上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森美術館で開催している「六本木クロッシング」展パブリックプログラム「おやこでアート」に娘と参加してきました。
おしゃべりを始めたお子さまと、作品を見てお話しながら展示室を回るツアーです。お子さまの視点に立って、親子で一緒にお楽しみいただけます。(3歳以上 におすすめです。)』と銘打ったこの企画。
子供がいなければ、参加できない企画と思い、早速申し込んでみました。

日本の美術館は、基本的に大人を対象にした施設だと思います。
会場では、大人しくまわりに迷惑をかけないように作品を鑑賞することが求められるだけに、子連れでゆくのは気が引けます。
そのため、今まで美術館に子連れで行ったことはありませんでした。
もちろん、子供を対象とした美術展もないわけではないのですが、その多くが、対象を小学生に絞っていて、幼児を対象にした企画はなかなかありません。
そんななか、3歳児を対象としたアートプログラムは、かなり珍しいのではないかと思います。

プログラムは、親子二組に、ナビゲーターの女性が一人ついて、会場を案内するという贅沢なものでした。
時間は約一時間ほど。
挨拶をした後、子供達に、作品に触れないとか、静かにするという基本的な注意を行うところからはじまり、その後、スタッフタグをつけて、会場へと向かいます。

訳のわからない場所に連れてこられたことに、とまどい気味の娘は、興奮して若干暴走気味。
会場に入るなり、作品に手を出そうとし、ナビゲーターのお姉さんに止められていました。
それでもなんとか、お姉さんのフォローのおかげで、会場を回りきることができましたwww

ナビゲーターの女性は、作品についての具体的な解説を行うことはあまりせず、終始、子供の動きにあわせて、適宜誘導するというスタンスを取っていました。
現代アートの見方は、一義的なものではないですし、あまり解説するのも野暮というもの。
このプログラムに参加するにあたり、私の一番の不安は、子供に先入観を植え付けられることだったので、見方を強要されなかったことに、ホッとしました。

そのかわり、展示してあった現代アート作品群を、娘が理解できたとも思えないわけで、当然、楽しんでくれたかどうかも微妙な結果となってしまいました。
この結果の善し悪しはわからないのですが、私としては、現代アートを体感する経験を、早い段階で娘に与えられた事に満足しています。
そういう意味で、森美術館のこの企画には、とても感謝しています。

娘の反応がよかった作品は、映像が組み込まれた物ばかりでした。
ナビゲーターの方の話によると、最近の子供は、TV映像を見慣れているせいか、映像作品への反応がよいそうです。
娘の反応はその典型例だったようです。

特に、細長く小さいドアを開け、暗い部屋に入って映像とオブジェをみる、雨宮康介氏の「わたしたち 2010年3月19日-7月4日」という作品が、面白かったようで、部屋を出た後「もう一回行く!」と言っていました。

また、森村泰昌氏の「なにものかへのレクイエム〈独裁者はどこにいる?〉」のコーナーでは、なかなか椅子から離れようとしませんでした。
ただこれは、お昼を食べた直後だったため、眠くて動きたくなかっただけなのかもしれませんが・・・(^^;

あとは、Kato Tsubasa氏の作品も反応がよかったです。
この作品は、木製の構造物を屋外に設置し、構造物につけられたロープを大勢でひっぱって引き倒すというパフォーマンスをしている映像と一緒に、パフォーマンスに使われた巨大な箱を展示していました。
その箱をみて、「私もひっぱる~」と騒いでいたのが可笑しかったです。

私自身は、子供の面倒に手一杯で、キチンと作品をみることは出来なかったのですが、ざっとみた展覧会全体の印象を一言でいうと、閉そく感があるという感じ。

現代社会の孕む問題を問いかける、メッセージ性が強い作品が多かったのですが、現代社会が抱える不安感を、私的な行為に置き換えることで、メッセージ性を強めている作品が大半で、展示室全体が、膝をかかえてしゃがみこんでいるような気分になりました。

私の中に、今という時代が、そういう空気を孕んでいるという思いがあるから、そんな風に見えたのかもしれませんが。。。

展示されている巨大オブジェも、身近な生活の中にある物を素材とし、それをアーティスト独自の視点で、集約しくみ上げた作品が多かったです。
そのせいか、どの作品も、手作業のぬくもりは感じるものの、私的なものを見せつけられている印象が強く残りました。

Kato Tsubasa作品とか、UJINO氏のがらくたオブジェの馬鹿馬鹿しさは、単純に面白くって大好きなのですが、、、

外に向かうエネルギーがあまり感じられない分、見終わった後、ちょっと消化不良な気分になってしまいました。

ただ、そもそもちゃんと見ていないから、消化不良となった気もするので、子連れでなければ、全然違う感想をもった可能性は高いようにも思います。
こればっかりは、微妙なところですね(--;

まあ、これはこれでよい経験だったと思うので、今後も機会をみつけて、子供と一緒に展覧会へ行ってみたいと思っています。

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/114-e4074689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。