上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みつばちみつひめ―どどんとなつまつりの巻みつばちみつひめ―どどんとなつまつりの巻
(2010/07)
秋山 あゆ子

商品詳細を見る


この本を買ったのは、5月頃のことです。
震災後、絵本ナビさんという、絵本専門のネットショップで、「絵本エイドーこころにひかりをー」という支援プロジェクトが行われていて、その一環として絵本作家さんのサイン入り絵本を販売するチャリティー企画が開催されていたんです。
私も、何冊か購入されていただいたのですが、その中で、娘の一番のお気に入りとなったのが、この「みつばちみつひめ―どどんとなつまつりの巻」でした。

この本、はちのす城にすむみつばちのおひめさま、みつひめさまが、家臣(?)のおっちゃんばちに連れられて、城下で行われている夏祭りに行く顛末を描いたお話です。
みつひめさまのキャラ設定は、虫版あんみつ姫といった趣。
世間知らずでおてんばな愛らしいお姫様です。

そしてなによりも、細部まで細かく設定されていて、描写されているのが楽しい本です。

みつひめが出かける、なつまつりの縁日に登場する屋台も、虫の特性を生かしたものになっています。
例えば、蚕が綿飴を売っていたり、蜘蛛が蜘蛛の巣であみだくじ屋さんをひらいています。
売っている食べ物も、やきそばのソースは樹液だし、蒸しパンはちゃんと虫のかたちになっています。しかも味ごとに虫の種類を変えている芸の細かさも見逃せませんw
そして、お祭りには欠かせない、ヨーヨー売りはみずぐもが担当していて、お面屋さんでは、虫の顔をかたどったお面が売られています。

付録として、「さがしてみよう」というリーフレットがついていて、本の中のまつりに参加している虫や、小道具を探すお題が出されています。
娘には、この付録が大好評で、出題された虫を探すのを大喜びでやっていました。
付録のお題を解いた後も、ここには、こんな虫がいる!そこには、こんなものがある!と、本を読む度にいろいろ発見して、喜んでいます。

特に、蜘蛛の巣のあみだくじが気に入ったようで、読み始めた当初は、蜘蛛の屋台が登場する頁を開く度に、必ずあみだくじをしていました。

最近は、みつひめを縁日に連れて行ったおっちゃんバチグループに、キノコ好きな『たけお』というメンバーがいるのに気がつき、『たけお』と『たけお』の好きなキノコを発見するのに熱中しています。

クライマックスに大きな打ち上げ花火が登場するのも嬉しいようで、ついでに花火がどうやって打ち上げられるのかにも興味津々のご様子です。

そんなわけで、本を読む度に、こんなものがあった!と報告してくれるので、読み終わるのにおそろしく時間がかかる絵本です。
ちょっと手間はかかるけど、一緒に本を読んで、いろいろ発見ができる本は、読んでいて盛り上がりますね♪

みつひめのお話は、この本のほかに「みつばちみつひめ―てんやわんやおてつだいの巻」という本が出ています。
こちらは図書館で借りて読んでみたのですが、同じく気に入ったようなので、近々購入する予定です。


みつばちみつひめ―てんやわんやおてつだいの巻みつばちみつひめ―てんやわんやおてつだいの巻
(2008/05)
秋山 あゆ子

商品詳細を見る


最後に追記。
絵本ナビさんで買った本には、サインの代わりに、とても丁寧に彩色された秋山さん直筆の小さなイラストカードがついていました。
こちらは、あまりに勿体ないので、本とは別に大切に保管しています。
娘がもう少し大きくなったら、改めてプレゼントしたいと思っています♪

(2011/10/11:追記)
先日、「てんやわんやのおてつだいの巻」を購入したことで、現在我が家では、このシリーズ本が大人気です。
最近、寝る前に読む本は、この2冊を連続で読むのが定番となっています。
盛り上がりポイントは、その日によって違いますが、台詞部分を娘が読んで、筋の部分を私が担当して、二人で一緒に読んだり、てんやわんやのおてつだいの巻に登場する「みつばちのうた」を、どちらがおもしろい節回しで歌えるか競争したりして、盛り上がっています。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/192-698b0fac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。