東急Bunkamuraザ・ミュージアムで開催していた「スイスの絵本画家 クライドルフの世界」展をちょっとだけ見てきました。

クライドルフさんの本は、これまで全く読んだことがなかったのですが、絵本の草創期に活躍した絵本作家の一人なんだそうです。
花や植物を細密なタッチで擬人化して描いているのが印象的でした。
絵本の草創期に生まれたその作品群は、大人が安心して子供に与えるために描かれたんだなぁという印象。
本に登場する花や虫は細部にわたる観察にも基づいて描かれており、細部を極めたうえで、擬人化されていました。
このような花や虫の擬人化という手法が、子どもの本に取り入れられたのがいつからなのかは、わかりませんが、当時の子どもはさぞ喜んだんだろうなぁと思わずにはいられませんでした。
日本の鳥獣戯画もそうですが、一昔前の動物の擬人化って、ものの本来の姿をより正確に理解したうえでなされているから、より物語性に富んでいる気がします。
今の私たちは、擬人化という技法に、慣れ親しみすぎているだけに、本来のものの姿に鈍感になっているかもしれないな、と考え込まされました。

彼の作品は、小人や妖精など、伝承に基づいた描写が、多いのも一つの特徴のように思いました。
特に、しらゆきひめが登場する「ふゆのはなし」は、ちょっとマダムなしらゆきひめが、小人と一緒に遊ぶ姿の妙が面白い、独特な作品でした。

ふゆのはなし (世界傑作絵本シリーズ・スイスの絵本)ふゆのはなし (世界傑作絵本シリーズ・スイスの絵本)
(1971/03/30)
エルンスト・クライドルフ

商品詳細を見る


残念ながら、彼の物語は、本来の母国語に準拠して作られていたり、詩を多用しているものが多いようで、日本人の私たちにはちょっとなじみにくい部分がある気がしました。
そういう意味で、絶版になっている作品が多いのも、なんとなく納得という気がしました。

子どもが反応するとしたら、小学生4,5年からくらいからでしょうか。
むしろ、今となっては、大人がときめく要素が高い作品かもしれません。

個人的には文化村のHPでもつかわれていた自画像がツボでした。
展覧会紹介ページには、その肖像画を用いた動画がありました。
まだHP上には残っているようなので、まだご覧になっていない方は是非!

この展覧会、文化村ではすでに終わっていますが、現在、全国を巡回中のようです。
2012年8月4日(土)~2012年9月17日(月・祝) 郡山市立美術館
2012年11月10日(土)~12月27日(木) 富山県立近代美術館
2013年1月30日(水)~2013年2月24日(日) そごう美術館(横浜)
(この情報はインターネットミュージアムさんから引用させていただきました。)


バッタさんのきせつバッタさんのきせつ
(2012/05)
エルンスト クライドルフ

商品詳細を見る



くさはらのこびと (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)くさはらのこびと (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)
(1970/09/05)
エルンスト・クライドルフ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/229-fca1df42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)