(こどものとも0.1.2. 2008年3月号)  すすむ(こどものとも0.1.2. 2008年3月号)「すすむ」

今回も、娘が図書館で選んで楽しんでいた本についてです。
(こどものとも0.1.2. 2008年3月号)「すすむ」
一筆書きで描かれた動物たちが、それそれの生き物らしいペースですすんでゆくお話です。

一本の線で描かれた動物は、見事に意匠化されています。
また、くっきりはっきりしたカラフルな色の線で描かれていることが、よりデザイン性を高めており、子どもの目にも止まりやすいのではないかと思いました。
子供に媚びたところのないデザインが、私には好感がもてました。
こういうデザインを採用してしまうあたりが、福音館の凄さだと思います。

娘とこの本を読む時、動物を作っている線が繋がっていることに気がついてほしくて、動物の姿を作っている線を、指で辿りながら読んでみました。
娘は、その遊びがとても気に入ったようで、途中から自分の指で動物の線をたどって遊びはじめました。
自分で線をたどりきったときには、とても嬉しそうにしていました。

この遊び、楽しいことは、楽しいのですが、本が傷みそうで怖いのも事実。
さすがに図書館の本でやり続けるにはリスクが高いので、まずは返却し、近日中に、注文をかける予定です。
ただ、2008年に発行された雑誌なので、今、入手できるかは、微妙なのだけが気がかりなのですが。。。
早く、書籍化してくれることを切に願う一冊です。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/111-7aa21a08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)