子供と読んでいた絵本のピックアップを始めたら、あ、これもあった。これも。。。と、どんどん思い出してしまったので、追加。


「ありとすいか」

ありとすいか (名作絵本復刊シリーズ)ありとすいか (名作絵本復刊シリーズ)
(2002/03)
たむら しげる

商品詳細を見る


大好きなたむらしげるさんの絵本。
たむらさんの絵本を読んだのは、1歳の頃に読んでいた「ごろんご ゆきだるま」 以来。
ありの巣のなかの様子をみるのが楽しいようです。

おなじくたむらさんの「クッキー・サーカス」という絵本もお気に入りなのですが、こちらはいつのまにか、絶版になってしまったようです。残念。
二冊とも、私がずいぶん前に購入して、ずっともっていた絵本。
自分が好きな絵本を、娘が喜んでくれると、理屈抜きで嬉しいです。


「クリーナおばさんとカミナリおばさん」

クリーナおばさんとカミナリおばさん (こどものともコレクション2009)クリーナおばさんとカミナリおばさん (こどものともコレクション2009)
(2009/02/01)
西内 ミナミ

商品詳細を見る

堀内誠一さんの絵本。
私が子供の頃、お気に入りの絵本で、4歳の頃暗唱していたそうです。
そんな話をしながら、娘に見せてたら、負けず嫌いスイッチが入ったようで、「みーちゃんは3歳だけど、好きだよ!」と言いながら、熱心に読んでくれました。
「ありとすいか」のありの巣同様、カミナリ山の中の様子が楽しい絵本。


かずのえほん いくつかな?

かずのえほん いくつかな?かずのえほん いくつかな?
(2010/06)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る

堀内誠一さんと谷川俊太郎さんの復刻絵本。
以前紹介した「ことばのえほん」シリーズの続編。
一緒についていた解説シートによると、生前、英語版の数字絵本用に堀内さんが書き下ろしていた2つの絵本の原稿に、谷川さんが新たに言葉をつけて、再発行した絵本だそうです。
堀内さんは、激務の仕事の息抜きに、この仕事をしていたとか。
仕事の息抜きに仕事っていうのが、あの時代の男の人らしいエピソードだと思います。

数に関心を持ち始めている娘にはぴったりの絵本となりました。
本を見ながら数を数えたり、数を書くときの見本に使っています。


「きりのもりのもりのおく」

きりのもりのもりのおくきりのもりのもりのおく
(2008/08)
ニック シャラット

商品詳細を見る

パラフィン紙のような後ろが透ける紙に影絵が印刷されていて、霧の中に何かの姿が浮かび上がっているように見えます。
次の頁をめくるとその影の正体がわかるしかけ絵本。
手に取った時は、幻想的な絵本かな、と思ったのですが、意外とコミカルなパロディ要素の強い本でした。

娘はクイズっぽい感じが楽しいようで、面白がっています。
ネタバレになりますが、娘は、この本を読むたびに、観覧車に乗りたがっています。
近日中に行かねば。。。と思っています。

と、まあ、このくらいでしょうか。
来月からは、一冊づつレビューできたらいいなぁと思っています。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/136-c0db515a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)