上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスの日、親子三人で四谷にある東京おもちゃ美術館へ行ってきました。
廃校になった小学校を利用したこの施設、おもちゃを使った体感型の美術館ということで、以前から気になっていたのですが、ようやく行くことができました。

廃校を利用したレトロな佇まいと、木のおもちゃ類がお迎えしてくれる環境は、風情があってなかなかよかったです。
私達が行った時間は、ちょうどクリスマスお話会と重なっていたので、会場を一通り回った後、このお話会に参加してきました。

この美術館、運営に多くのボランティアスタッフが参加しているのが特色のようです。
どの展示室にも、ボランティアの『おもちゃ学芸員』と呼ばれるスタッフが常駐していて、来館者に積極的に声をかけ、遊び方のアドバイスをしたり、さまざまな形で来館者のフォローをしていました。
このようなボランティアスタッフのあり方は、理科系の博物館で実施しているサービスに近い形態だと思いました。

ただHPをみるかぎり、ボランティアスタッフは、ボランティアに参加する前に、受講料を支払って、講習を受け、更に会費や制服のエプロンを購入する必要があるようです。民間運営の美術館なので、いたしかたない部分もあるのでしょうが、ボランティア参加者にかなりの負荷がかかっているという印象をうけました。
けれども逆にいえば、この館は、そこまでしてボランティアをしたいという熱意のある人材で構成されている訳です。これは、非常に幸せなことだと思います。
また、そこまでモチベーションを保てる仕事を提供出来るということは、この美術館の経営理念がしっかりしていて、積極的にイベント等を行っていることを証明しているようにも思いました。
ボランティアスタッフの善意が、館内のアットホームな雰囲気に大きく貢献しているのだと感じました。

で、肝心の我が娘の反応ですが、残念ながら、館内の遊具は、4才の娘には、ちょっと微妙だったようです。
ボードゲームやパズルは、娘にはちょっとレベルが高く、逆に、木のおもちゃだけでは、気持ち的にも、体力的にも、少々物足りなかったようです。
ちょっと年齢的に中途半端な時期に遊びに来てしまったのは、失敗でした。

ただ、『てづくりおもちゃ工房』という名の工作教室には、興味津々の様子だったので、次回遊びに来るときには、工作教室に参加してみたいと思っています。
この美術館、子連れででかけるならば、イベントに参加できるようにした方が、圧倒的に楽しめる施設だと思いました。


帰りに、四谷三丁目駅の近くの消防博物館にもちょっとだけ寄ってきました。
閉館ギリギリの時間だったので、滞在時間は、正味30分程度だったのですが、実物資料が多数展示してあり、娘とお父さんには、こちらの方が好評でした。

屋外に、本物のヘリコプターに乗れるコーナーがあると、受付で教えてもらったので、慌てて行ってみたのですが、残念ながら、日没のための屋上は閉鎖されていて、乗ることができませんでした。
幸い、3階フロアーで、ヘリコプターの運転席を再現しているコーナーがあったので、娘はそれで満足してくれたようです。

翌日の保育園では、「ヘリコプターに乗ったの!」と先生に報告し、ヘリコプターの絵を描いていたそうです。
いろいろイベント盛りだくさんの休日だった筈なのですが、今回、娘にとって、一番印象に残ったのは、ヘリコプターに試乗したことだったようです^^;
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/151-f3ab059d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。