かがくのとも復刻版セットかがくのとも復刻版セット
(2010/10/06)
加古里子、堀内誠一 他

商品詳細を見る


福音館からかがくのとも創刊500号を記念して刊行された豪華セット。
なんと、創刊号から50号までを、発刊当時そのままの姿で再現した復刻版です。
迷いに迷ったのですが、ついに思い切ってついに購入してしまいました。

収録されている本のリストはリンク先の福音館HPをご覧になってみて下さい。
堀内誠一、加古里子、安野光雅、谷川俊太郎、、、とそうそうたるメンバーです。

まず、個人的におおっ!と思ったのは、谷川俊太郎 文・粟津 潔 絵
「まるのおうさま」
maru
シュールで不思議な世界。
よくこんな絵本が刊行されたものだと、福音館の革新性にびっくりしました。
が、残念ながら、娘は「こわい」と見向きもしてくれませんでした。


一方、娘が、「読んでー」と持ってくる絵本は、こんな感じです。

一番お気に入りは、
堀内誠一 文・絵「ちのはなし」
chi
最近、体のしくみに興味津々なので、その延長での関心なのではないかと思います。
あと、堀内誠一さんの絵本はよくよんでいるので、絵に目が慣れているのもあるのかもしれません。


この本に次いでお気に入りなのが、
安野光雅文・絵「ふしぎなきかい」
kikai
これは現在、はじめてであうすうがくの絵本セット 全3巻として、シリーズ化されている本の一節となっている本。
このシリーズ、刊行当初は、独立していたものを、まとめたもののようです。
読む方としては、手元にある分冊形式のほうが読みやすい気がします。

娘は最初難しい!と言っていたのですが、いろいろ発見できるのが面白くなったらしく、繰り返し読むようになりました。
数学シリーズは、この本の他に、「かずくらべ」「なかまはずれ」「くらべてみよう」などが収録されています。
どれもかなり気に入っているようで、交互に読んでいます。

そのほか、加古里子さんの「はははのはなし」や「だんめんず」もお気に入りの様子。

はじめの頃は、まついのりこさんの「かずのほん」や「ひらがなのほん」も読んでいたのですが、夜寝る前に読むには長すぎるようで、ギブアップしてしまいました。

たまたまかもしれませんが、娘が持ってくる本の多くが、こちら側にどう思いますか?考えてみましょう。と問いかけてくる形式をとっていました。
娘には、それがとても新鮮だったようです。
ちょうどいろいろな現象を考えはじめる時期と重なったのも、幸いしたようです。
この復刻版とは、いいタイミングで出会えたような気がしています。

何と言っても、このセット、50冊もあるので、娘には長く楽しんで貰いたいです。
年齢と共に、好みも変わってくると思うので、今後も娘の好みの変化を追えるのではないかと、今から楽しみにしています^^


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/145-b4dafdf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)