上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「レオ・レオニ 絵本のしごと」展へ行ってきました。

レオ・レオニは、アメリカで活躍した絵本作家です。
グラフィックデザイナーとして活動した後、孫のために作った「あおくんときいろちゃん」で絵本作家としてのキャリアをスタートさせ、生涯で40冊ほどの絵本を作ったそうです。
あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)
(1984/01)
レオ・レオーニ

商品詳細を見る


「あおくんときいろちゃん」は、コラージュをつかった抽象的な表現が驚きをもって迎えられたそうですが、今見ると抽象的というよりもむしろ素朴な表現を用いた作品と感じられる位です。
これは、彼が用いた抽象表現が、その後絵本作品の表現としていかに定着しているかという現れなのかもしれません。
残念ながら、今回の展覧会には、この作品は出品されていませんが、レオ・レオニの作品を語る上で、この作品は欠かせないと個人的には思っています。

あれ?早速話が展覧会から脱線してしまいました(^^;
この人の作品には、個人的にいろいろ思い入れがありすぎて、これから先も、かなり話が横にそれてしてしまいそうな予感がするのですが、とにかくできるかぎり、展覧会の感想に絞って話を進めて行きたいと思います。

今回の展覧会では、彼の絵本原画や資料約100点と絵本以外の彫刻や仮面の板絵などが展示してありました。

メインはもちろん絵本原画なんですが、個人的には、会場ではコラム的に取り上げられていた、空想上の植物をモチーフにして作られた「平行植物」シリーズに属する版画や彫刻のシュルレアリスム的な表現が一番印象に残っています。
なんというか、彼特有の無機質な空気が極限まで高められた作品群で、その独特な世界観がすばらしかったです。
実は本もでているようです。これは早々に買うつもりです。

平行植物 新装版平行植物 新装版
(2011/01/31)
レオ・レオーニ

商品詳細を見る


この世界観が絵本になったかのような印象をうけるのが「はまべにはいしがいっぱい」

はまべにはいしがいっぱい (レオ=レオニの絵本)はまべにはいしがいっぱい (レオ=レオニの絵本)
(2012/04/06)
レオ=レオニ

商品詳細を見る

モノトーンで描かれた石の細密表現が素晴らしい作品です。

この流れで描かれたとおもわれるタブロー「アスファルトのチュウイングガム」は特にすばらしかったです。
個人的には、今回会場に展示してあった作品の中では、これが一番ツボに入りました。

近年のグッズ攻勢で、『レオ・レオニ=ねずみちゃん』 と思っているような人には、ぜひ、これらのハードな作品を見てもらって、彼の凄さがどこにあるかを感じてもらいたいものです。

で、メインの絵本原画ですが、こちらはこちらで見応え満点でした。
なによりも思っていた以上に、作品ごとに様々な技法を用いて描いている事に驚きました。
もっとも多く使われていたのはコラージュでしたが、色鉛筆画や油彩画、テンペラで描かれた作品もありました。

私がレオ・レオニの作品に最初に触れたのは、子供の頃なので、これまで技術的なところや、絵の様式などには全く興味ももたず、ひたすら作品世界を味わっていました。
原画をみて、こんな風にこの絵は描かれていたんだ!と初めて客観的に、彼の作品を見直すことがができたような気がします。

初期の作品である「フレデリック」や「ひとあし ひとあし」などのコラージュで作られた作品は、台紙が変色し、一部貼付けていたパーツがとれているところも見られましたが、それでもなお、作品が精密に作り込まれている事がダイレクトに伝わってきました。

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなしフレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし
(1969/04/01)
レオ・レオニ

商品詳細を見る



ひとあしひとあし―なんでもはかれるしゃくとりむしのはなしひとあしひとあし―なんでもはかれるしゃくとりむしのはなし
(1975/04/01)
レオ・レオニ

商品詳細を見る


また弟が大好きだった「アレクサンダとぜんまいねずみ」のコラージュに、和紙や千代紙の桜が使われていたのも驚きでした。
子供のころには、そんな細部なんてどうでもいいくらい話にのめり込んでいたってことなんでしょうね。
タブローとして額に掛けられている作品が、本とは違ってひどく他人行儀に感じられました。

アレクサンダとぜんまいねずみ―ともだちをみつけたねずみのはなしアレクサンダとぜんまいねずみ―ともだちをみつけたねずみのはなし
(1975/04/01)
レオ・レオニ

商品詳細を見る


...と、まあ、こんな感じで、展示してあった作品一つ一つについて、いくらでも感想がかきたくなる位、懐かしい作品の原画が目白押しの展覧会でした。

もう、この際だから思い切って、自分語りをしてしまいますが、彼の作品は、今は亡き弟が、子供の頃大好きだったんです。
弟が熱中するのにつられるようにして、私もその世界にはまって、二人で読んでいた作品ばかりなので、どの作品を見ても弟との思い出が蘇ってきてしまいます。
この展覧会は、本来、弟が見るべきものだった気がして、私が一人で見ているのが申し訳ない気分になりました。
本当に、これを見たら弟はさぞ喜んだだろうなぁと思うと、作品を正視することができませんでした。
せめて、弟の子供に見てほしいけれど、残念ながら、そんなこともできそうもないのが辛いところです。
いろいろ思う事がありすぎて、見ていて切ない展覧会でした。

実は今まで、弟の事を思い出すのが辛くて、レオ・レオニ作品をほとんど買わないままでいたのですが、娘もそろそろ私たちが彼の作品を熱中して読んでいたのと同じ年齢になろうとしています。
そろそろ我が家にも「アレクサンダとぜんまいねずみ」くらいは、買おうかな、とようやく思う事ができました。

絵本を見て、娘が興味を示すようなら、娘と一緒にこの展示を見に行くかもしれません。
ただ、展示自体は、目線の高さも大人仕様で高めに設定してあるし、あまり子供向けとは言えないので、無理強いはしないようにしておこうと思っています。

個人的な思い入れがありすぎて、客観的な感想が全く書けなかったのですが、レオ・レオニの回顧展としては、かなり質の高い内容だったのは間違いありません。
彼の絵本を読んで育った人ならば、確実に楽しめる展示だと思います。
オススメです。
スポンサーサイト

ぼくだよ ぼくだよぼくだよ ぼくだよ
(2013/02/08)
きくち ちき

商品詳細を見る


2013年6月22日に、丸善丸の内本店で開催された『ぼくだよぼくだよ』刊行記念 きくちちきさんおえかき会に参加してきました。

きくちちきさんは、私がよく参加させてもらっているツイッターの大人絵本会のメンバーの間で、最近人気急上昇中の新進絵本作家さんです。
大胆な筆致で描く動物が持ち味の作家さんで、色と筆の動きで、動物の動きの瞬間をとらえる個性的な造形美溢れる作品を精力的に発表していらっしゃいます。

今回は丸善で、新作「ぼくだよ ぼくだよ」の刊行記念として、子供を対象にお絵描き会が開かれると知り、参加してきました。

絵本作家さんからお絵描きのレクチャーを受けられるなんて、子供にとっても得難い機会ですし、何と言っても親のミーハー心を満たしてくれるこの企画、私としては、これは絶対参加しなければ!!とついつい鼻息が荒くなっていたのですが、参加する当事者である筈の娘はあまりピンとこないご様子。

というのも、きくちちきさんの作品、すでに我が家でも2冊ほど購入していて、娘にも読んで聞かせたこともあるのですが、どーも娘の琴線に触れないようで、一回読んだだけで、後は私の本棚に置いたままになっているのです。

ちなみに我が家にあるちきさんの本はこちら

やまねこのおはなし (こどもプレス)やまねこのおはなし (こどもプレス)
(2012/02/17)
どいかや

商品詳細を見る



しろねこくろねこ (絵本単品)しろねこくろねこ (絵本単品)
(2012/01/31)
きくち ちき

商品詳細を見る


だから、ちきさんと一緒に絵が描けるというのは、娘にとっては全然有り難みのないことのようで、なんだかよくわからないまま、お母さんに連れてこられた、という感じの様子でした。
そんな訳で、娘に喜んでもらえるか不安を持ちつつの参加となりました。

イベントは、まず、ちきさんご自身による「ぼくだよぼくだよ」の朗読で始まりました。
子供たちの反応は、ぶっちゃけて言うならば、イマイチ、作品に入り込めてない感じ。
ちきさんの世界観について行けてないなーという印象。
うちの子も、途中で変なツッコミをいれる暴挙に出ていたし、正直、このイベント大丈夫かしら?と思ってしまいました。

うちの子や、子供たちの印象を見る限りの印象ですが、この本、。。。というかちきさんの作品は、絵の美しさで、大人や小学校高学年くらいの子供の心はつかむかもしれないけれど、小学校低学年以下の子には、世界観が共有できない部分があるような気がしました。
実は、結構大人向けの絵本なのかもしれません。

ちきさんが本当の意味で絵本作家としてブレイクするには、ちきさんの絵と、子供との間を橋渡しできるテクストが、必要なのかもしれないな。などと、つい、考えてしまいました。

ちきさんの朗読のあとは、お絵描き会がはじまりました。
まず、ちきさんが、大きな紙にマジックで線描で動物を描きます。
描いたのは、「ぼくだよぼくだよ」の主人公のヒョウとライオンです。
それに子供たちが自由に色を塗ってゆきます。
子供たちの力で、すごく迫力のある絵がみるみるうちに仕上っていく様子は、見ているだけでワクワクしました!

tiki

大きな紙に、皆で力をあわせて色を塗るって、実はすごーーーくそれぞれの個性がでることなんですね。
大胆に色を塗って行く子もいるし、大勢の中でもかたくなに自分の絵を描こうとする子(うちの子です)もいます。
年齢、性別によって反応は違えど、それぞれがそれぞれのペースで絵を描く事を楽しんでいました。

ちきさんは、とても繊細そうな素敵眼鏡男子(笑)で、司会の方に促されるように、子供たちの絵のサポートをしたり、リクエストに応えて、動物の絵を更に書き入れたりしていらっしゃいました。
その姿に密かに萌えていたのは内緒ですW

作品が完成した時には、皆とても満足そうでした。

ちきさん、スタッフの皆様、楽しい時間をありがとうございました!


せっかく大きな本屋さんにきたので、娘に好きな本を買っていいよ!と言ったところ、娘は「かいけつゾロリ」シリーズの棚に突進し、選んだのがこの本。

前編 かいけつゾロリのだ・だ・だ・だいぼうけん!  (47) (かいけつゾロリシリーズ  ポプラ社の新・小さな童話)前編 かいけつゾロリのだ・だ・だ・だいぼうけん! (47) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)
(2010/07/09)
原ゆたか

商品詳細を見る
これ、どこの本屋さんでも売ってるよねー(^^;と思ったのですが、ゾロリブームには勝てません。
本人の気持ちを尊重して購入しました。

あと、平置きにしてある本の中で、つい惹かれて買ってしまったのが、この本。

りんごかもしれないりんごかもしれない
(2013/04/17)
ヨシタケシンスケ

商品詳細を見る

テーブルに置いてあるリンゴをみつけた男の子が、これは本当にリンゴなのか?
といろいろ考えるお話。
わりと哲学チックかも。
ちょっと「かんがえるカエルくん」を連想させるお話です。
かんがえるカエルくんが大好きな娘のツボにはまったようで、帰宅後、何度も読んでいました。

かんがえるカエルくんかんがえるカエルくん
(1996/04/25)
いわむら かずお

商品詳細を見る

唐突ですが、かなり前に、携帯電話をスマートフォンに変えました。
これが予想以上に、生活に色々な変化を及ぼしているのですが、一番大きな変化は、PCを立ち上げなくなったことでした。
ブログを書く前に、PCを立ち上げるという新たなハードルが加わってしまった事は、更新の遅いこのブログには致命的なことだったようです。
ブログが書けない、書けない。ホント困ったものです。
展覧会の感想を会期中にUPするなんて、夢のまた夢って感じです。

でも、いくら時間が経ってしまったとはいえ、せめて子供と行った展覧会の感想だけは、書いておきたいと思います。
で、今日は、国立西洋美術館で開催されていた「ラファエロ展」です。

この展覧会、6歳児と行くにはハードル高いなあと思ったのですが、知人から、お嬢さんと一緒に行ってくださいと、チケットをいただいたこともあり、思い切って娘を誘ってみました。

我が娘、絵は見るより書く方が好き。と常に言い切っており、美術館に行くというだけでテンションが下がる傾向があるので、最近は、展覧会へ誘うのもひと工夫が必要です。
今回用いたフレーズは「世界中で、絵がうまいと言われている人は、沢山いるけれど、その中でも一番絵がうまい人の一人、と言われている人の絵を、見に行こう!」 デシタw

これが、『俺!絵うまい!!子供にしては凄い!!!』とうぬぼれている娘には、結構効きまして、それは聞き捨てならんとばかり、美術館に向かってくれました。

行ったのは、4月の土曜日の夕方だったのですが、会場は、そこそこ混んでいました。
そのため、娘の背丈では、絵をきちんと見るのは難しかったので、会場内では、かなりの部分私が娘を抱きかかえて、絵を見せる羽目になりました。
6歳児ともなると、重さも相当なものなので、最近は、ほとんど外では抱きかかえて歩いたりしません。
そのため、久しぶりにずーっと抱っこしてもらえるという事が、娘は嬉しかったようで、抱きかかえている間は、かなりまじめに鑑賞してくれました。

この展覧会、思っていた以上に、ラファエロ作品が出品されていて、そのことに、まず驚きました。
これくらい点数があるならば、堂々とラファエロ展を名乗ることもできますよねー。
子連れで私自身はじっくり見る事はできなかったけれど、それでも十分に満足できる内容でした。

で、肝心の、娘の反応はというと、やはりリアルな描写に驚きを感じたようです。
リアルな分、何を描いた場面なのかという背景が気になるようで、絵のバックボーンのレクチャーをかなり求められました。
とくに強烈な印象を受けたのは、死んだキリストを運ぶ場面を描いた作品だったようで、男の人がなんで死んだのかとか、手から血が流れているのはどうしてなのか、など、かなり突っ込んだ質問を受ける羽目になりました。
やはり異形の図は強烈なインパクトがあるんだなあと思いました。

ラファエロ展を見た後は、建物探検もかねて、常設展を見て回りました。
常設展は、写真撮影ができることもあり、こちらの方が娘は楽しかったようです。
とくに、はしゃいていたのが20世紀絵画のコーナー。
ミロの作品の前では、自分で私の携帯を使って作品を撮影したりしていました。
理由はよくわからないのですが、抽象的な絵の方が、娘は見ていて楽しいようです。

でも、一番はしゃいでいたのは、美術館を出た後、上野公園で見た猿回しの芸でした。
やっぱり、子供は絵より、生きてる動物の芸の方が、楽しいよね(^^;
あまりに正しい子供としての反応に、無理に付き合わせてしまった罪悪感を感じずにはいられませんでした。
つきあってくれて本当にアリガトね>娘
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。