上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よつばと! 11 (電撃コミックス)よつばと! 11 (電撃コミックス)
(2011/11/26)
あずま きよひこ

商品詳細を見る


5歳になって以降、娘と本との関わりにおいて、一番大きな変化は、黙読を身につけたことだと思います。
で、黙読を習得するのに大きな役割をはなしたのが、なんと漫画でした。

娘が最初に読んだ漫画「よつばと! 」は、5歳の女の子よつばの日常を淡々と描いたいわゆる『日常系』漫画です。

この作品が刊行されたのは、娘が生まれる遥か前、2003年のことです。
最初は知人に借りて読みはじめたのですが、よつばの一挙一動がツボで、最近は自分で、単行本を買って読むようになりました。
なかなか単行本が出ない読者泣かせの作品なのですが(笑)、昨年11月に久々に最新刊が発行されました。
で、さっそく購入し読み始めたら、あら、いつの間にか、娘は、よつばの年になっていたのねーとびっくりしました。

私が、何も考えず娘のわきで読んでいたら、娘が珍しく私が読んでいる本に興味をしめしました。
それならと、同い年の女の子が出ている本だよーと言って手渡したら、ものすごく面白がるではないですか!
最初は、私に読んでーっと言ってきていたものの、だんだんまどろっこしくなってきたようで、しばらくすると一人で黙々と読み始めました。
そしてよつばのすることを、私にいろいろ話してくれたり、よつばの絵をかきはじめたり、読み始めてから2か月ほどは、空前のよつばブームが我が家を席巻することになりました。

この作品の何がこんなに娘を引き付けたのか、私なりに考えてみたのですが、まず自分と同じ年齢の女の子が主人公であったことが、大きな要因だったのではないかと思います。
また、急激な場面転換がなく、時系列がゆっくりと日常どおりに進んでいく点も、子供には混乱を招かず読みやすかった気がします。
さらに、絵も非常に丹念に細部まで描かれているうえ、極端なデフォルメがないことも、娘が世界観に入り込みやすかった要因ではないかと感じています。
あと、娘が読みだして、初めて気が付いたのですが、この作品、漢字に全部ルビがふってあるんです。
これは、娘が一人で読むの上で、とても読みやすかった要因となったのは、間違いないと思います。
最終的には、家にある巻はすべて読破してしまいました。
続きものとはいえ、一話完結の形式をとっているため、どこからでも読めるのも、娘には幸いしたようです。

特に牧場に行くお話がお気に入りのご様子で、この本を読んで以来ずっと牧場に行きたいといっているので、6歳の誕生日にあわせて牧場に行こうかと思っています。
よつばと! 7 (電撃コミックス)よつばと! 7 (電撃コミックス)
(2007/09/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る



あともう一つ、娘が最近とても気に入っている漫画が、逢坂みえこさんの子育てまんが
「育児なし日記vs育児され日記」です。

こちらもきっちりした線で描かれた短編漫画です。
どこからでも読める上、赤ちゃん目線でかかれたエピソードがあるのが、娘は面白かったようです。
この本は、漢字にルビは振ってないのですが、娘は意味を類推して読んでいるようです。
また言い回しが大人向けで難しい部分については、私に意味を聞いてくることもあるので、この本のおかげで娘の語彙が確実に増えた気がします。

育児なし日記vs育児され日記育児なし日記vs育児され日記
(2008/10/15)
逢坂 みえこ

商品詳細を見る


私としては、こんなに早くから漫画を読ませる気はなかったのですが、親が楽しそうに読んでいると、子供は興味をしめすものなんですね。
ひょんなことからはじまった漫画読み、娘にとっては、黙読が身についたこと、漢字にも興味を示すきっかけになってくれた点において、いい効果があった気がしています。

ヲタ度の高い子供になるかもしれませんが(^^;そのリスクを払っても、この調子で娘が漫画好きに育って、親子で漫画を語れる日もくるといいなぁ♪と内心楽しみでならない母なのでした♪♪
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/236-bacfe193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。