コロボックル絵物語 (Colobockle Picture Book)コロボックル絵物語 (Colobockle Picture Book)
(2014/04/16)
有川 浩、村上 勉 他

商品詳細を見る



「IN★POCKET 2011年 8月号」誌上で佐藤さとるさんから有川浩さんに引き継がれることが発表されたコロボックルシリーズですが、ついに有川さんの手によるコロボックル物語が、本格的に始動することになったようです。

それにあわせて講談社さんのサイトには、「コロボックル物語特設ページ」が開設されています。
このサイト、有川さんがコロボックルシリーズを引きつぐきっかけとなった
IN★POCKET 2011年 8月号の対談はもちろん、佐藤さとるさんから有川さんへの手紙、ふたたび挿絵を手がけることになった村上勉さんのインタビューなど、大変贅沢な内容となっています。
ぜひご覧ください♪

今回刊行された有川さんの手による「コロボックル絵物語」は、これから始まるであろう物語の序章?のような作品です。
佐藤さとるさんのコロボックル物語を知らない有川ファンにむけてのコロボックル解説書のような印象を受けました。

実は、有川さんは、この前に、絵本「旅猫リポート」というコロボックルが登場するお話を書いていらっしゃいます。

絵本「旅猫リポート」絵本「旅猫リポート」
(2014/02/28)
有川 浩

商品詳細を見る

それをふまえるならば、今回の「コロボックル絵物語 」は、予告のさらなる予告、という物語なのかもしれません。
この二作からは、まだ有川さんのコロボックルの姿ははっきり見えません。
これからどういう形で、有川コロボックルの全容がわかるのか、もうしばらく待つしかないようです。

正直言って、このような形で、別な方がコロボックルの物語を書き継いで行く必要があるのかどうか、私にはよくわかりません。
ただ、これが佐藤さとるさんのご意向である以上、今後のコロボックル物語の行方を暖かく見守ってゆくことも、ファンの勤めだと覚悟を決めました。

また、この作品によって、新たな世代がコロボックル物語を手に取って、それが結果として、次の世代への橋渡しになるのならば、それはそれで喜ばしいことなのではないかとも思っています。

とにかく、コロボックルたちの新たな冒険がはじまったことだけは、間違いありません。
コロボックルたちの新たな旅立ちにこれからもエールを送り続けるつもりです。

なお、オールドファンにとって、「コロボックル絵物語」の見所は、村上勉さんがほぼ半世紀ぶりに最初の挿絵と同じ場面を、再び描きおろした新作挿絵ではないかと思います。
昔の挿絵と新作を見比べるのは、なかなか楽しい作業でした♪

今回登場するコロボックルたちは、従来の姿よりも、若干ひょろ長い身体バランスとなっているような気がします。
これは、村上さんが、時代差やm地域差を意図してかき分けたのかしら?などとついつい考えてしまいました。
そのあたりも、今後の新作で謎がとけるのではないかと、密かに期待しています。

佐藤さとるファンとしては、皆、思うところは多々あると思いますが、まずは一読して感想などをお聞かせいただけたら、嬉しいです。
スポンサーサイト

まる・さんかく・しかくまる・さんかく・しかく
(2014/02/24)
久住 昌之

商品詳細を見る


2014年4月29日に、またしても本屋B&Bさんの子供向けイベントに参加してきました。
今回のイベントは、 久住昌之×久住卓也 「描いて歌って探して○△□!」
「まる・さんかく・しかく」という絵本の刊行記念イベントでした。
この本をかいた久住昌之さんは、『孤独のグルメ』の原作者、久住卓也さんは「むしたちのシリーズ」という絵本を手がけているご兄弟だそうです。

孤独のグルメ 【新装版】孤独のグルメ 【新装版】
(2008/04/22)
久住 昌之

商品詳細を見る

むしたちのかくれんぼ (絵本・こどものひろば)むしたちのかくれんぼ (絵本・こどものひろば)
(2009/04)
得田 之久

商品詳細を見る


今回のイベント、全く知らない人たちの読んだ事もない絵本の関連イベントだったので行く気は全くなかったのですが、前回の高野文子さんのトークイベントの際、お店の方が、娘にこのイベントの話をして、また来てね。と誘ってくださったのです。
お店の方は、軽いノリだったのだと思うのですが、娘が社交辞令を真に受けてw行く気満々になってしまったので、行く事にしました。

行くからには、どんな本なのか、まずは調べてみようと、本のタイトルを検索すると、、、
you tube がヒットするではありませんか!

この作品、絵本の文章が歌になっていて、その歌が、you tubeにUPされていて、映像に合わせて歌う事ができるというなんとも今時な趣向をこらした絵本だったんです。
この歌のリズムがなんとも楽しく、この本を買った後、しばらくの間は、娘と二人で何度も本に合わせて歌っていました。

こういう趣向の絵本を主体にした今回のイベント、お絵描きと歌のコラボレーションで、大変もりあがりました。
お絵描きイベントは、こんな感じ。

まず、会場で配られた絵本の表紙とおなじ模様の紙に顔をかきます。
maru1.jpg

ページを開いてみると。。。
maru2.jpg
なんと子供が登場!
顔の形が最初の表紙とちょっと違っているのがミソですね♪

最後に色を塗ったら完成!
maru3.jpg

この、まるとさんかくとしかくの枠に絵を描くという作業、思いのほか楽しかったです。

こういう音楽とお絵描きを一度に遊べるイベントってありそうで中々ない気がします。

この遊び、集団保育の中で出来たら凄く楽しいんじゃないかな?
先生の歌に合わせてお絵描きするとか、めちゃめちゃ盛り上がりそうな気がします。
ネット環境さえあれば、簡単に、歌を見ることができる手軽さも魅力だと思います。
みんなで歌える楽しさがあるっていうのは、すごい強みではないでしょうか?

実際、イベント中に、何回か皆でこの歌を歌ったんですが、すごーく盛り上がっていました。
とにかく和気あいあいとし雰囲気が心地よい、賑やかなイベントでした。
娘も存分に楽しんでくれたようです。
私も、新しいタイプの絵本と出会ういい機会を得る事ができ、嬉しかったです。

久住ご兄弟は、これからお二人で、絵本の世界に、更なる新風を巻き起こしてくれるんじゃないかな?とかなり期待しています。
お二人のこれからの活動が楽しみです^^