上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ゆっくりくまさん」

GWもとうとう終わってしまいました。
・・・とはいっても、私は、サービス業の悲しさ(笑)GW中もほとんど出勤しておりました。
しかもGW中は保育園がお休みのため、娘と一緒に実家へ行き、私は実家から出勤、娘は母に見てもらうという生活を送っていました。

で、実家には、いまだに私が子供のころに読んでいた絵本がいくつか母セレクトで保存してあったようで、母がそのうちのいくつかを娘に見せたところ、娘が、一番気に入ったのが、今日紹介する「ゆっくりくまさん」だったそうです。
私の家においてあった「ゆっくりくまさん」は、幼稚園の定期購読で購入した「こどものとも」222号版。
なんと定価150円!
この値段で親子2代で楽しめるというのは、驚異的なコストパフォーマンスだと思います(笑)

「ゆっくりくまさん」のあらすじは、こんな感じ。
ゆっくりやまのゆっくりくまさんが、ゆっくりゆっくり食べ物を探しに、森へやってきたのですが、どこにいっても、ほかの動物に先をこされてしまいます。
最後に川のむこうにやまぶとうをみつけるのですが、川をわたることができません。
そこでゆっくりくまさんは、向こう岸にわたるためあることをはじめます。。。

娘は、お話の中にでてくる歌がお気に入りのようで、歌詞をすっかりおぼえてしまいました。
くまさんがうたう場面になると
「やぶには あまいみ すっぱいみ ~♪」
と(おそらくおばあちゃんが教えた)節を付けて歌っています。

お話自体も、前半はかなり覚えたようで、最近は、私が読まなくても、自分でお話を暗唱するようになりました。
おそるべし2歳児の記憶力!
好きなことに対する好奇心って大事なんだなぁと、改めて娘に教えられた気がします。

ただ、この絵本、私自身はそれほど好きだった覚えはないんですよね(^^;
母も、私が気に入っていたから置いていたというよりも、自分の好みでおいていたようですので、娘がこんなに気に入るとは思っていなかったようです。
好みの違いといったらそれまでなのですが、、、
娘のこの本への接し方が、これからどんな風に変化して行くのかを見守ってゆくと、より、お互いの好みの差がわかって面白いかも・・・と密かに期待している今日この頃です。

残念なことに、「ゆっくりくまさん」は、2006年に復刻されたものの、現在は絶版となっているようです。
すべての本が生き残ることができないのは、よくわかっているのですが、娘の反応を見ていると、なくなってしまうのは惜しい本だと思わずにはいられません。
再版してくれるのを気長に待ちたいと思います。
 

ゆっくりくまさん (こどものともセレクション)

森 比左志 / 福音館書店

スコア:

スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/11-deac6a0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。