府中市美術館で、月に一回開催しているオープンプログラム「自分の島を作っちゃおう」に、娘と一緒に参加してきました。

『紙の上に紙粘土で島を作り、色を塗ったり木の枝や石で景色を作ります。』というこの企画、材料費100円を払うと誰でも参加できるそうです。
私達が、会場に入ったのは、申込み締め切り直前ギリギリの時間だったのですが、それでも小一時間かけて、紙粘土と格闘し、なんとか作品を仕上げることが出来ました。

作業は基本的に、親子が自由に行うことが前提となっていて、数人のサポートスタッフの方が、時々アドバイスしてくださるというシステムになっていました。

会場は、大勢の親子連れでにぎわっていました。
時間ギリギリだったこともあり、何組くらいの親子が参加していたのか、まわりを観察する余裕がなく、正確なところはわからないのですが、十数組は、いたような気がします。
100円でこれだけ楽しめるのであれば、リピーターも多いのではないでしょうか。

小学生くらいのお姉ちゃん・お兄ちゃんが大勢参加していたのも、娘には、いい刺激になったようで、他の人の作品も見つつ、試行錯誤を繰り返していました。

完成した作品は、大きな木が一本生えた、不思議な形の島に、雪だるまと魚を置いた、なんとも不思議な代物でしたが、本人は満足していたようです(^^;
家ではなかなか水彩絵の具で遊べないので、絵の具を自由に使えるのも楽しかったようで、かなり大胆な配色で、島を塗り分けていました。
海の色も、赤で塗り、「あかうみなの~」と言っていたのが可笑しかったです。

作品が完成した後、展示をみようかと一瞬思ったのですが、娘が、美術館の外に広がる公園にすでに心を奪われている様子だったので、展示を見るのは諦めて、その後、公園でひとしきり遊んで帰宅しました。

短い時間でしたが、そこそこ楽しんで貰えたようでよかったです。
気軽に参加できることもわかったので、また面白そうな企画があったら、参加してみたいと思っています。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/179-ff36bd91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)