実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ
(2000/06)
デビッド・A. カーター、ジェームス ダイアズ 他

商品詳細を見る


2006年10月生まれの娘は、来月いよいよ5歳になります。
そういえば、4歳になってから読んでいた絵本について、最近書いていなかったので、備忘録的にいくつかピックアップしてみたいと思います。
まず、今年一月末に買ってから、しばらくの間、ヘビーローテーション絵本となっていたのが、「実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ」というポップアップ絵本です。

この本、ポップアップ絵本の基礎的なしくみがわかる実用書です。
大型絵本のなかに、小さな飛び出すしかけが、実例付きでいくつも解説されています。
登場するしかけは、ごく簡単な飛び出すしかけから、くちばし型を模した三角形がパクパクするしかけ、音の出るしかけに、回転するしかけなど、実に多彩。
シンプルだけど、驚きに満ちた本です。

最近人気のロバート サブダさんのポップアップ絵本に登場する、びっくりするような凝った仕掛けも、この本に登場する基礎的なものを組み合わせて作っているのかと思うと、種明かしをしてもらったようで、見ているだけで、楽しくなってしまい、思わず自分用に購入してしまいました。

自分用のつもりとはいえ、せっかく買ったので、娘にも見せたところ、登場するシンプルなポップアップが、娘には、新鮮だったようで、何度も見るようになりました。
しかけの構造が単純な分、壊さず自分の手で動かせる上に、シンプルな動きがわかりやすいのも、4歳児のレベル合っていたようです。

この本への反応が、思いの外良かったので、いくつか手持ちのポップアップ絵本もみせてみたのですが、今のところ、この本が、一番気に入っているみたいです。

あと、子供に読む側の本音を言わせていただくならば、この本、大人向けの解説が、各装置ごとについているものの、娘がそちらには、全く関心をしめさないため、文字を読むことなく、一緒にポップアップをパタパタ動かしているだけで、一冊読んだことになってしまう点が、手間がかからず、お手軽な本だったりしますw

今のところ、しかけを動かして楽しんでいるだけの本ですが、もう少し大きくなったら、夏休みの自由研究などの宿題への対策として、ポップアップ使った工作をつくるネタ本にもなってくれるのではないかと、密かに期待しています。
そう言う意味で、長いつきあいになる本なのではないかと、予感している絵本です。


ついでに、この本以外に、娘の反応がよかったポップアップ絵本をいくつかピックアップしておきます。

Mommy?Mommy?
(2006/09)
Maurice Sendak

商品詳細を見る

「かいじゅうたちのいるところ」でおなじみのセンダックさんの挿絵を使ったポップアップ絵本です。
娘は、最初見たときには、登場するモンスター達が怖かったようですが、主人公の赤ちゃんが、モンスターをどんどんやりこめる姿が、痛快だったらしく、情けない姿をになるモンスターの様子を大喜びで見ていました。
オチが英語を使ったシャレなので、和訳は難しい本かもしれませんが、子供でも説明すればわかる話ではあるので、洋書でも全然問題はないようです。
2011年9月25日追記:すでに日本語訳が出ていました。すみません。

マミー? (とびだししかけえほん)マミー? (とびだししかけえほん)
(2008/09)
マシュー ラインハート、アーサー ヨーリンクス 他

商品詳細を見る



不思議の国のアリス (とびだししかけえほん)不思議の国のアリス (とびだししかけえほん)
(2004/11/16)
ロバート・サブダ、わく はじめ 他

商品詳細を見る

この本のポップアップもかなり凝っていて、大人がみてもビックリするレベルです。
文章は、文字量も多く、子供にはちょっと難しいかもしれません。完全に大人向けの絵本です。
しかも、紙面の制約からか、ストーリーをかなりはしょっているので、仮に読めたとしても、物語の面白さを、子供に感じて貰えるかは微妙な感じ。
うちでは、物語は大人になってから読んで貰えたらいいやと割り切って、ポップアップ効果だけを、親子で楽しんでいます。



Gallop! (Scanimation Books)Gallop! (Scanimation Books)
(2007/11)
Rufus Butler Seder

商品詳細を見る

こちらはポップアップではなく、開くと絵が動き出す不思議な絵本です。
ウチにあるのは、洋書版ですが、今は翻訳された本も出版されていてシリーズ化もされているようです。
最初みた瞬間の「すごーーい!」という歓声が忘れられない絵本です。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/191-9e8ccb04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)