上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うらわ美術館で開催していた「プラティスラヴァ絵本原画展-世界の絵本がやってきた」に行ってきました。

この展覧会は、スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年に一度開催されている世界最大規模の絵本原画コンテストの受賞作品と日本からのコンテスト出品作品で構成されています。
絵本としてすでに出版されていることがコンテストの参加条件となっているため、世界各国の個性豊かな作家の作品を知る絶好の機会となっています。
2000年代に入ってからは、コンテストの受賞作の原画を紹介する展覧会が開催され、日本各地に巡回しています。
うらわ美術館もその巡回先となっており、2年に一度展覧会が定期的に開催されています。

先日、板橋私立美術館で、ボローニャ絵本原画展をみたばかりだったこともあり、それと比較するためにも、是非、この展覧会に行きたいと思っていたのですが、どうしても時間の調整ができず、結局、所用とからめて、子連れで展覧会に行かざるを得なくなってしまいました。

幸い、私の母が同行してくれたので、展示会場脇の別室(普段は所蔵品用の展示コーナーになっている場所)で開催している、子供向け工作コーナーで、娘と遊んでいてもらい、その間に展示を見ることができたらいいなぁと思っていたのですが、残念ながら期待どおりに事は運びませんでした。

まずはみんな一緒に、展示会場に入ったのですが、会場をちょっと見ただけで、娘はもういい~と言い始め、あっという間に、会場の外に飛び出して行ってしまいました。
仕方なく、当初の予定通り、工作コーナーへ移動したのですが、娘は、工作には今一つ興味が持てないようで、ちょっとだけ落書きをした後は、私のそばを離れようとしません。

結局、娘を連れて、ざっと会場内を回り、娘がわずかながら関心をしめした「ねこのおいしゃさん 」という絵本を会場で読んで、見学終了、と相成りました。

ちらっと展示を見ただけですが、会場内で一番目立っていた作品は、智内兄助さんの「ぼくがうまれた音」 だった気がします。
原画の中に、本物の自転車をつかった大型のコラージュ作品が一点入っていたため、平面的な絵画作品が並ぶなかに、一つだけ異なる質感を持つものが紛れ込んているせいもあってか、その存在感は圧倒的でした。
残念ながら、絵本作品は、私はまだ未読なのですが、冊子形式でこの絵を見たときどんな風に感じられるか、とても興味を抱かせる作品でした。

その他の作品については、後で、展覧会図録を見て、ああ、こんな作品が展示されていたのね・・・と、一人ため息をつくしかない程度にしか、見ることができなかったので、これ以上語ることはできません(泣)

本当は、板橋美術館で開催されていたボローニャ展と比較しつつ、作品を見たかっただけ残念でなりません。

ざっと見ただけですが、やはりこの展覧会の方が、サイズや作品数に制約がない分、より作品に自由さと個性があり、さらにプロとしてのレベルの高さが感じられたように思います。

この展覧会では、絵本原画の他に、人形劇用の人形も、展示されていました。
メインは、チェコ共和国で使われている家庭用操り人形だったようです。
かなり大きな人形で、自由に動かすようになるためには、ある程度コツをつかまないと難しそうな感じがしました。
人形に、触れるコーナーもあったのですが、娘にはちょっと難しそうだったし、壊すのも嫌だったので、見るだけにしておきました。

娘は、人形にはあまり興味を示さず、むしろ、人形劇用の舞台装置に興味津々な様子でした。
横から見ると、描き割りの絵がいくつも重層的に配置され、奥行きが作られているのが面白かったようです。

個人的におおっと思ったのは、昔NHKの人形劇に登場していた三国志の人形が出品されていたこと。
精巧な作りの見事さが、際立っていました。

この夏、いくつか娘と展覧会に行きましたが、お互いが楽しく展覧会を見るまでには、まだ数年はかかりそうな気がします。
結局、お互いが満足できた展覧会は、ポーラ美術館アネックスだけだったように思います。
小学生くらいにならないと、ただ絵を見るということに喜びを見出すのは、難しいのかも・・・と若干弱気になりつつありますが、諦めることなく、これからもいろいろ出かけてみたいと思っています。

ねこのおいしゃさん (ケロちゃんえほん)ねこのおいしゃさん (ケロちゃんえほん)
(2008/10)
ますだ ゆうこ

商品詳細を見る



ぼくがうまれた音 (日本傑作絵本シリーズ)ぼくがうまれた音 (日本傑作絵本シリーズ)
(2007/03/01)
近藤 等則

商品詳細を見る


スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/193-a551952a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。