上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月11日に、娘と一緒にJBBY(一般社団法人日本国際児童図書評議会 = Japanese Board on Books for Young People)主催  駒形克己さんワークショップ「ひとつがふたつ」に参加してきました。

駒形克己さんは、デザイン性に富んだ独自の絵本作品を多数発表している世界的にも評価の高い絵本作家の一人です。
視覚障害者向けの絵本を手がけたり、世界各地でワークショップを開催するなど、精力的に活動を続けていらっしゃいます。
駒形さんの活動については、こちらのHPをぜひご覧ください。

かねてから駒形さんの活動には興味があり、ワークショップにも参加したいと、数回申し込みをしたのですが、その度、仕事が入ったり、台風の足止めをくらったりと、なかなか参加できず、今回はじめて参加することができました。

参加したワークショップ「ひとつがふたつ」は、二人一組になって行うものです。
私は当然、娘と一組になりました。
まず、それぞれが好きな色の色紙を1枚選び、鋏で好きな形に切り抜きます。
切った紙をペアを組んだ相手と交換し、別に用意した二つ折りの台紙に貼り、切り絵を制作します。
受け取った形から、いかにイメージを広げて、相手の予想を裏切る作品に仕上げられるかが、このワークショップの肝となります。

私が作った紙のパーツを、娘が、私が想像もしない作品に作り上げてゆくのをみて、その発想の自由さに素直に感心してしまいました。(相変わらずの親ばかです。すみません★)

紙のパーツを交換した後は、お互い全く協力することなく、個人個人で作品を作ることになるのですが、終わってみると、不思議と、共作したような一体感が残るのが面白かったです。

このワークショップに参加してみて、強く感じた事は、作品制作には、少し縛りがある方が、発想やイメージが広げやすいのかもしれない、という事です。

普段、今回のような作品制作とは縁のない生活を送っている、私のような人間にとっては、いきなり鋏と糊で好きなように貼り絵を作ろう!と言われるよりも、制約があったおかげで、却って、よーしやってやろうと覚悟が決まり、怖じ気づくことなく作品作りを楽しむことができた気がします。

最後に、参加者全員で完成作品の発表会をしてワークショップは終了しました。
個性的な作品を沢山みることができて本当に楽しかったです。

娘も思いの外、楽しんでくれたようでよかったです♪

最後に、会場で駒形さんの本を購入し、サインを書いていただきました♪
サインをもらう際、娘はワークショップの際に切り残した紙でつくったお守り?を駒形さんにプレゼントしていました。
そんなアホなことをする娘を、優しく受け入れてくださいまして、本当にありがとうございました。
その節は、ご迷惑をおかけしてすみませんでした。

会場で購入したのは、「ぼく生まれるよ!」という出産をテーマにした作品。
選んだのは娘です。

駒形さんの本は、材質や造形のデザイン性が素晴らしいのですが、その分、子供が汚したり、破いたりした時のダメージが、私の中では、通常の本の1.5倍はありそうな感じなんです。
素敵だなーと思うものの、子供が小さい時には、子供用に買う覚悟が出来ず、買えないまま、ついにここまできてしまいました。
今回初めて、娘用に駒形さんの本を買う事ができ、喜びもひとしおでした。

駒形さんの本は、基本的にご自身のサイトで販売していらっしゃるようで、一般書店ではあまり流通していません。
アマゾンで販売している本も限られています。
ちなみに、アマゾンで販売されている本はこんな感じ。


What color?(このいろなあに)―Learning for children (Little eyes (6))What color?(このいろなあに)―Learning for children (Little eyes (6))
(1991/04)
駒形 克己

商品詳細を見る

1 to 10(いち・に・さん…)―Learning for children (Little eyes (5))1 to 10(いち・に・さん…)―Learning for children (Little eyes (5))
(1991/04)
駒形 克己

商品詳細を見る

The animals(どうぶつ)―Fun for children (Little eyes (7))The animals(どうぶつ)―Fun for children (Little eyes (7))
(1992/01)
駒形 克己

商品詳細を見る

ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)
(1999/04/15)
駒形 克己

商品詳細を見る
*福音館から出ている本だけは、一般書として流通しています。

これ以外にも、すばらしい本が沢山でています。
駒形さんの本は、紙の質やポップアップ部分に工夫がされていて、実際に手に取ってみると改めて、その緻密な造形に驚かされます。
子供はもちろん大人も楽しめる本です。
ギフトにもオススメ♪
機会があったら、ぜひ手に取ってみてください。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/248-25712774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。