上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しっぽのはたらき (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)しっぽのはたらき (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)
(1969/04/01)
川田 健

商品詳細を見る


先日購入した「かがくのとも復刻版セット」
かなり気に入って貰えたようで、いまのところ、毎晩のように読んでいます。
その中でも、とくに最近のお気に入り絵本が、「しっぽのはたらき」です。
かがくのともの創刊号として刊行されたこの絵本、現在も、単行本として、流通し続けているロングセラー本です。

内容を一言でいうならば、本当にタイトルそのまま(笑)
さまざまな動物のしっぽの果たす役割を紹介しています。

まず最初の頁でしっぽだけが登場し、これはなんのしっぽかな?という問いかけがされます。
そして次の頁で、その答えとなる動物の姿が登場します。
前のページに描かれたしっぽと、次の頁に登場する動物が、続き絵で描かれているのが、ポイント。
それに気がついた娘は、頁をなんども繰って、動物の全身を見ようとしていました。

この本の最大の特徴は、登場する動物が、すべてリアルでかつ魅力的なこと。
娘は、ここに登場するリスの絵が大好きで、お気に入りのリスのぬいぐるみに向かって、「ほらお友達よ」と絵本を紹介したりしていました。

そんな素敵な絵を描いているのは、薮内 正幸さん。
日本における動物挿絵絵本のパイオニア的存在だった方のようです。
美術館も開設されているようなので、機会があったら行ってみたいと思います。

娘は、この本がとても気に入っているのですが、4才児には使われている言葉がちょっと難しいようで、「つっかいぼう」ってなに?とか、「櫂」ってなに?、「パラシュート」ってなに?など、思わぬところで思わぬ質問をうけることが多いです。

なにより困っているのが、ここに登場しないどうぶつのしっぽの働きを聞かれること。
・・・我が家では「うさぎ」のしっぽのはたらきについて、現在調査中です^^;

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/153-32a8264e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。