上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちきばんにゃーちきばんにゃー
(2014/08/26)
きくち ちき

商品詳細を見る

2014年9月21日に丸善丸の内本店「ちきばんにゃー」刊行記念きくちちきさんワークショップ「紙版画をつくろう」に参加してきました。

きくちちきさんは、最近完全にマイブームとなっている、新進気鋭の絵本作家さんです。
ちきさんのワークショップに参加するのは、昨年に引き続きこれが二回目
前回の様子はこちら

今回は、木版画でつくられた新作「ちきばんにゃー」にちなんで紙版画で動物の絵を描くワークショップでした。

お恥ずかしい話ですが、このワークショップに参加する前の用事が押してしまい、私たちは遅刻参加となってしまいました。
到着したときには、ちきさんの
「ちきばんにゃー」の朗読は終わっており、いよいよ参加者が作業に取りかかろうとしている時でした。

今回の作業は、動物の形を描いた紙を切り抜き、それに絵の具を塗って、別の紙に貼付けるという非常にオーソドックスなものでした。
ところが我が娘、なんと龍をつくると言い出しまして。。。
切り取ることを全く想定していない絵を描きだしました。

最近の娘は、細かい作業をしたがる傾向があったのでこの程度のことはある程度想定すべきことだったのことだったのですが、これには、私も焦りました。
娘の作業をみた、ちきさんも、これはなかなか難しそうですね。。。と若干どん引きの気配。
時間的にも、切り取る作業まで娘一人でできるとは思えず、結局、絵の切り取り作業は私が行う羽目になりました。

あとで考えると、すべて娘にやらせた方が、娘のためになったような気もするのですが、その場の雰囲気に焦らされてつい世話を焼いてしまいました。
なかなか一人で任せるということができないのは、母親としてよくない傾向ですね。
今後の反省事項です。

で、完成した作品はこんな感じ。

解説すると二匹の龍と雲が描かれています。chiki2.jpg


娘が描いた下書きを私が切り取った版画の原画はこんな感じ
chiki1.jpg

まあ、短時間だったにも関わらず、結構頑張ったのではないかと思います(^^;

久しぶりにお会いしたちきさんは、相変わらず、素敵メガネ男子でした♪
今回の新刊、「ちきばんにゃー」は、私家版として発行した本をすべて描き直した作品だそうです。

タイトルにもなっている「ちきばんにゃー」のフレーズが癖になってしまうとても楽しい作品です。
いままで、大人びた雰囲気の作品が多かったちきさんですが、ついに子供たちのところまで、降りてきてくれた気がしました。
子供たちの反応もとてもよく、長く愛される作品になるのではないかと思います。

ただ、小学校2年生になった娘にとっては、ちょっと子供っぽ過ぎるのか、昔のように何度も繰り返し読んでー!と、もってくることはありませんでした。
と、いうか、黙読がすっかり身に付いてしまったせいか、最近はどんな本も、まずは自分で目を通す、というスタンスに変わってしまっていて、昔のように、絵本を二人で楽しむという感じになかなかならなくなっているんです(泣)
小学校に入ってからは、とにかく家でする事も増えてしまい、夜、本をゆっくり楽しむことすらできないのが現状です。

そろそろ、絵本を子供と楽しむ時期は終わりにきているようです。
また、一人で絵本を読むのか、、、と思うとちょっと寂しい今日この頃です。

で、ワークショップ終了後は、ちきさんファンのツイッター友達を再会を楽しみつつ、絵本談義に花を咲かせました♪

絵本仲間と情報交換をしつつ本を選ぶのって本当に楽しいです。
今回気になった本と購入した本はこちら


さあ、はこをあけますよ!さあ、はこをあけますよ!
(2014/06/14)
ドロシー・クンハート

商品詳細を見る

これは絵の雰囲気に一目惚れして買った本。
登場する犬がラブリーです。


マップス: 新・世界図絵 (児童書)マップス: 新・世界図絵 (児童書)
(2014/09/10)
アレクサンドラ ミジェリンスカ、ダニエル ミジェリンスキ 他

商品詳細を見る

これは凄い本です!世界中の国の様子が詳細に描かれた大型絵本です。
大人も子供も見ているだけで楽しい本。しかも大型本のわりには安価なのも嬉しい♪
多分ロングセラーになると思います。



ぼくのニセモノをつくるにはぼくのニセモノをつくるには
(2014/09/20)
ヨシタケ シンスケ

商品詳細を見る

「りんごかもしれない」のヨシタケ シンスケさんの新作。
前作に引き続き楽しい作品に仕上がっているようです。



娘が自分で選んだ本はこちら

決定版ドラえもん大事典 (ビッグ・コロタン)決定版ドラえもん大事典 (ビッグ・コロタン)
(2001/06)
藤子・F・不二雄、いそほ ゆうすけ 他

商品詳細を見る

最近、娘のマイブーム、ドラえもんの関連本です。
私たち親が、お茶を飲みつつ絵本談義をしている間中、熟読していました。
娘の中では、ゾロリブームの次は、ドラえもんブームが来ているようです。
今回のブームはどこまで続くのかなあ、、、と生暖かく見守って行こうと思っています。


スポンサーサイト
9月最初の三連休に、幕張メッセで開催している「宇宙博2014」に、家族で行ってきました。

なぜこのイベントに行くことになったかといいますと、実は、1978年にも同じく宇宙博なるイベントが開催されておりまして、幼少期に、私も夫も(もちろん別々に)宇宙博へ行って、非常に楽しかった記憶があったのです。

当時の様子はこんな感じ


娘が、当時の自分たちと同じ年頃になった頃に、あの楽しかった宇宙博が開催されるのも何かの縁に違いない!と思いまして、勇んで行ってみたのですが、、、

残念ながら、実態は、似て非なるイベントでした。

まず、博覧会といいつつ、室内イベントであったことは、あの当時の熱気を期待して見に行った身には、非常に閉塞感があって辛かったです。

そして、なによりも、混雑のひどさと言ったら!!
会場内の動線の悪さが、人の流れにさらなるブレーキをかけてしまっていて、宇宙博ではなくさながら『地獄博』の趣でした。

帰り際、係員の人と雑談をしたところ、私たちが行った日は、会期中一番の人出だったようです。
そうであれば、この地獄絵図も致し方なかったのかもしれません。

展示は大きく分けると、NASAの資料を中心にした歴史を振り返るコーナーと、日本の宇宙開発を紹介するコーナーからできています。

カタログで確認したところ、NASAコーナーの資料は、2011年から欧州各地で開催された展覧会用に組まれたもののようです。
そのせいか展示が、幕張メッセという箱のサイズにあっておらず、小さく凝縮されていて、大勢の人が大挙して訪れるとボトルネックを起こす構造になってしまっていました。

逆に、日本のコーナーは、ゆとりある空間構成となっていて、圧迫感もなく、会場全体を見渡せるレイアウトになっていました。

どちらのコーナーも目を引くものが多く、見応えがあるのですが、アポロ世代wwwに近い私の目からみると、黎明期の宇宙船のメカニカルデザインを見る方が圧倒的に楽しかったです。

娘の反応ですが、人ごみと長蛇の列にすっかり嫌気がさしてしまい、日本のコーナーに入る前には、もう帰りたいと言いはじめていました。

残念ながら、幼少期の私のように、宇宙への憧れを、この博覧会が、喚起することはなかったようです。

もしも娘が、大人になり子供を持った頃に、再び宇宙博が開催されたとしても、多分、娘は行こうとはしないだろうなあ、という気がします。(^^;

結果的には、徒労感だけが残るほろ苦い一日となってしまいました。。。。無念です。


最後に、会期末最後の休日には、私たちが行った時以上の人出が見込まれますので、これから行く人へのアドバイスをいくつか書いておこうかと思います。

1.まず、チケットは事前にコンビニで購入しておくことは必須です!
これだけで、入場までの時間を大幅に短縮できます。

2.入場後、最初のコーナー「宇宙を夢見た人たち」という導入部分は、見るのを諦めましょう。
ショートカットルートをたどるのが賢明です。
と、いうのも、このコーナー宇宙開発を夢見たSF作家や科学者のパネル展示にすぎません。
にも関わらず、通路が非常に狭く、完全にボトルネック現象を引き起こしています。
ここで、無駄に時間を過ごすのならば、後半のJAXAコーナーに展示してある日本の宇宙実験棟「きぼう」の内部見学や、スペースシャトルの操縦席を見るコーナーに並ぶ方が、遥かに有意義です。

3.お土産を買いたい人は、見学をする前にお土産を買ってしまいましょう。
終了時間には、レジに恐ろしい列ができます。下手したら一時間ちかく並ぶことになりそうな勢いでした。
ただし、展示カタログだけは、列に並ばなくても購入できました。

4.2でも書きましたが、入場したあとも、並ばなければ見れないものが幾つもあります。
まずは会場をざっと見て、自分が何をみたいのか優先順位をつけてから、個別のコーナーを回るのがベストだと思います。

...ここまで書いておいてなんですが、正直、そこまで頑張る必要のある、展示なのか?と言われたら、言葉に詰まる内容の展示であることも事実です。
ですので、無理してまでも行く必要はないですが、レプリカが多いものの、レアな資料も多数展示されています。
宇宙へのロマンを感じたい方は、是非、頑張って行ってみてください。



もう一ヶ月ほど前になりますが、夏休みイベントの一環で、伊豆の方に海水浴に行ってきました。
その帰りにあわしまマリンパークという水族館に立ち寄ったのですが、ここが思いのほか面白かったんです。

この水族館、淡島という小さな島の中にありまして、島までは船で移動します。
施設自体は、かなり古くて足を踏み入れた第一印象は、田舎の観光地にある寂れかけた水族館といった感じでした。
ところがこの施設、第一印象とは全く異なり、予想以上に楽しい場所でした!
とにかく随所に、来館者の興味を引くよう様々な工夫が凝らされているんです。

とくにいい味をだしていたのが、水族館のあちこちに掲示されていた手書きのキャプションです。
この辺りの海の生態系や、深海から魚を捕るための方法や深海魚の飼育方法など、コーナーごとに様々な情報が盛り込んでありました。
手書きで書かれているため、書いた人の熱意がダイレクトに伝わってくるし、今、話題のダイオウグソクムシのコーナーなど、旬な話題も取り入れて、来館者の好奇心を刺激しようとしている印象を受けました。

子連れでの見学だったため、すべてのキャプションを読んだわけではないのですが、それでも、キャプションから結構な豆知識を仕入れることができました^^

ふれあい水槽というコーナーでは、解説員のお兄さんのレクチャーをうけつつ、ウニやヒトデなどの生き物に触れる事ができ、あわせてその体の独特な構造への理解を深める事ができるようになっていました。
ウニが管足という紐状の足で移動することをリアルに見る事ができたのは、すごーくおもしろかったです。

個人的に、特に嬉しかったのが、カブトガニに触る事ができたことでした♪
カブトガニ、子供の頃図鑑で興味津々に見ていた生き物だったので、この年になってカブトガニの体の堅さや、独特な動きをリアルに感じることができる日がくるとは、望外の喜びでしたw

その他、有料でバックヤードツアーも行っているようで、私としては、ぜひ参加したかったのですが、娘が嫌がったので、泣く泣く諦めました。
ふれあい水槽のスタッフの方がとてもわかりやすく説明をしてくださっていたのを見る限り、バックヤードツアーもさぞ面白いのではないかと思います。
これに参加できなかったのは、本当に残念でした。

また、水族館の外に作られた生け簀とプールでは、イルカやアシカ、ゴマフアザラシ、ペンギンなどの海獣を飼育していて、イルカやアシカ、アザラシのショーを行っていました。
イルカは、自然の海を仕切った生け簀で飼育されていて、ショーも海の中で行います。
この野趣あふれた会場で行うショーは、ワイルドな感じがよかったです。
海のコンデションに左右される環境で、ショーを行うのは、さぞ大変なことだと思うのですが、それを逆手とった演出が逆によかったです。

動きの鈍いアザラシのショーも珍しく、そのテンポの遅さ故に、却ってがんばれー!とエールを送りたくなる面白さがありました♪

その他、カエル館というカエルだけに特化した施設が、水族館の近くに併設されていました。
こんな海に囲まれた立地で、淡水の生き物を飼うのって実はすごく大変なんじゃないかと思います。
飼育しているカエルの種類は多彩で、バラエティー豊かなカエルたちが、水槽の中に隠れているのを探すのは、なかなか大変でしたが、親子で盛り上がる事ができました。

淡島は、とても小さな島なので、島を一周する外周路がついていて、ここを散歩する事もできます。
この散歩コースには、あちこちにクイズが設置されていてクイズラリーができるようになっていました。
海風も気持ちよく、クイズのおかげで、適度な刺激もあり、なかなか楽しいお散歩でした。

最初にも言いましたが、この施設、設備自体はお世辞にも洗練されているとは言えません。
ここでしか見る事ができない珍奇な生き物もほぼいません。
施設も、飼育している生き物にも、目新しさはありません。

でも、スタッフが色々な制約があるであろうこの環境を、最大限に楽しめるようにしようと努力していることが、とてもよく伝わってくる施設でした。
それが、この水族館を明るく楽しい場所にしてくれていた気がします。
手作り感あふれる創意工夫をする人材こそが、この水族館の最大の魅力だと思います。

特にすごいなあと思ったのが、すれ違ったスタッフがみな、お客さんに挨拶をしていたことです。
サービス業としての意識が高いんだなあと感心してしましました。

実は、この夏、もう一つ都内にある別の水族館にも遊びに行ったんです。
そこは流行の観光スポット内にある最新の水族館で、展示設備は最新型だし、水槽もディスプレイも非常に凝っていました。とにかく洗練されているし、おされスポットとしては、素晴らしい施設でした。

あわしまと同じく、ペンギンやアザラシを間近でみることもできるし、特にペンギンが泳ぐ大水槽は、いろんな角度からペンギンを見る事ができるのが楽しかったです。
ペンギンについているスタッフもとても親切でした。

でもね。。。
あわしまを見た後だったせいか、え?これだけなの??という物足りなさを感じてしまいました。
二つの水族館、ともに、さほど珍しい生き物を飼育している訳ではないという共通項があったこともあり、見比べると、この水族館が施設のよさ安住している感じがして、正直、物足りなく感じてしまったようです。

この辺りはもう、本当に私の主観だし、比較するべきことじゃないのかもしれないけど、行ってよかった!という満足感を与えてくれたのは、圧倒的にあわしまマリンパークの方でした。

やはり、展示を生かすも殺すも、最後は中の人の心意気と創意工夫なんだなーということを、あわしまマリンパークには、いい意味で実感させてもらった気がします。
制約の多い施設での展示は、さぞ大変なことと思いますが、これからも、創意工夫に満ちた展示を見せて欲しいと思います♪♪

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。