上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです。
5月28日に佐藤さとる公認WEB管理人の灯台守さんのミクシィコミュでの呼びかけで開催された「佐藤さとるさん追悼 オフ会 at 横須賀 2017/05」に参加してきました。

2017年2月9日に、佐藤さとるさんが亡くなりました。享年88歳。
書きたいことはすべて書いたとおっしゃって旅立って行かれたそうなので、大往生と言っていいのだと思います。
いつかはこんな日が来ることは、ある程度覚悟していたものの、それが現実と成ってしまうと、正直気持ちの整理がつかず、このブログにも何を書いていいのかわからないまま、早数ヶ月が経ってしまいました。
そんな時に、偶然オフの告知を見て、ファンの皆さんとコロボックルの故郷を歩くことが、私なりの先生へのご供養となるのではないかと思い、思い切って参加させていただきました。

実は、コロボックルの故郷かつ、佐藤さとるさんの自伝的小説「わんぱく天国」の舞台となった逸見を訪れるのは、実は二度目です。
一度目は今を去ること2003年。なんと14年も経っていました。
その当時の日記がこちらw
5月31日に感想が書いてあります。
当時は、灯台守さんと、もう一人コロボックルファンの方と三人で、逸見から按針塚にかけて探索しました。
散々歩き回って、ようやく佐藤さとるさんの生家のあった場所にたどりついた時の喜びは未だに忘れられません。
当時、私はまだ結婚もしておらず、娘も影も形もなかったわけですから、時の流れは早いものですw

14年ぶりに訪れた佐藤さとるさんの故郷は、相変わらず深い緑に囲まれた隠れ里のような場所でした。
一見全く変ってないように見えたのですが、ところどころ道が整備されていたり、昔スーパーだった場所が住宅になっていたりと随所に変化もみられました。
ただ、横須賀を見下ろす高台に位置していて、歩くのが大変なのは全く変わらず、おかげさまでいい運動になりましたw

IMG_9312_20170601010500bbf.jpg
佐藤さとるさんの生家周辺から見渡した風景

IMG_9333.jpg
もう少し高台から見た風景。
横須賀港が見えます。
佐藤さとるさんのお父さんは海軍将校だったので、港を見渡せる高台に住むことが許されていたそうです。

IMG_9313.jpg
生家のあった場所まではコンクリートで舗装された細道をひたすら登って行きます。
このあたりの道は、軍人の家族が住んでいる地域だったので、こんな細道なのにコンクリート舗装されたそうです。

IMG_9302.jpg
「手のひら島はどこにある」短編集「井戸のある谷間」に登場しそうな井戸もありました。

びっくりしたのは逸見駅の近くに三浦安針と佐藤さとるさんを紹介する案内所を兼ねた展示コーナーができていたこと。
佐藤さとるさんは、地域おこしにも一役かっているようです。
ガイドをしてくださったおじいさん達は佐藤さとるさんより、三浦安針を愛しているようでしたが(^^;どんな形であれ、多くの人が逸見に来てくれるのは嬉しい御様子で、色々お話を聞かせて下さいました。

IMG_9287.jpg
ここが案内所。
せいたかさんが作った三角平地に最初に建てた小屋をイメージして、屋根は片流れになっていました。

IMG_9309.jpg
生家へ行く道の途中に、こんなパネルと小人の人形が設置してありました。
これから観光地化されるのでしょうか・・・?(ドキドキ)

生家周辺から按針塚を回った後、昼食をとり、その後佐藤さとるさんのお墓まいりをして帰って来ました。
佐藤さとるさんの戒名は「馨文院童空暁優居士」という先生の作品を連想させる素敵なものでした。

天候にも恵まれ、色々な意味で懐かしく、かつディープで充実したひと時でした。
また折を見て、足を運んでみたいと思います。
スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。