大丸ミュージアムで9月14日まで開催していた「世界の絵本作家展」に駆け込みで行って来ました。

 この展覧会、とにかく出品作品数が多かったです。
個人的に好きな作家さんの作品も目白押しで、具体例を挙げるならば、エロール・ル・カイン、ミヒャエル・ゾーヴァ、アンドレ・ダーバンなどそうそうたる面子の作品を見ることができました。
 一度は見たいと思っていた作品が、いっぱい見ることができたので、よかったといえばよかったんだけど、裏を返せば、展覧会としてのまとまりに欠けていたのも事実。
 残念ながら、これだけの数の作品を、この会場に納めるのは、ちと無理があったように思います。
 
 なんというか、かき集めることが出来る作品をすべて集めてきただけという感じなんですよねぇ。。。
 そうかといって、この程度の量の作品で、絵本の歴史的な流れや現象をくくることができるとも思えないし、もう少し具体的なテーマを前面にだして、作品を選んだほうが、展覧会としての質はあがったんじゃないかと思います。
 そういう意味では、せっかくのよい作品が生かしきれていなかった気がします。

 児童書系の展覧会って、夏休み企画に最適なのか、この時期になると、全国各地で開かれています。
 ただ、非常に残念なことですが、集客力だけを期待した、安直な企画の展覧会とみなされる風潮があるのも事実なんです。
 実際は、児童文学、特に絵本は、文学と絵画がもっともダイレクトな形で結びついた媒体であり、新しい技法を様々な形で取り入れているという点においても、実験的な要素が非常に高いジャンルだと思うのですが。。。
 ですから、こういう偏見を打ち破るためにも、もうすこし美術史的な視点に立った考察を加える必要があるんじゃないかと思います。

 正直言って、今回の展覧会を見にきた人達が、そういう問題提起を求めているのかどうかはわかりません。
 でも、絵本展が、こんな風に普通の美術展よりも格下に見られてい現状は、児童書ファンとしては、正直悔しいんです。
 この夏、庭園美術館で開催していたロシアの絵本展は、非常に芸術性の高いものでした。
 ですから、今回みた展覧会に登場するような絵本を使って、絵本を現代美術の一つのジャンルとして、きちんと位置付ける展覧会だって、作れる筈だと思うんです。
 そのためにも、もうそろそろ、新たな視点に立った絵本展を見せて欲しいと強く願わずにはいられませんでした。

 なんだか、話が思わぬ方向に脱線してしまいました(汗)
気を取り直して、最後に印象に残った作品について少しだけ書いておきます。

 まず、エズラ・ジャック・キーツのコラージュを駆使した「ゆきのひ」は、原画でみるほうが、プラスティックなど素材の面白さが生きていて、画面に動きがありました。
 コラージュという手法自体は60年代では決して新しいものではないと思うのですが、無機的な素材を組み合わせて、これほどの温かみを表現できることに、才能を感じました。

 佐野洋子さんのベストセラー「百万回生きた猫」の原画は、ちょっと退色しているような気が。。。
 人気作品だけに、あちこちに引っ張りだされているのでしょうか?保存状態に不安を感じる作品でした。

 大好きな黒井健さんの作品のなかでも、特に大好きな「ごんぎつね」と「雲の信号」の原画が見れたのも、この展覧会の収穫でした。
 前回、かなり辛口批評をしてしまいましたが、やっぱりいい作品を前にすると、分不相応な事を書いてしまったことを恥じ入るばかりです。
きつねの繊細な動きの中にある物語性。
黒井ブルーとでもいうべき青で彩られた青い空。
黒井健ワールドの真骨頂を見せられて言葉も出ませんでした。

 今回一番気に入った作品は、酒井駒子さんの「よるくま」という作品。
見た瞬間気に入って、早速購入してしまいました(笑)
 正直、酒井さんの作品には、いままであまり思い入れがなかったのですが、認識を改めました。
この人はこれからもっと凄い作品を見せてくれそうな気がします。
この本と出会えたことが、今回の展覧会の最大の収穫だったと思います♪

 あと、前から欲しかったエロール・ル・カインの「ぼくのいもうとみなかった?」を購入して帰りました。

 今回は、結構散財してしまった気がします(^^:
展示してある絵本を、ちゃんと買えるようにしてくれているのは、さすがデパート系美術館というべきでしょう。
ムーミン展に引き続き、グッズ売り場はバーゲンセールのようでした(笑)
私同様、デパートに踊らされている人間は多かったと思います。
スポンサーサイト
  
コメント

グッズ売り場のほうが広くとってあるのがデパート系美術館の展覧会の常ですね(笑)。企画するほうも良心の呵責を感じている人がきっといるはず(と、好意的に取っておりますが)
それにしてもキーツやル・カインの原画をごらんになれたとは羨ましいです。

話は変わりますけれど、「だれも知らない小さな国」買ってきました!今読んでいる本を読み終わったら読むつもりです。チラッと最初だけ読んだけど、イケてます。楽しみ…
riviere7341│URL│09/20 15:33│編集

りびぃさん、こんにちわ。
いつも書き込みありがとうございます。

デパート系のグッズ売り場って、展示がお粗末すぎると充実しているのが、腹立たしいんだけど、見てほしくなったものがすぐに手にはいるという意味では、これほどありがたいものはないんですよね(^^;
今回は、なんだかんだいいつつも、見事に踊らされてしまいました(笑)

「だれも知らない小さな国」興味をもっていただけて、とってもとっても嬉しいです♪
もしお気に召していただけたら、私のメインサイトにもぜひ遊びにいらしてくださいませ。
お待ちしていま~す♪

ひまわり│URL│09/22 00:49│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/29-1b0a635b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)