上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「レオ・レオニ 絵本のしごと」展へ行ってきました。

レオ・レオニは、アメリカで活躍した絵本作家です。
グラフィックデザイナーとして活動した後、孫のために作った「あおくんときいろちゃん」で絵本作家としてのキャリアをスタートさせ、生涯で40冊ほどの絵本を作ったそうです。
あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)
(1984/01)
レオ・レオーニ

商品詳細を見る


「あおくんときいろちゃん」は、コラージュをつかった抽象的な表現が驚きをもって迎えられたそうですが、今見ると抽象的というよりもむしろ素朴な表現を用いた作品と感じられる位です。
これは、彼が用いた抽象表現が、その後絵本作品の表現としていかに定着しているかという現れなのかもしれません。
残念ながら、今回の展覧会には、この作品は出品されていませんが、レオ・レオニの作品を語る上で、この作品は欠かせないと個人的には思っています。

あれ?早速話が展覧会から脱線してしまいました(^^;
この人の作品には、個人的にいろいろ思い入れがありすぎて、これから先も、かなり話が横にそれてしてしまいそうな予感がするのですが、とにかくできるかぎり、展覧会の感想に絞って話を進めて行きたいと思います。

今回の展覧会では、彼の絵本原画や資料約100点と絵本以外の彫刻や仮面の板絵などが展示してありました。

メインはもちろん絵本原画なんですが、個人的には、会場ではコラム的に取り上げられていた、空想上の植物をモチーフにして作られた「平行植物」シリーズに属する版画や彫刻のシュルレアリスム的な表現が一番印象に残っています。
なんというか、彼特有の無機質な空気が極限まで高められた作品群で、その独特な世界観がすばらしかったです。
実は本もでているようです。これは早々に買うつもりです。

平行植物 新装版平行植物 新装版
(2011/01/31)
レオ・レオーニ

商品詳細を見る


この世界観が絵本になったかのような印象をうけるのが「はまべにはいしがいっぱい」

はまべにはいしがいっぱい (レオ=レオニの絵本)はまべにはいしがいっぱい (レオ=レオニの絵本)
(2012/04/06)
レオ=レオニ

商品詳細を見る

モノトーンで描かれた石の細密表現が素晴らしい作品です。

この流れで描かれたとおもわれるタブロー「アスファルトのチュウイングガム」は特にすばらしかったです。
個人的には、今回会場に展示してあった作品の中では、これが一番ツボに入りました。

近年のグッズ攻勢で、『レオ・レオニ=ねずみちゃん』 と思っているような人には、ぜひ、これらのハードな作品を見てもらって、彼の凄さがどこにあるかを感じてもらいたいものです。

で、メインの絵本原画ですが、こちらはこちらで見応え満点でした。
なによりも思っていた以上に、作品ごとに様々な技法を用いて描いている事に驚きました。
もっとも多く使われていたのはコラージュでしたが、色鉛筆画や油彩画、テンペラで描かれた作品もありました。

私がレオ・レオニの作品に最初に触れたのは、子供の頃なので、これまで技術的なところや、絵の様式などには全く興味ももたず、ひたすら作品世界を味わっていました。
原画をみて、こんな風にこの絵は描かれていたんだ!と初めて客観的に、彼の作品を見直すことがができたような気がします。

初期の作品である「フレデリック」や「ひとあし ひとあし」などのコラージュで作られた作品は、台紙が変色し、一部貼付けていたパーツがとれているところも見られましたが、それでもなお、作品が精密に作り込まれている事がダイレクトに伝わってきました。

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなしフレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし
(1969/04/01)
レオ・レオニ

商品詳細を見る



ひとあしひとあし―なんでもはかれるしゃくとりむしのはなしひとあしひとあし―なんでもはかれるしゃくとりむしのはなし
(1975/04/01)
レオ・レオニ

商品詳細を見る


また弟が大好きだった「アレクサンダとぜんまいねずみ」のコラージュに、和紙や千代紙の桜が使われていたのも驚きでした。
子供のころには、そんな細部なんてどうでもいいくらい話にのめり込んでいたってことなんでしょうね。
タブローとして額に掛けられている作品が、本とは違ってひどく他人行儀に感じられました。

アレクサンダとぜんまいねずみ―ともだちをみつけたねずみのはなしアレクサンダとぜんまいねずみ―ともだちをみつけたねずみのはなし
(1975/04/01)
レオ・レオニ

商品詳細を見る


...と、まあ、こんな感じで、展示してあった作品一つ一つについて、いくらでも感想がかきたくなる位、懐かしい作品の原画が目白押しの展覧会でした。

もう、この際だから思い切って、自分語りをしてしまいますが、彼の作品は、今は亡き弟が、子供の頃大好きだったんです。
弟が熱中するのにつられるようにして、私もその世界にはまって、二人で読んでいた作品ばかりなので、どの作品を見ても弟との思い出が蘇ってきてしまいます。
この展覧会は、本来、弟が見るべきものだった気がして、私が一人で見ているのが申し訳ない気分になりました。
本当に、これを見たら弟はさぞ喜んだだろうなぁと思うと、作品を正視することができませんでした。
せめて、弟の子供に見てほしいけれど、残念ながら、そんなこともできそうもないのが辛いところです。
いろいろ思う事がありすぎて、見ていて切ない展覧会でした。

実は今まで、弟の事を思い出すのが辛くて、レオ・レオニ作品をほとんど買わないままでいたのですが、娘もそろそろ私たちが彼の作品を熱中して読んでいたのと同じ年齢になろうとしています。
そろそろ我が家にも「アレクサンダとぜんまいねずみ」くらいは、買おうかな、とようやく思う事ができました。

絵本を見て、娘が興味を示すようなら、娘と一緒にこの展示を見に行くかもしれません。
ただ、展示自体は、目線の高さも大人仕様で高めに設定してあるし、あまり子供向けとは言えないので、無理強いはしないようにしておこうと思っています。

個人的な思い入れがありすぎて、客観的な感想が全く書けなかったのですが、レオ・レオニの回顧展としては、かなり質の高い内容だったのは間違いありません。
彼の絵本を読んで育った人ならば、確実に楽しめる展示だと思います。
オススメです。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/243-d5655269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。