彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアムで開催している「魔法かもしれない」展へ、私と娘、プラス私の母と5歳の甥っ子の計4人で行ってきました。

この展覧会、「見えないものを見る」をコンセプトに、日本を代表するメディアアーティスト、八谷和彦さんの三つの体験型インスタレーション作品、『フェアリーファインダー』シリーズ《コロボックルのテーブル》と《フェザードフレンド》、『見ることは信じること』、『視聴覚交換マシン』で構成されていました。

思っていたよりも小規模な展示で、映像ミュージアムという、映像の原理・歴史やテレビ・映画の仕組みが学べる科学館の一室を使って開催していました。
残念ながら、この展示のメインである『視聴覚交換マシン』の体験は、小学校高学年以上からしか体験できなかったので、私達は、参加できず、体験している人の姿を見ているだけで終わってしまいました。

コロボックル好きの私としては、『フェアリーファインダー』シリーズ《コロボックルのテーブル》にかなり期待していたのですが、娘、甥っ子の反応はさほどでもなく、私自身も、さほどの感銘もなく、こんな感じものなんだ、という印象しか残りませんでした。

この作品、特殊なコースターを動かしながら観察するとテーブルの中をコビト=コロボックルが遊んでいるのが見えるという趣向だったのですが、ここに登場するコロボックルさん、あまりに普通の人間っぽくて、小型テレビで普通の映像をみているようで、ちょっと興ざめでした。
せめてもう少し、キャラっぽい演出があったほうが、個人的には、ロマンを感じられた気がします。

娘達は、この展示よりも、映像ミュージアムの常設展の方が、面白かったようです。
特に、合成映像を体感する「空飛ぶ絨毯」のコーナーや、自分でアニメをつくることができる映像ソフトが好評でした。

一方大人はというと・・・子供の背中を追っかけていただだけで、終了してしまった感が強いです。

今回は、体感型のインスタレーションということだったので、あえて子連れで参加してみたのですが、残念ながら、子供の反応は微妙なものでした。
子供向けと一言で言っても、対象とする年齢の幅は広く、対象年齢以下の子供が、その展示を見てもつまらない可能性が高い・・・そのことを改めて痛感させられました。

展示のメイン作品である『視聴覚交換マシン』を体感していたら、また印象も違っていたのかもしれませんが、今回の体験を一言で表すならば、小規模な科学館に遊びにきた、という一言に尽きると思います。

・・・なかなか、こどもに楽しんでもらう展覧会を探すのって難しいですね。
ただ、こればかりは、実際に行ってみないとわからないことなので、これに懲りず、面白そうな展覧会があったら、今後も、足を運び続けたいと思っています。


スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/190-83aa704a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)