上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術館にもぐりこめ! (たくさんのふしぎ傑作集)美術館にもぐりこめ! (たくさんのふしぎ傑作集)
(2013/05/01)
さがら あつこ

商品詳細を見る


長年、美術館巡りなどをしている身としては、美術館がテーマになった絵本を見つけると、つい気になってしまい、チェックしてしまいます。
最近、美術館のバックヤードまで含めて、細部まで説明している面白い本を見つけたので、いい機会なので、美術館博物館をテーマにした絵本をまとめてみようと思います。

まずは、このまとめを作ろうと思ったきっかけになった本が「美術館にもぐりこめ! 」です。
美術館に忍び込んだ泥棒と一緒に美術館のバックヤードを探検するお話です。
舞台モデルは平塚美術館なのかな?その他、今はなき東武美術館や、日通、ヤマト運輸など美術品輸送を担当する輸送会社なども取材協力しているようです。

ちなみに、この本、我が家の7歳児の琴線には全く触れませんでした。
対象年齢も小学生中学年以上となっているし、ちょっと難しすぎたのかもしれません。
美術館に職場体験に行く子供なんかは、この本に事前に目をとおしてから行くとすごく役に立つと思います。
美術館で行っている基本業務や、展覧会ができるまでの手順を細部にわたってきちんと説明しているので、下手な博物館学の教科書よりも、わかりやすい気がしました。
美術館好きな人ならば、大人でも十分に楽しめる本だと思います。

この本を読んで、こーゆー美術館や博物館の活動をわかりやすく説明した本って外にもないかな?と思い、何となくアンテナを張るようになっていたんですが、探してみると以外とあるものですね。

最近、博物館の成り立ちを、可愛らしいキャラクターをつかって紹介している本をみつけました。
それが、「キュッパのはくぶつかん」です。
キュッパのはくぶつかん (福音館の単行本)キュッパのはくぶつかん (福音館の単行本)
(2012/04/11)
オーシル・カンスタ・ヨンセン

商品詳細を見る

収集癖のあるキュッパという丸太の男の子が、部屋に納まりきらなくなった自分のコレクションを整理して皆にみせようと思って、博物館を作るお話です。
こんな風にいろんなものを収集したコレクターが、自分の収集したものを見せたいっていう欲望が、博物館の原点なのよねー。と読んでいるうちに思わずニコニコしてしまいました♪


先の2冊ほどの面白さはないですが、「博物館の一日 」も、国立科学博物館のバックヤードを紹介している本です。
博物館の一日 (講談社の創作絵本)博物館の一日 (講談社の創作絵本)
(2012/10/20)
いわた 慎二郎

商品詳細を見る

理系の博物館らしい、かっちりした作りの本。
遊びがない分、絵本としては、面白みに欠けるけど、図鑑的指向で楽しめる本だと思います。


次に単独の美術館をテーマにした本をご紹介します。

「ジブリ紙の美術館」は、ジブリの森美術館を紹介する、デザインにこだわった素晴らしい美術館ガイド絵本でした。

ジブリ紙の美術館ジブリ紙の美術館
(2002/11)
ジブリ美術館=

商品詳細を見る

こーゆー単体の美術館をテーマにしたガイド絵本って、海外ではよくみかけるのですが、日本ではあまりみかけない気がします。
まあ、日本の美術館は、子供を常設展のメインターゲットと想定していないところが、ほとんどですし、絵本形式ガイドブックを作成するのは難しいのかもしれません。

ガイド絵本とはちょっと趣向が違いますが、北海道の三岸好太郎美術館を舞台にした絵本「おばけのマールとちいさなびじゅつかん」は、娘が4歳くらいの頃、かなり気にいって何度も読んでいました。

おばけのマールとちいさなびじゅつかんおばけのマールとちいさなびじゅつかん
(2008/12/06)
けーたろう

商品詳細を見る

札幌在住?のおばけのマールくんは、札幌市内の観光地をあちこちめぐってお友達を作っているようで、その活躍は、いくつかの絵本になっています。
おばけのマールについては公式ホームページをご覧ください♪

この作品、三岸好太郎の作品をモチーフにしたキャラクターが登場し、マールとお友達になります。
話の中ではあえて、作品の細かい背景を説明しておらず、あくまでもマールの冒険談という形で、話は終わります。
この作品を読んだ子供が、いつか実際の三岸好太郎作品を見たときに、この絵本を思い出し、自由に作品を感じる余地があるのが、いいなーと思わせる絵本でした。

ジブリ紙の美術館もそうですが、やはり美術館を紹介するという趣旨とはいえ、後に蛇足的な説明を入れず、絵本として独立した仕上がりとなっている本の方が、子供も大人も楽しめると思うんですよね。

こういう適度な距離感で、子供を美術館にいざなう本は、これからもっと増えてくるといいな、と願っています。

同じようにキャラクターが、美術館や博物館を紹介する絵本の中で、うまく設定に美術館を取り込んで話を作っていると思ったのが、リサとガスパールシリーズの一冊「リサのおうち」です。
リサのおうちリサのおうち
(2002/05)
アン グットマン

商品詳細を見る

なんとリサちゃん、フランスのポンピドゥーセンターに住んでいるんだそうです。
無茶な設定ですが、りさのおうち紹介という形でポンピドゥーセンターを紹介するという趣向が楽しい絵本でした。
これを読むと、次にポンピドゥーセンターに行くときにはリサを探したくなってしまうのがミソ♪
有名なキャラクターと設定をうまく組み合わせて、楽しい美術館紹介絵本が完成したのではないかと思います。

探してみると、美術館や博物館をテーマにした絵本は、いろいろあったので、これからもこれは!と思う絵本があったら、また取り上げてみたいと思います。


スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/250-8726a85a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。