上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十二の月たち (世界のお話傑作選)十二の月たち (世界のお話傑作選)
(2008/12)
ボジェナ ニェムツォヴァー出久根 育

商品詳細を見る
先日銀座に行った際に、教文館「ナルニア国」という児童書専門の本屋さんへ立ち寄ったところ併設されているギャラリーで出久根育絵本原画展 『十二の月たち』を開催していました。
ちょうど、板橋区立美術館で、出久根さんの原画を何点か見たばかりだったので、思わず立ち寄ってしまいました。

出久根さんの全面協力によって開催された展覧会だったようで、メッセージやこの展覧会のための書き下ろしイラストなども展示されていました。
下絵や絵本のためのコンテなど、レアアイテムも満載でした。
私は子連れだったため、じっくり見ることができなかったのですが、これが無料とはなんて贅沢な!と驚きを隠せませんでした。

出久根さんは、絵本作家さんとしてはめずらしく板に石膏を塗り、 テンペラと油彩で描くという技法を用いている方です。
以前、別の絵本関係の展覧会で、彼女の作品をみたことがあるのですが、その時見た作品は、かなり厚塗りをしており、その重厚な作風にビックリしました。
今回見た作品は、そのときの作品に比べると、塗りが薄くなり、肩の力がぬけたような印象を受けました。
作風が安定したのかなぁ、、、などと少々偉そうなことを思ったりしつつ見ていました(^^;

面白いと思ったのは、どの作品もカンヴァスの小口部分まで絵を描ききっている点。
これは、作品を書いた後に、カンヴァスを成形しているために、起きた現象なのかな?
ちょっとよくわからないのですが、、、
そのため、すべての作品は、額装せず、作品より少し大きなサイズのアクリルケースで覆って、小口部分まで見えるようにして、展示していました。
このアクリルケース、シンプルなだけに、作品の邪魔をせず、個人的には、かなり好感が持てました♪

絵本も美しいのですが、やはり原画の美しさにはかないません。
展示してある作品の舞台が雪景色と言うこともあり、雪につかわれた色の深みにしばらく酔いしれていました。
ぶっちゃけ、子連れではなく、一人でゆっくり拝見したかった展覧会でした(苦笑)
12月25日まで開催しているので、もう一回行こうかなぁ。。。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/86-35d5cf7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。