上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 うらわ美術館で先週の日曜日までやっていた展覧会。
実は、2週間ほど前に行っていたのですが、9月までやっていると思い込んでいて感想UPが遅れてしまいました。
 図録からの情報ですが、2005年度に、奈良県立美術館千葉市美術館に巡回するようなので、興味のある方はそちらでご覧下さい(^^:

 この展覧会は、2年に一度チェコのブラティスラヴァで開催されている世界規模の絵本コンクールの出品作品による原画展です。
うらわ美術館で、このコンクールの原画展を開催するのは今回が2回目。
私が、うらわ美術館に行ったのも、そのとき以来だったのですが、あれからもう2年も経ってしまったなんて…という軽い驚きを感じずにはいられません★(ちなみに、前回行ったときに感想は、過去ログ11月のページにあります)

 受賞作品と日本人作家の出品作品、過去の受賞者の作品を紹介するという展示構成は前回と変わらないのですが、今回の方が、すっきりまとまっていて見やすかったです。
 特に、「絵本原画の素材と技法」と題して、面白い素材を用いた原画や立体作品などを集めて、絵本の技術的な面をクローズアップしたコーナーを設けていたのは、受賞作品の多様性をアピールするよい企画だったと思います。
 あと、過去の受賞者の作品コーナーで、お面や石(石器?)に描いたイラストなどの立体作品を織り交ぜて展示していたのも、空間にメリハリが出てよかったんじゃないかと思います。

 今回のコンクールのグランプリは、出久根育さん。
 個人的には、梨木香歩さんの絵本の挿絵の印象が強い方なのですが、東欧的なセンスを兼ね備えた方という印象があったので、今回のグランプリ受賞は、納得のいくものがありました。
 
 原画をみてなによりも驚いたのは、彼女の作品が板絵だったことです。
 重厚な画面で、塗りも厚そうなのに、厚みやち密な描き込みに重さを感じさせない不思議な量感の絵を描く人だなぁとは思っていたのですが、板のフラットな質感が、絵の具の厚みをすべて吸収していたんだということがわかって、謎がすこしだけ氷解したような気分になりました。
この人がいつも板絵を描いているのかまではわかりませんが、この技法によって彼女の持つ世界観が非常によい形で昇華されているのは間違いないと思います。

 あとほかに印象に残った作品を、いくつか列挙しておきます。

 まず、一番嬉しかったのは、大好きな黒井健さんの原画をはじめて目にすることができたことです。
色鉛筆とパステルで描かれた淡い色調の作品の上には、筆のあとが全くみられなくて、まるでエアブラシを使ったのかと思うくらい、画面全体の質感が均一なことにびっくりしました。
部屋に飾っておきたくなるような、品のよさが印象的な作品だったと思います。
 ただ正直に言って、雰囲気がやわらかい分、インパクトにかけるのは否めないかもしれません。。。
特に人間を描くと、なんとなく物足りなさがあるんですよね。
大好きな作家なんですけど、絵本という媒体が、彼にとって最善のものなのかどうかということに関しては、ちょっと疑問も感じてしまいました。
「てぶくろを買いに」とか、本当に素敵な作品も多いのに、なんでこんな風に思ってしまうのか、、、自分でもよくわかりません。

 宇野亜喜良さんの作品も、彼のコミカルな一面を見ることができて楽しかったです。

 一ノ関圭さんの「夢の江戸歌舞伎」は、歌舞伎興行の一部始終を俯瞰して描いた絵本なのですが、本としてみるととても面白い作品でした。これは、近いうちに必ず買おうと思っています。

 過去の受賞作品の中では、やっぱり大好きなビネッテ・シュレーダーさんの作品が一番印象に残っています。
特に、石器のような小石の凹凸を利用して、ちょっとだけイラストを描いた作品があったのですが、ただの小石のなかにまったく別の幻想世界が誕生しているのには、文字通り息をのみました。
前からうすうす感じていたのですが、今回展示してあったオブジェをみて、この方、レオノーラ・キャリントンなどの女性シュルレアリストにつながるセンスの持ち主なんじゃないかと思わずにはいられませんでした。

 予想外に凄かったのが、瀬川康男さんの「清盛」という作品。
これは、絵本でみるとそんなに面白い作品ではないのですが、原画の迫力はすごかったです。
現代の絵巻物といっても過言でない、正統な美しさを誇る作品だったと思います。
 そうそう。展覧会図録におまけとしてついている瀬川さん作「四神十二支十二ヶ月飛廻すごろく」もとてもいい感じです♪
まだ実際に遊んでいないのですが、このまま使うのは勿体無いので、カラーコピーして遊ぼうかと思っています(^^)
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/26-72013783
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。