音と光のでるしかけ絵本 めくってあそぼう!音と光のでるしかけ絵本 めくってあそぼう!
(2008/10/22)
アクシア

商品詳細を見る


ちょっと前の話です。
クリスマスを過ぎた頃、私の母が私の娘にちょっと遅くなったけどクリスマスプレゼントを買ってあげるといって、デパートの子ども売り場に連れて行ってくれた際、さんざん迷ったあげく、娘が選んだのがこのしかけ絵本でした。
子どもってこういう音のでるおもちゃが本当に好きですね。

この絵本は、一回おすとページの画面に合わせた音がなり、二回押すと音楽が流れる仕組みになっています。
収録されている歌は、チューリップ、おもちゃのチャチャチャ、ブラームスの子守歌など。
ただし、音楽のみ。歌は入っていません。
また、音と一緒に小さなライトもひかるようになっています。
娘は音楽よりも音と一緒にでる光がおもしろかったようです。
買った当初は、音楽が流れるのをひどく嫌がり、ひたすら単純な音と光を楽しんでいました。

そういえば、1才の誕生日の時にも音のでる絵本を欲しがっておばあちゃんに買って貰っていました。
そのときかったのは、「みんなでバ・ナ・ナ (ミキハウスおうたあそびのえほん)」でした。
これは、当時大好きだった「とんでったバナナ」の歌が流れるのが気に入ったようで、何度も聞いていました。
買ったばかりのころは、どのボタンをおしたら、どの歌が流れるのかもわからなかったようでしたし、絵本と音が出るボタンの関係も理解していないようで、闇雲に音が出るボタンを押していましたが、いつの間にか、ボタンと絵の位置関係も覚え、一緒に歌もうたうようになっていました。
なお、この本に収録されている歌は、とんでったバナナの他に、せんろはつづくよどこまでも、やおやのうた、てのひらを太陽に、などです。

実は、「音と光のでるしかけ絵本 めくってあそぼう!」を欲しがったときには、3才になっても、1才の時と同じような本を欲しがるなんて、、、と正直ちょっとがっかりしてしまいました。
でも、クリスマスプレゼントくらい、本人の意思を尊重した方がいいかな、と思い買ってあげることにしました。
親から見ると同じような本としか思えなかった2つの本ですが、楽しみ方の質は明らかに変わっていたようでしたし、ボタンを押すと、対応しているページのどこか変化するのかをひたすら探求しているところは、1歳の時にはみられない姿だったように思います。

子どもと過ごすようになるまでは、こういう音の出る絵本って、音が出るのに飽きたら、すぐに放り出してしまう、単調きわまりないおもちゃだと思っていました。
けれども、その時々の成長にあわせて、子どもがいろいろな形で楽しんでいるのをみて、子どもが好きな物には、好きになるだけの理由があるんだなあと認識を改めさせられました。
この2冊の絵本は、そういう意味で、親の方も勉強になった本でした。

2010年2月2日追記:
娘のリクエストに答えて、「音と光のでるしかけ絵本 めくってあそぼう!」を開いて歌を歌っていたら、絵に登場する男の子をさして「この子はアコちゃんっていうの?」と聞いてきます。
そんなことどこにも書いていないよ。というと「今、アコちゃんって言った!」といいます。
なんと娘は、ブラームスの子守歌の歌詞に登場する”吾子”という言葉を、子どもの名前と解釈したようです。
この言い回しをなんと説明すればいいのか。。。
ちょっと言葉につまってしまいました(笑)

ちなみに、この本で採用されているブラームスの子守歌の歌詞は以下のものです。

眠れよ吾子(あこ) 汝(な)をめぐりて
美しの花咲けば
眠れ 今は いと安けく
あした窓に訪(と)いくるまで

みんなでバ・ナ・ナ (ミキハウスおうたあそびのえほん)みんなでバ・ナ・ナ (ミキハウスおうたあそびのえほん)
(2005/12)
おくだ ちず

商品詳細を見る


スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/93-3418582d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)