ころころこぐま (童心社のベスト紙芝居 かみしばいがはじまるよ)ころころこぐま (童心社のベスト紙芝居 かみしばいがはじまるよ)
(1983/09/01)
平塚 武二、長崎 源之助 他

商品詳細を見る


日曜日、久しぶりに娘と近所の図書館へ行ってきました。

今回、ついに娘用の貸出カードを作ってもらいました!
今まで図書館で娘の本を借りるときには、私の貸出カードを使っていたのですが、ふと思いついて、娘専用カードを作れないか、カウンターで、聞いてみたところ、あっさりOK。
娘も自分専用カードができたことを多少なりとも喜んでくれたご様子。
こんなことなら、もっと早く作っておけば良かったと思った位です。

ただ、基本的に娘は、図書館の本は返さなきゃいけない(=自分のものにならない)という時点で、図書館が好きではないので、このシステムに納得してくれるか否かが、今後の図書館利用のキモになるかなぁという気がしています。

図書館での娘の行動パターンは、まず紙芝居へ突進!その後、表紙を表にしてある絵本の中から気に入った物を選んで読むというのが、定番なのですが、これは今回も変わりなし。

紙芝居に興味津々なのは、家には(あたりまえですが)紙芝居がないので、私と紙芝居を使って遊べるのは、図書館だけだとおもっているからではないかと思います。
あと、保育園で、紙芝居を見慣れているのも一因なのかもしれません。

今回は「あめのひのおともだち」という紙芝居を図書館で読み、家用に「ころころこぐま」 を借りて帰ってきました。

帰宅後、いつものように紙芝居を読み始めようとしたら、「わたしがよむ!」と言いだし、私と主人が観客となって、急遽、紙芝居ショーがはじまりました。
読み始めた当初は、かなりおぼつかない読み方だったのですが、だんだん興が乗ってきたらしく、途中からは、かなり抑揚をつけて読み始めたのには驚きました。
保育園で聞いたお話なの?と聞くと、はじめての読んだお話との返事。
4歳にもなると、初見でも、結構いっちょ前に読めるようになるんだなぁと感心してしまいました。

自分でも楽しくなってしまったらしく、続けて2回朗読し、そのあとようやく、絵を見たくなったようで、今度は、私に読んで!とリクエストがかかりました。
「結構、疲れるから、頑張ってね。」という上から目線のアドバイスをもらいつつ、朗読開始。
そこそこ満足していただけたようで、私が一回読んだところで、本日の紙芝居ショーは終了となりました。

肝心の話の内容ですが、まるいものが転がることを知ったこぐまが、山の中でころがるものを探して歩いてゆくというお話でした。
この作品、原作・平塚 武二 脚本・長崎 源之助という、児童文学の大御所二人が手がけた定番ものだったようです。
紙芝居に、びったりの場面転換が多い作品で、こぐまの優しげな瞳と水彩で描かれた柔らかな毛並みが、あたたかな雰囲気を作り上げていました。

そんなにクマ好きという訳でもない娘が、なぜこの作品を手に取ったのか、理由はさっぱりわからないのですが、目に付いた物をとっただけにしては、なかなかよい選書をしてくれたと、そのセンスにちょっと感心してしまいました(親ばかです。すみません)

今後も、子どもが嫌がらない程度に、図書館を利用してゆきたいと思っています。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/169-71e20989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)