上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜の季節。花見がてら、久しぶりに府中市美術館で定期的に開催しているワークショップに娘と一緒に行ってきました。
今回は、日本画体験講座です。

うちの娘、お絵描きは大好きなものの、色を塗るのは疲れると言って、描く絵は線描が基本。
色をつけたら?と言っても、「めんどくさい」といって、なかなか色まで塗ろうとしません。
ところが最近、ようやく色を使って絵を描くようになってきたので、この機に、いろんな画材を体験してもらいたいと思い、参加してみました。

今回のイベントは、一般向けの企画で、対象が子どもというわけではなかったので、娘がついてゆけるか少々心配していたのですが、この点は、全くの杞憂に終わりました。

会場では、まず、それぞれ一枚ずつ色紙をもらいます。
その色紙に、自由に絵を描いて採色してもいいし、先生が用意した下絵をトレースしてそれに彩色するぬりえ方式でも、OK。
娘は当然、自由に絵を描く方を選択。
私はいろいろあった下絵のなかから、鳥獣戯画の一場面をチョイスして、ぬりえにトライしてみました。

まず鉛筆で線を下書きしたあとに、筆と墨で、輪郭をなぞります。
ちまちました絵を描いていた娘にとっては、これが最初のハードルとなってしまいました(^^;
結局、どうやっても筆で輪郭をなぞるのは、無理そうだったので、マジックで輪郭線を描く事になりました。
このあたりは、もっと大きな絵を描いた方がいいよ~とアドバイスしてあげたらよかったな、と後悔しています。

次に水干絵具という日本画の画材をつかって、彩色をしてゆきます。
水干絵具とは、水簸精製して作られた絵具で、岩絵具と同じように膠と水で溶きます。
本来は日本画の下塗りに使うもののようです。

このワークショップでは、好きな色を一色選んで、水と膠で溶いて練るところから体験できました。
私は、日本画の顔料を膠で溶くのは初めての経験だったので、この作業が一番楽しかったです♪

膠には、ちょっと独特のにおいがあり、しかも、顔料と膠は、指で練って混ぜるので、必然的に指が汚れてしまうのですが、これが、娘はちょっと嫌だったようです。
それでも、絵の具ができあがると嬉しそうにしていました。

作った色は、水彩画と同じ要領で、筆に水を含ませて塗ってゆきます。
不透明水彩よりも、華やかな発色をするのが新鮮でした。
また、水の含ませ方によって、色の強弱が随分変わるのも、おもしろかったです。
日本画の画材って、もっと扱いが難しいのかと思っていたのですが、水干絵具は、想像以上に柔軟で、調整が面白い画材でした。

娘は、もっと練り練りして色を作りたかったようですが、今回は一色だけというルールだったので、あとは既に作ってある色を使って、絵を仕上げてゆきました。
途中、既に作ってある色を混ぜたりして、自分なりにいろいろ挑戦している姿が、親としては微笑ましかったです。

私の予定では、このイベントの後、美術館で開催していた特別展「三都画家くらべ 京、大坂をみて江戸を知る」を一緒に見るつもりだったのですが、残念ながら娘は、外で遊びたくて仕方ない様子だったので、今回は、展覧会を一緒に見るのは諦めて、公園で花見をしつつ、遊んで帰りました。

このイベント、参加費は100円。
参加時間も11時から16時までというざっくりしたくくりなので、自分の都合にあわせて、時間調整して参加できるのが、ありがたかったです。
ただ、自分がなにをするのかよくわからないまま、作業を開始して、一つ作業が終わる度に、スタッフの方を捕まえて、次に何をするのかを確認しなければいけないのは、効率が悪い気がしました。
できれば、作業の全体像を、最初に把握できるよう、手順を壁に貼りだしておいていただけたら、ありがたかったかな、と思います。
あと本音を言えば、もっと自分で絵の具を作ってみたかったけど、これは、値段とキャパを考えたら無理な注文ですね(^^;

最後は、ちょっと辛口になってしまいましたが、スタッフの皆さんは、皆、とても親切で、値段以上のサービスをしていただけたと思っています。
スタッフの皆様、楽しい一時をありがとうございました。
今後も、折りをみて、府中市美術館のイベントには参加してみたいと思っていますので、どうかよろしくお願いします^^

スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/221-d2e73e25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。