上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
娘が来月6歳になるのを前に、この一年でよく読んでいた本を振り返ってみたいと思います。
今日は、5歳になった頃から、2ヶ月近く、毎晩読み続けた島田ゆかさんの本。

きっかけは、私が定期的に参加している大人絵本会というツイッターで一つの本について語り合う会のお題に島田ゆかさんの「うちにかえったガラゴ」がとりあげられたことでした。

うちにかえったガラゴうちにかえったガラゴ
(2002/06)
島田 ゆか

商品詳細を見る


実は、島田ゆかさんの本、よく本屋さんなどで目にしていたものの、キャラ物絵本という感じがして、積極的に手に取ろうという気がおきないまま、スルーしていました。
ところが、2011年の春にこの人の展覧会を見る機会があり、そこで、細部まで行き届いた物語の作りを目の当たりにして、認識を改めた次第です。
ただ、この時は、娘の反応はさほどでもなく、結局本を買うまでには至らず、図書館で借りて読んだだけで終わってしまいました。

大人絵本会で取り上げられたのを機に、娘の反応があまりよくなくとも、私の手元に置いておきたいなと思い、思い切って、一気に購入してしまいました。
すると今回は、前回と打って変わって、娘も大受けで、しばらくの間、日替りで島田ゆかさんの本ばかり読む羽目になりました。

この時買ったのはこの作品

バムとケロのにちようびバムとケロのにちようび
(1994/09)
島田 ゆか

商品詳細を見る



バムとケロのそらのたびバムとケロのそらのたび
(1995/10)
島田 ゆか

商品詳細を見る



バムとケロのさむいあさバムとケロのさむいあさ
(1996/12)
島田 ゆか

商品詳細を見る



バムとケロのおかいものバムとケロのおかいもの
(1999/02)
島田 ゆか

商品詳細を見る



バムとケロのもりのこやバムとケロのもりのこや
(2011/01)
島田 ゆか

商品詳細を見る



かばんうりのガラゴかばんうりのガラゴ
(1997/11)
島田 ゆか

商品詳細を見る



うちにかえったガラゴうちにかえったガラゴ
(2002/06)
島田 ゆか

商品詳細を見る


こうやって眺めてみると壮観ですね(^^;
この本、すでに読んだ方は、よくお分かりかと思うのですが、細部にいろいろな描き込みがしてあって、それが、ほかの物語に続いていたり、本筋とは別のお話が脇で繰り広げられていることがあるんです。
そのため、一読しただけでは、物語のすべてがわかりません。

もちろん、本筋も面白いのですが、むしろ細部に隠された物語を探すのが楽しい本なんです。
娘は、そのことに気がついた瞬間から、ここでは、この子がこんなことしてた!とか、ここにこんな絵がある!と発見するのが楽しくなってしまったようです。
探すことで、本を読むのも盛り上がり、こちらも飽きることなく、読み続けることができました。

結局二ヶ月近く、毎晩島田ゆかさんの本を読んでいたのではないでしょうか?
今でもたまに、読むことがありますし、娘が一人で読んでいることもあるようなので、飽きる気配が全くない本、と言っても過言ではないと思います。

私の経験から言って、なんども繰り返して読むことで、より楽しさが増す本なので、購入して手元においておくのがオススメのシリーズです。
「バムとケロの小型えほんボックス」というミニ本セットもあるようなので、こちらで買うのもいいかもしれません♪

バムとケロの小型えほんボックスバムとケロの小型えほんボックス
(2011/11/01)
島田 ゆか

商品詳細を見る


あと、大人の方にオススメなのが、
絵本のひみつ―絵本の知と読み聞かせの心絵本のひみつ―絵本の知と読み聞かせの心
(2010/08)
余郷 裕次

商品詳細を見る


この本、子供向けの本の面白さを論説している本なのですが、バムとケロシリーズの種明かしにかなりの頁を割いています。
これも経験談ですが、この本を読んだ上で、バムとケロシリーズを読むと、子供の半歩先をゆくペースで謎解きに参加でき、子供の尊敬を勝ち得ることができると思います(笑)


スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/234-748bc3cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。