上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月最初の三連休に、幕張メッセで開催している「宇宙博2014」に、家族で行ってきました。

なぜこのイベントに行くことになったかといいますと、実は、1978年にも同じく宇宙博なるイベントが開催されておりまして、幼少期に、私も夫も(もちろん別々に)宇宙博へ行って、非常に楽しかった記憶があったのです。

当時の様子はこんな感じ


娘が、当時の自分たちと同じ年頃になった頃に、あの楽しかった宇宙博が開催されるのも何かの縁に違いない!と思いまして、勇んで行ってみたのですが、、、

残念ながら、実態は、似て非なるイベントでした。

まず、博覧会といいつつ、室内イベントであったことは、あの当時の熱気を期待して見に行った身には、非常に閉塞感があって辛かったです。

そして、なによりも、混雑のひどさと言ったら!!
会場内の動線の悪さが、人の流れにさらなるブレーキをかけてしまっていて、宇宙博ではなくさながら『地獄博』の趣でした。

帰り際、係員の人と雑談をしたところ、私たちが行った日は、会期中一番の人出だったようです。
そうであれば、この地獄絵図も致し方なかったのかもしれません。

展示は大きく分けると、NASAの資料を中心にした歴史を振り返るコーナーと、日本の宇宙開発を紹介するコーナーからできています。

カタログで確認したところ、NASAコーナーの資料は、2011年から欧州各地で開催された展覧会用に組まれたもののようです。
そのせいか展示が、幕張メッセという箱のサイズにあっておらず、小さく凝縮されていて、大勢の人が大挙して訪れるとボトルネックを起こす構造になってしまっていました。

逆に、日本のコーナーは、ゆとりある空間構成となっていて、圧迫感もなく、会場全体を見渡せるレイアウトになっていました。

どちらのコーナーも目を引くものが多く、見応えがあるのですが、アポロ世代wwwに近い私の目からみると、黎明期の宇宙船のメカニカルデザインを見る方が圧倒的に楽しかったです。

娘の反応ですが、人ごみと長蛇の列にすっかり嫌気がさしてしまい、日本のコーナーに入る前には、もう帰りたいと言いはじめていました。

残念ながら、幼少期の私のように、宇宙への憧れを、この博覧会が、喚起することはなかったようです。

もしも娘が、大人になり子供を持った頃に、再び宇宙博が開催されたとしても、多分、娘は行こうとはしないだろうなあ、という気がします。(^^;

結果的には、徒労感だけが残るほろ苦い一日となってしまいました。。。。無念です。


最後に、会期末最後の休日には、私たちが行った時以上の人出が見込まれますので、これから行く人へのアドバイスをいくつか書いておこうかと思います。

1.まず、チケットは事前にコンビニで購入しておくことは必須です!
これだけで、入場までの時間を大幅に短縮できます。

2.入場後、最初のコーナー「宇宙を夢見た人たち」という導入部分は、見るのを諦めましょう。
ショートカットルートをたどるのが賢明です。
と、いうのも、このコーナー宇宙開発を夢見たSF作家や科学者のパネル展示にすぎません。
にも関わらず、通路が非常に狭く、完全にボトルネック現象を引き起こしています。
ここで、無駄に時間を過ごすのならば、後半のJAXAコーナーに展示してある日本の宇宙実験棟「きぼう」の内部見学や、スペースシャトルの操縦席を見るコーナーに並ぶ方が、遥かに有意義です。

3.お土産を買いたい人は、見学をする前にお土産を買ってしまいましょう。
終了時間には、レジに恐ろしい列ができます。下手したら一時間ちかく並ぶことになりそうな勢いでした。
ただし、展示カタログだけは、列に並ばなくても購入できました。

4.2でも書きましたが、入場したあとも、並ばなければ見れないものが幾つもあります。
まずは会場をざっと見て、自分が何をみたいのか優先順位をつけてから、個別のコーナーを回るのがベストだと思います。

...ここまで書いておいてなんですが、正直、そこまで頑張る必要のある、展示なのか?と言われたら、言葉に詰まる内容の展示であることも事実です。
ですので、無理してまでも行く必要はないですが、レプリカが多いものの、レアな資料も多数展示されています。
宇宙へのロマンを感じたい方は、是非、頑張って行ってみてください。



スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/256-8534c787
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。