上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)
(1972/10)
わかやま けん

商品詳細を見る


今日とりあげた「しろくまちゃんのほっとけーき」は、先日紹介した「「こぐまちゃん たんじょうびおめでとう」とおなじくこぐまちゃんシリーズの絵本です。

この本、私も子どもの頃に読んでいて、大好きだった絵本のひとつです。
当然、娘にも読んであげるつもりでいたのですが、娘が2才になる直前、古い友人から「娘が選んだ絵本なんだけど」とプレゼントしていただきました。

「しろくまちゃんのほっとけーき」は、こぐまちゃんのおともだちのしろくまちゃんが、お母さんといっしょにホットケーキを作って、こぐまちゃんにご馳走するというお話です。
多々ある「こぐまちゃんシリーズ」のなかでも、白眉の出来の絵本だと思います。
この絵本が、子どもの心をつかんで離さないのは、なんといっても、ホットケーキを焼く場面が秀逸なことにつきると思います。
「ぽたあん」「ぷつぷつ」「ふくふく」・・・という擬音をつかったホットケーキのできあがり過程のおいしそうなこと!
娘はいつもこのページにくると、指で場面を指しながら読んでいます。

こーんな楽しくて、おいしそうな絵本はそうないと思います。
実際にうちで作るホットケーキより、おいしそうな気がするのは、多分、私だけではない筈(笑)

うちでも、多くの家庭と同様、この本に触発されて、娘と一緒にホットケーキを作ったことがあります。
ところがうちの娘は、卵を割ったり、ボールにいれた種をかき回すのことは、大喜びだったにもかかわらず、実際に食べる段になるとすっかり興味を失い、ちょっとしか食べなかったという、しょっぱいオチがついてしまいました(^^;

読むだけで、ホットケーキを食べたい!作りたい!という欲望にかられるこの絵本。
今後も読み継がれていくことは、間違いないと思います。

ただ、この年になって、大人目線でこの絵本をみると、かなり教育効果を意識した、理性的な作りの本であることに気がつきます。
例えば、こぐまちゃんとしろくまちゃんは、どの絵本でも、お着替えをしたり、お母さんのお手伝いをしたり、お片付けをしています。
単に楽しむだけでなく、しつけを促す効果がちゃーんと用意されているんです。
で、絵本の最後には、ご親切に、この本のねらい、との一文もはいっています。
まあ、お母さんの立場に立った親切なんだとは思いますが、ちょっと興ざめなのは否めません。
まさに蛇足という感じ。
こんな理屈無しで楽しめる絵本に、ねらいの解説をつけるなんて野暮の骨頂!
まさに余計なお世話だと思うのですが(笑)

で、私が個人的に何より気になるのは、こぐまちゃんシリーズといいながら、お料理するのは、しろくまちゃんという女の子であるということ。
主人公であるこぐまちゃんは、しろくまちゃんが作ったホットケーキを食べるだけなんですよね。
(まあ、皿洗いはしてますが)
1970年代は、まだ、お料理するのは、女の子って感じだったのかなぁ?
私は決してフェミニズム的な志向があるわけではないのですが、こういうのって、なーんか時代の負の部分を引き継いでいるような気がしてしまったのも事実。
こんなシンプルな作りの本の中にも、時代の価値観がにじみでてしまうものなんだなぁと思わずにはいられませんでした。
まあ、そんなに目くじら立てるようなことでもないんですが。。。ね(^^;

好きな絵本だけに、些細なことが気になって辛口になってしまいました。
すみません★

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://korobomemo.blog110.fc2.com/tb.php/98-8ae77661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。