ときめきはあったかも。
特別展会場のあとに続く、常設展のコーナーの一部に、初期の奈良美智の作品が展示してあったのですが、その目に宿る強さをみて、その思いは一層強まってしまいました。

その後、ツイッターでお知り合いになったKAKOさんが、偶然この日に、同じ展覧会場にいらしていたことが判明したので、カフェで合流して軽くランチをとりました。
カフェの壁にも、奈良さんの作品がいくつか展示してあり、ここでKAKOさんと合流しなければ見逃していた筈だったので、見ることができてラッキー♪でした。
会場では終始不機嫌だった娘も、優しいKAKOさんに遊んでもらい、ランチを食べたことで、多少機嫌が直った様子だったことにも、ホッとしました。

慌ただしい時間でしたが、終わってみるとそれなりに充実したひと時だったように思います。
KAKOさん、ありがとうございました!

スポンサーサイト
よつばと! 11 (電撃コミックス)よつばと! 11 (電撃コミックス)
(2011/11/26)
あずま きよひこ

商品詳細を見る


5歳になって以降、娘と本との関わりにおいて、一番大きな変化は、黙読を身につけたことだと思います。
で、黙読を習得するのに大きな役割をはなしたのが、なんと漫画でした。

娘が最初に読んだ漫画「よつばと! 」は、5歳の女の子よつばの日常を淡々と描いたいわゆる『日常系』漫画です。

この作品が刊行されたのは、娘が生まれる遥か前、2003年のことです。
最初は知人に借りて読みはじめたのですが、よつばの一挙一動がツボで、最近は自分で、単行本を買って読むようになりました。
なかなか単行本が出ない読者泣かせの作品なのですが(笑)、昨年11月に久々に最新刊が発行されました。
で、さっそく購入し読み始めたら、あら、いつの間にか、娘は、よつばの年になっていたのねーとびっくりしました。

私が、何も考えず娘のわきで読んでいたら、娘が珍しく私が読んでいる本に興味をしめしました。
それならと、同い年の女の子が出ている本だよーと言って手渡したら、ものすごく面白がるではないですか!
最初は、私に読んでーっと言ってきていたものの、だんだんまどろっこしくなってきたようで、しばらくすると一人で黙々と読み始めました。
そしてよつばのすることを、私にいろいろ話してくれたり、よつばの絵をかきはじめたり、読み始めてから2か月ほどは、空前のよつばブームが我が家を席巻することになりました。

この作品の何がこんなに娘を引き付けたのか、私なりに考えてみたのですが、まず自分と同じ年齢の女の子が主人公であったことが、大きな要因だったのではないかと思います。
また、急激な場面転換がなく、時系列がゆっくりと日常どおりに進んでいく点も、子供には混乱を招かず読みやすかった気がします。
さらに、絵も非常に丹念に細部まで描かれているうえ、極端なデフォルメがないことも、娘が世界観に入り込みやすかった要因ではないかと感じています。
あと、娘が読みだして、初めて気が付いたのですが、この作品、漢字に全部ルビがふってあるんです。
これは、娘が一人で読むの上で、とても読みやすかった要因となったのは、間違いないと思います。
最終的には、家にある巻はすべて読破してしまいました。
続きものとはいえ、一話完結の形式をとっているため、どこからでも読めるのも、娘には幸いしたようです。

特に牧場に行くお話がお気に入りのご様子で、この本を読んで以来ずっと牧場に行きたいといっているので、6歳の誕生日にあわせて牧場に行こうかと思っています。
よつばと! 7 (電撃コミックス)よつばと! 7 (電撃コミックス)
(2007/09/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る



あともう一つ、娘が最近とても気に入っている漫画が、逢坂みえこさんの子育てまんが
「育児なし日記vs育児され日記」です。

こちらもきっちりした線で描かれた短編漫画です。
どこからでも読める上、赤ちゃん目線でかかれたエピソードがあるのが、娘は面白かったようです。
この本は、漢字にルビは振ってないのですが、娘は意味を類推して読んでいるようです。
また言い回しが大人向けで難しい部分については、私に意味を聞いてくることもあるので、この本のおかげで娘の語彙が確実に増えた気がします。

育児なし日記vs育児され日記育児なし日記vs育児され日記
(2008/10/15)
逢坂 みえこ

商品詳細を見る


私としては、こんなに早くから漫画を読ませる気はなかったのですが、親が楽しそうに読んでいると、子供は興味をしめすものなんですね。
ひょんなことからはじまった漫画読み、娘にとっては、黙読が身についたこと、漢字にも興味を示すきっかけになってくれた点において、いい効果があった気がしています。

ヲタ度の高い子供になるかもしれませんが(^^;そのリスクを払っても、この調子で娘が漫画好きに育って、親子で漫画を語れる日もくるといいなぁ♪と内心楽しみでならない母なのでした♪♪
うらわ美術館で9月2日まで開催していた「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 ―広がる絵本のかたち」展へ行ってきました。

スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年ごとに開催される「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」は 、歴史のある世界最大規模の絵本原画コンクールとして知られています。
実際に出版された絵本の原画を審査の対象にするため、各国の特色が際立つのが特徴です。

2000年代に入ってからは、コンテストの受賞作の原画を紹介する展覧会が開催され、このコンクールのグランプリ作品とこの展覧会に出品した日本人作家の作品プラス絵本に関する特別展示という形で、日本各地に巡回しています。
うらわ美術館もその巡回先の一つで、私もできるだけ足を運ぶようにしています。

今回の展覧会は、賞をとった作品群も見ごたえがありましたが、なんといっても見どころは、特別展示の日本のしかけ絵本のコーナーでした。
なんと、江戸末期から明治初期につくられた和本のしかけ絵本からはじまり、大正・昭和時代につくられたものまでとりそろえて仕掛け絵本の受容史を紹介いました。
和本の時代の仕掛け本など、これまで、見たことはもちろん、存在すら知らなかったのでびっくりしました。

とくに郷愁をそそられたのは、昭和40年から50年代頃に出版されたしかけ絵本のコーナー。
ここでは、仮面ライダーの仕掛け絵本や、アポロ宇宙船が月に行った頃につくられたアポロ宇宙船が月に行った時の本や、むかしのムーミンのとびたす絵本が展示されていました。
このコーナーでは、すべてのページを見ることが出来ないことに配慮して、動画で全頁を紹介してくれていたのも楽しかったです。

最近のものだとスズキコージさんや宇野亜喜良さんの「りゅうのおくりもの―江ノ島妖怪伝 」など妖怪をテーマにしたポップアップブックシリーズが目を引きました。
このシリーズ欲しい!と思ってあとで調べてみたのですが、絶版にちかい状態のようです。
本当に、絵本の寿命って短い。。。切ない話です。
そしてなんといっても、駒形克己さんの3D絵本の洗練されたセンスが光っていたと思います。
こちらも紹介しようと思ったら、アマゾンの流通経路には乗っていない本が多いらしく、ほとんど検索できませんでした。
今回の展示には使用されていませんでしたが、参考までに駒形さんの作品をご紹介します。

What color?(このいろなあに)―Learning for children (Little eyes (6))What color?(このいろなあに)―Learning for children (Little eyes (6))
(1991/04)
駒形 克己

商品詳細を見る



1 to 10(いち・に・さん…)―Learning for children (Little eyes (5))1 to 10(いち・に・さん…)―Learning for children (Little eyes (5))
(1991/04)
駒形 克己

商品詳細を見る


しかけ絵本というとなんとなく、海外の作家さんが手がけたものという印象が強かったのですが、日本に限定しても、これだけの質量が流通しており、しかも通史的に移り変わりをみせてくれる贅沢さに驚きました。
このコーナーだけでも一つの展覧会ができるのに!と思ったくらいです。
自分の手で触れる本が用意してあるもの嬉しい配慮でした。

あわせて、最先端の3D絵本という位置づけなのか、ipad用につくられた電子絵本を体験するコーナーも作られていました。
今回のグランプリ作品チョ・ウンヨンさんの『はしれ、トト!』の電子版もこのコーナーでみることができたのですが、中途半端に音や動きが盛り込まれていて、却ってそれが煩わしく感じました。
このあたりは、絵本になにを求めるかにもよるのでしょうが、紙媒体と、動くことを意識した電子絵本書籍は、別物と考えたほうがいいように感じました。
むしろ、絵を動かすとか凝ったことはせず、単純なデータ移植をしたほうが、絵本としての興がそがれないかもしれないと思ったくらいです。

今後、電子媒体が発達してゆくのは間違いないと思うので、絵本もこの流れに乗ることが求められるのは、必須でしょう。
私も、絵本は紙でなくては!などと保守的なことは言わず、電子版の方が楽しいものが出たならば、楽しめるようでありたいとは思っているのですが、この展覧会で紹介されていたアプリをみる限りでは、紙と電子版という媒体の隔たりの大きさを感じずにはいられませんでした。
過渡的な段階で断定するのは早計かもしれませんが、絵本と電子書籍って、案外、テレビゲームとアナログボードゲームのように、それぞれ独自の発展を遂げてゆくことになるんじゃないか、という気がしました。

今回の展覧会、特集コーナーがあまりにも充実しすぎていて、ブラティスラヴァ世界絵本コンクールの作品のことを忘れそうなくらいでしたが、それなりに面白い作品も登場していました。
個人的には、モンドリアンの作品をモチーフにした
Coppernickel Goes Mondrian (Coopernickel ; Artist Bribute Series 1st)という作品が、おもしろかったです。

Coppernickel Goes Mondrian (Coopernickel ; Artist Bribute Series 1st)Coppernickel Goes Mondrian (Coopernickel ; Artist Bribute Series 1st)
(2012/05/08)
Wouter Van Reek

商品詳細を見る

これ、早く日本版が出てくれないかなぁ。
子供向けのアート絵本にありがちな教育色を感じることなく、モンドリアンの配色の面白さを体感できる良書だと思いました。
あとは、ペテル・ウフナールさんの『ピーターパン』も、東欧的な配色がすばらしかったです。

うらわ美術館ではすでに終わってしまっていますが、9月8日から千葉市美術館に巡回しています。
こちらのHPには画像も豊富に掲載されていますので、そちらも是非ご覧ください。
娘が来月6歳になるのを前に、この一年でよく読んでいた本を振り返ってみたいと思います。
今日は、5歳になった頃から、2ヶ月近く、毎晩読み続けた島田ゆかさんの本。

きっかけは、私が定期的に参加している大人絵本会というツイッターで一つの本について語り合う会のお題に島田ゆかさんの「うちにかえったガラゴ」がとりあげられたことでした。

うちにかえったガラゴうちにかえったガラゴ
(2002/06)
島田 ゆか

商品詳細を見る


実は、島田ゆかさんの本、よく本屋さんなどで目にしていたものの、キャラ物絵本という感じがして、積極的に手に取ろうという気がおきないまま、スルーしていました。
ところが、2011年の春にこの人の展覧会を見る機会があり、そこで、細部まで行き届いた物語の作りを目の当たりにして、認識を改めた次第です。
ただ、この時は、娘の反応はさほどでもなく、結局本を買うまでには至らず、図書館で借りて読んだだけで終わってしまいました。

大人絵本会で取り上げられたのを機に、娘の反応があまりよくなくとも、私の手元に置いておきたいなと思い、思い切って、一気に購入してしまいました。
すると今回は、前回と打って変わって、娘も大受けで、しばらくの間、日替りで島田ゆかさんの本ばかり読む羽目になりました。

この時買ったのはこの作品

バムとケロのにちようびバムとケロのにちようび
(1994/09)
島田 ゆか

商品詳細を見る



バムとケロのそらのたびバムとケロのそらのたび
(1995/10)
島田 ゆか

商品詳細を見る



バムとケロのさむいあさバムとケロのさむいあさ
(1996/12)
島田 ゆか

商品詳細を見る



バムとケロのおかいものバムとケロのおかいもの
(1999/02)
島田 ゆか

商品詳細を見る



バムとケロのもりのこやバムとケロのもりのこや
(2011/01)
島田 ゆか

商品詳細を見る



かばんうりのガラゴかばんうりのガラゴ
(1997/11)
島田 ゆか

商品詳細を見る



うちにかえったガラゴうちにかえったガラゴ
(2002/06)
島田 ゆか

商品詳細を見る


こうやって眺めてみると壮観ですね(^^;
この本、すでに読んだ方は、よくお分かりかと思うのですが、細部にいろいろな描き込みがしてあって、それが、ほかの物語に続いていたり、本筋とは別のお話が脇で繰り広げられていることがあるんです。
そのため、一読しただけでは、物語のすべてがわかりません。

もちろん、本筋も面白いのですが、むしろ細部に隠された物語を探すのが楽しい本なんです。
娘は、そのことに気がついた瞬間から、ここでは、この子がこんなことしてた!とか、ここにこんな絵がある!と発見するのが楽しくなってしまったようです。
探すことで、本を読むのも盛り上がり、こちらも飽きることなく、読み続けることができました。

結局二ヶ月近く、毎晩島田ゆかさんの本を読んでいたのではないでしょうか?
今でもたまに、読むことがありますし、娘が一人で読んでいることもあるようなので、飽きる気配が全くない本、と言っても過言ではないと思います。

私の経験から言って、なんども繰り返して読むことで、より楽しさが増す本なので、購入して手元においておくのがオススメのシリーズです。
「バムとケロの小型えほんボックス」というミニ本セットもあるようなので、こちらで買うのもいいかもしれません♪

バムとケロの小型えほんボックスバムとケロの小型えほんボックス
(2011/11/01)
島田 ゆか

商品詳細を見る


あと、大人の方にオススメなのが、
絵本のひみつ―絵本の知と読み聞かせの心絵本のひみつ―絵本の知と読み聞かせの心
(2010/08)
余郷 裕次

商品詳細を見る


この本、子供向けの本の面白さを論説している本なのですが、バムとケロシリーズの種明かしにかなりの頁を割いています。
これも経験談ですが、この本を読んだ上で、バムとケロシリーズを読むと、子供の半歩先をゆくペースで謎解きに参加でき、子供の尊敬を勝ち得ることができると思います(笑)


来月10月で、とうとう娘は6歳になります。
もうそんな時期になってしまったにもかかわらず、今年は、娘と一緒に読んだ本について、一度もブログを書いていないことに気がつきました。
カテゴリーまで作っておいて、それはないだろうと思い、今更ながら、更新することにしました。
今日は、まず、娘が保育園で読んで、欲しいとおねだりしてきた本をご紹介します。

最初にご紹介するのは、「ぴっけやまのおならくらべ」

ぴっけやまのおならくらべぴっけやまのおならくらべ
(2003/06/01)
かさい まり

商品詳細を見る


とうとう娘も所謂「下ネタ期」に突入したんだと実感した本でもあります。
保育園で読んで面白かったから買って!と最初におねだりされた本が下ネタ本か。。。とがっかりしたものの、読んだ本を欲しいといわれたのは、はじめてのことだったので、娘の気持ちを尊重して購入しました。
が、実際に読んでみると、絵がすごく洗練されている本であることに驚きました。
太い大胆な線と鮮やかな色で構成された絵は、そのデザインセンス故に、見飽きません。
しかも内容もユーモラスで微笑ましい本でした。
娘に教えてもらわなければ絶対にスルーしていたと思うので、私にとってもよい出会いとなりました。

それから数ヶ月後に欲しいといった本が、「くもさん おへんじ どうしたの」

くもさん おへんじ どうしたの (エリック・カールの絵本)くもさん おへんじ どうしたの (エリック・カールの絵本)
(1985/11)
エリック=カール

商品詳細を見る


これは、絵本作家の中でも大御所中の大御所、エリック・カールさんの絵本。
この本を買ってはたと気がついたのですが、エリック・カールさんの本を買うのは初めてのことでした。
別に嫌いなわけではなかったのですが、定番すぎて、つい意識から離れていたとしかいいようがありません。
自分でもびっくりしました。

くもさんが、いろいろな動物に話しかけられても返事もせず、黙々と巣を作る姿を描いているこの本の最大の特徴は、くものつくる巣が、立体的に印刷されていることだと思います。
触って楽しめるのが、娘にとっては新鮮だったのかもしれません。
そういえば娘は、小さい頃、点字絵本「おでかけまるちゃん」が好きだったことを、懐かしく思い出しました。

ユニバーサルデザイン絵本【おでかけまるちゃん】点字付きユニバーサルデザイン絵本【おでかけまるちゃん】点字付き
()
Unknown

商品詳細を見る


次におねだりしてきたのが、「チャレンジミッケ! 8 おもちゃ とっきゅう」

チャレンジミッケ! 8 おもちゃ とっきゅうチャレンジミッケ! 8 おもちゃ とっきゅう
(2011/11/09)
ウォルター ウィック

商品詳細を見る

この本は、一緒に本屋さんに行った時、「保育園で見たら面白かったから、買って!」持ってきたのですが、結局、家ではあまり読むことはありませんでした。
どうやら衝動買いだったみたいです。

最後にびっくりしたのがこの本。「はちみつができるまで 」

はちみつができるまで (しぜんにタッチ!)はちみつができるまで (しぜんにタッチ!)
(2011/02/01)
榎本 功、片野 隆司 他

商品詳細を見る

ある日、急に娘が「私は大きくなったら、養蜂家になる!!」と言い出し、何事かと思ったら、保育園でこの絵本を読んで、養蜂家へのあこがれを募らせたことが判明しました。
この本から仕入れたと思われる蜂に関する雑学を家でもたびたび披露してくれたので、そこまでおもしろがっているなら、買わなくては!と思い、購入しました。

この本は、典型的な写真絵本で、蜂の生態と蜂蜜が作られる過程を丹念に描かれています。
最近娘は、実学指向が芽生えてきたようで、まめ知識が披露できる類いの本が楽しくて仕方ないようです。
この本の最後に、いろいろな花から採った蜂蜜が紹介してあるのですが、その中の百花蜂蜜が食べたい!としばらく言っていました。
ようやく、百花蜜を入手したときには、とても嬉しそうでした。

最後にこの実学指向の延長で、欲しがったのが「楽しく遊ぶ学ぶ げんきの図鑑」
楽しく遊ぶ学ぶ げんきの図鑑 (小学館の図鑑 プレNEO図鑑)楽しく遊ぶ学ぶ げんきの図鑑 (小学館の図鑑 プレNEO図鑑)
(2012/02/24)
中村 裕

商品詳細を見る

この本は、完全に一人で好きなようにページを繰って読んでいました。
読んでは、本から仕入れた雑学を私に披露することを喜んでいました。

そういえば、この本に、注射がいたくなくなるおまじないが、書いてあったようで、先日、予防接種に行ったときには、一生懸命、その呪文と唱えていたのが、可笑しかったです。

と、まあ、自分で選んだ本は、このくらいでしょうか。
次回は、毎晩読んでいた本のなかから、一時期毎晩のように読んでいた本をご紹介したいと思います。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。